JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5760
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

前回ビセイインコのヒナで質問させていただいた者です。

ユーザー評価:

前回ビセイインコのヒナで質問させていただいた者です。
挿餌の卒業を焦ってしまった私のせいでそのう炎、肺炎になってしまいました。
昼間、粟玉と水をケージの中に入れていたのですが、なかなか一人で食べなかったので夜体重を測って少ないと思ったとき(28,9g)挿餌をしていました。昨日あたりから呼吸も早く、体を膨らませうとうと眠そうにしていたので今朝小鳥も診ていただける動物病院に連れて行き、レントゲン・糞の検査・酸素吸入をしていただきました。
結果、糞に寄生虫など問題はなかったもののそのう炎と肺が真っ白になっているということで抗菌剤・抗カンジダ薬・胃薬の3種類を処方していただきました。
抗菌剤は1日1回、他は8時間以上時間をあけて1日2回ということで初めの1回はすべて餌と一緒に飲んでくれました。
2回目の薬を先ほどあげたのですが挿餌もあまり食べず、薬も微妙に残ってしまった状態で飲んでくれません。
その代りケージにある粟玉は常にゆっくり食べたいときに食べているようです。
が、昼間までしっかり足に力が入っていたのが今足に力がなさそうです。
お医者様にも止まり木にとまらず、地面にいる状態は死を意味すると言われてしまい、かなり恐怖です。
もともと、まだ止まり木に進んでとまる子ではないのでほとんどケージの地面に居る時間が長かったのですがとても心配です。保温と加湿にも気をつけているのですが、回復は難しいのでしょうか?
また、他にやった方が良いことなどあったら教えていただけたらと思います。
挿餌は1日3回餌を少なくして与えるように言われましたが常に食べられるように粟玉をケージの中に入れておいても大丈夫でしょうか?
今現在、昨日のような羽のふくらみはしておりませんが、時々開口して苦しそうな時がありました。(今は大丈夫です)
温度のせいなのか病気のせいなのか心配です。色々質問をぶつけてしまいすみません、初めてのことで混乱しておりますが何とか元気に回復してほしいと願うばかりです。
よろしくお願いいたします。

初めまして、質問ありがとうございます。

そのう炎や肺炎とのことでご心配ですね

回復させる方法としては酸素室を作ってあげることです。

酸素発生装置とボックスを貸してくれるので、それに入れてあげると呼吸が楽になるでしょう

開口呼吸は確かにあまりよくないですね

お住まいの地域 酸素発生装置 レンタル 鳥

で検索してみましょう。

質問者: 返答済み 1 年 前.
37240;素室、検索してみましたが地方のせいかなかなか難しいです…
開口呼吸していたのは夕方のみで、温度が高かったのか(?)それ以外は口は開いておりませんが呼吸は変わらず早いです…
小鳥専門の動物病院ではありませんが、近くに動物病院はあります。
休日でも電話を入れて診ていただくことは可能なのですが、こちらで酸素をお願いした方がよいのでしょうか?
(診ていただいた病院は家から20kmほど離れており、休日は連絡がとれません)少し暗くして休ませているのですが、不安と心配で頻繁に覗いてしまいます。
そのたびこちらを見るので鳥自身はゆっくり休めないのかなぁ…と。あまり頻繁に見ない方がよいのでしょうか?

酸素発生装置を 県 で探してみてください

遠くても発送してくれるところはあります。

病院の酸素室にいれてもらうことも良いですね

ただ先生が対応が難しいかもしれません

休ませるときには暗くして、見ないようにしましょう

wantaroをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中

鳥 についての関連する質問