ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei,
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1786
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

債務者を詐欺罪で訴えたいのですが可能でしょうか? 以下内容は記録されているものです。

ユーザー評価:

債務者を詐欺罪で訴えたいのですが可能でしょうか?
以下内容は記録されているものです。
・70万円貸してくれれば100万円で返す <- 実現していない
・70万円かしてくれれば合同会社を設立し、私を執行社員として任命し、月々20万円を支払う <-実現していない(合同会社名義の念書が送られてきた)
・送られてきた金銭借用書に記載された保証人が債務者の兄ですが、それは債務者が自分で勝手に書いたもので、兄は全く関与していないことが判明した。<-債務者の兄から弁護士を通して自分の印鑑ではないし、借用書も書いていないと連絡がきた

実際に返してくれたり、月々の支払いがされていないようでしので、おそらく金銭をだまし取る意図があってそのような理由で70万円を請求したのでしょうから詐欺罪に当たる可能性は大いにあります。そして、金銭借用書を偽造したことが、私文書偽造罪に当たる可能性が非常に高いです。私文書偽造罪は、他の犯罪に比べれば件数が少なく、日常的にはあまり馴染みのない犯罪かもしれませんが、文書偽造罪は『文書を偽造・変造』することによって成立します。警察に相談して被害届を提出する方向で動くといいかと思います。

bonds-gyoseiをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 19 日 前.
35413;価した後の質問で申し訳ないのです。ほかの質問でもたびたび出てきている債権者の妻ですが、この件でその妻の口座にお金を振り込むように請求されたのですが、詐欺罪、共謀罪(?)というのでしょうか共犯者として訴えることは可能でしょうか?

詐欺罪としてでしたら、債務者が誰かとかは関係ありませんので、2人で共犯していると見ることは可能でしょう。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問