JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 916
経験:  獣医師 at 動物病院
101937054
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

Ketama0616さん回答は急いでいないのですが昨年末向き合って頂いてお世話になったものでコンタクトとりたかったのです

質問者の質問

ketama0616さん回答は急いでいないのですが昨年末向き合って頂いてお世話になったものでコンタクトとりたかったのです 20年近くものさーちゃん元気活発で特に不自由なく事故前の1年未満くらい毛引きだけが気になってたくらいでしたいよいよお腹回りまで抜いてしまってお腹も見えた感じでしたので本格的に病院にはあたろうとしてる矢先の毎日の幸せな一時の事故でした元々家族の鳥で他の子と遊んでたりで10年少しはあまり出さない子で元々いい子要素で数羽の落鳥も教えてくれたり看取ってきた子で10数年後に観かねて自分が本格的に見てました全然苦労なくすぐベタ慣れ以上 餌食べたりする以外首元に寄り添っていいこしていて横になって首元上や座椅子に座りながらも首元横に寄り添ってずっとほんとにお互い一緒にいたい~いるのが自然当たり前でした多少な家事部屋出てもいいこに待っててくれていいこでしかなかったんです帰った時バイバイも鳴き合い愛情表現たくさんで幸せでしかなかったです 1年前1日から2日に変わった深夜すぎその前もうたた寝で風呂出て寝んねの前に少し一緒にいる毎日で風呂出てかごの中から出る出る慌てふためいて すぐ指乗りちょっと待っててて用して部屋戻り後ろ姿に走って飛び乗ってきてました 愛情もお互い増して さーちゃん守ってあげるよと自分もより伝えて 座椅子に座りながらさーちゃん首元に来るお決まりでうたた寝になり初めて自分も顔上向きにしたんです簡易的にシュミュレーション大丈夫だとは思って30分ないし1時間未満内の間でした寝たのもありこたつも部屋も暑く感じ目覚めて 座りながらも斜め横に体も向いていてさーちゃん乗ったまま あまり挟まれてはないと思うのですがさーちゃん体ものすごく暑い状態さーちゃん暑い暑いて持つ時に負担なってしまったかの発端から びっこにお腹べったり地につけ呼吸してる感じの全く別状態になり翌日医者等かけつけたり夕方以降からたくさん餌も食べたりで毎日心配しながら出来る限りはいつも以上に見てゆっくりの時は一緒にいました 外傷の原因が一番で通風でもなかったと思います 鳥専門の検査がたくさん出来る病院に問い合わせはしたのですが多少距離あったので行ってない後悔に最後ketamaさんに相談打ったプラケース戻したら痛い痛いか寒い寒いかかわいい声出しながら羽根広げてまでバランスとろうと後ろに倒れそうな感じになり戻せないかな思い首元は平気だったので横になって朝までの5時間以内朝方にはバサバサバサと横に1度飛んだのが最後だったのかさーちゃん危ない危ない危ないて戻しただけで自分も朝まで見ていなく不自由なってからさーちゃん毎日早く起きて餌食べていたのも出来ず部屋もエアコン点いていても視覚で一番寒いとこ自分は布団入ってますが何もさーちゃんはほぼなく寒さも守ってればまだ平気だった思います 生きる願望も凄かったんです 朝見たら別の鳥かの痩せ細くなって固まっていて別に見えてもさーちゃんしかいなく泣きわめいて あれから毎日泣いてしまってます たらればばかりで他の子コザクラインコ少し立ち迎え入れても素性が全然違く 先週半年見てきた子も迎え入れたんです 次の子は見た目も良い子感もさーちゃんのようで癒しはあります 仕方なくても本心は毎日複雑で悲しい毎日で最近は剥製にしてもらい残したこともかわいそうなことしかしてない思ってしまいます 自分の最後には一緒に入れてもらうんです 毎日さーちゃんの気持ちも初めからの生き様も全部分かり幸せだった毎日が悲しくて仕方ないラブバードさーちゃんとの愛情は悲しみ計り知れないです さーちゃん朝だけえずくのですがそれも自分への発情でもあったくらいとも思い夜中もスマホ弄ったくらいで寝ているかごの中からトコトコとすぐ反応してたんですいつでもお互い一緒にいたいけど守るのは自分で後悔も計り知れないですketama さんからのアドバイスほんとにありがとうございました今も泣けてきました
投稿: 5 日 前.
カテゴリ: 
専門家:  ketama0616 返答済み 5 日 前.

こんにちは。

書き込みありがとうございました。

コザクラインコは愛情深い小鳥ですので、

亡くなってしまって時間は経っておりますが、まだお気持ちの整理がつかないのは無理ないことと思います。

飼い主様のお気持ちは、きっとさくらちゃんの元に伝わっていることと思います。

飼い主様の注いだ愛情は間違いなくさくらちゃんの元に届いていると思います。

いまはまだお辛いと思いますが、どうかお気持ちが少しでも安らかにあられますこと、願っております。

お話聞くことでよろしければ、いつでもどうぞ、お待ちします。

少しでもお手伝いになりましたらと願ってやみません。

 

 

鳥 についての関連する質問