ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 3206
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

小桜インコを飼って1年弱です。買った時がヒナではなかったので生まれてから1年ちょっとだと思います。最近初めての発情期で1

ユーザー評価:

小桜インコを飼って1年弱です。買った時がヒナではなかったので生まれてから1年ちょっとだと思います。最近初めての発情期で1週間くらい前から食欲が減り糞が1度に長い水分の多い糞になりゲージ内のテントからあまり出てこなく潰れたような格好でお尻を持ち上げた状態でウトウト寝ていることも多くお尻の穴がやけに目立ちとても心配です
JA: 了解しました。質問者様の鳥の年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: 年齢性別はわかりません。たぶん昨年9月10月あたりに生まれた子だと思います。三角テントの上にまたがり春辺りに交尾のような動きをしていたのでオスかと思っていたのですが
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 最近 後から迎えた小桜が背中に足をかけたりし始めてからメス特融の羽を広げて伏せる格好ばかりしはじめました しかし昨日一昨日辺りは またテントの上でオスの交尾行動のような動きもしています

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

ご質問内容を伺ってもよろしいですか?

また食欲や嘔吐はいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 18 日 前.
23569;しづつですが餌も水も食べています。牡蠣殻や小松菜や粟の穂も少しですが食べています。嘔吐はありません

飼主が気になっている子はどちらで、何が気になっているのでしょうか?

質問者: 返答済み 18 日 前.
26368;初の質問に書きましたがゲージ内テントに引きこもりがちでウトウトしながらお尻を突き上げる行動が頻繁でお尻の穴が目立つ
糞がとても細く長くなり回数が減っている

嘴の付け根当たりの変色はなさそうですか?

質問者: 返答済み 18 日 前.
12394;いです

ありがとうございます。

それであれば腫瘍の可能性は低いです。

オスであれば求愛行動の一つで1箇所(鏡や、オモチャ、人の指)にドボッと吐く、または吐いたものを食べる等が認められます。

もし女の子であれば発情中で食が細くなっていることがうたがわれます。

それであれば

食欲があるので、体温が落ちないように室温を高めにして、カロリーの高い果物(リンゴ、バナナ)などを与えて安静にして様子をみてください。

元気も食欲もあれば、自己免疫力で回復する可能性が高いです。

病気の場合は毛を逆立てて、体を膨らませ良く目をつむり、顔をうずめるような行動があります。

そういう行動が認められる場合は

本来小鳥さんは捕食される動物なので、天敵に気づかれないように体の不調を隠す習性があります。

「病気かもしれない」と気付いたときには、症状が深刻になっているケースもあります。

ですので、症状が出たときには手遅れになることも多いのが現状です。

まずご自宅では、パウダーフードをお持ちならそれを溶かして、クチバシの横に垂らして飲ませてあげてください。

ある程度飲んだら、すぐに保温をしたうえで真っ暗にして寝かせてしまいましょう。

寝かせると体力消費を最小限度に抑えられます。

そして動物病院を受診していただき、皮下点滴や注射をして頂いた方がいいです。

質問者: 返答済み 18 日 前.
27611;を逆立てて、体を膨らませ良く目をつむり、顔をうずめるような行動はあります。たぶん女の子で卵詰まりなど心配でいたのですが他の病気も考えられるのなら1度病院へ見せた方がいいのかもしれませんね ありがとうございました

そう言った行動は体調が病気で悪いサインなので心配です。

病院を受診するまでは上記の保温や食事を気をつけて体力温存してあげてください

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記よりご質問いただきますと、今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問