JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1460
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

今回の件,民事上の解決か可能かどうか と 可能である場合,どなたか先生にご依頼することが可能かどうか を

ユーザー評価:

今回の件,民事上の解決か可能かどうか

可能である場合,どなたか先生にご依頼することが可能かどうか

ご教示いただけませんでしょうか.
1.トラブル概要昨年,外国人の知人にお金を貸しました.
500万円余りです.
昨年末までに返済するという借用書を作成しました.
連帯保証人はつけませんでした.数年まえに高校の同級生にほぼ同額を貸し,最終的に利息を含め満額返済されたので,同じような気持ちでした.私の考えが甘かったようです.
返済する気持ちはあるようですが実行には移されず連絡も取りにくくなってきております.2.当該外国人の素性私とは,勤務先大学が文部科学省の委託を受けて実施した航空機エンジニア養成のプロジェクトの関連で知り合いました.
フルトハンザ・テクニカに勤務し,ルフトハンザドイツ航空に派遣され中部セントレア空港で勤務していました.
日本人の女性と結婚し,お子さん(長男)がいらっしゃいます.
日本人の配偶者等 の 在留資格を有しています.コピーを取らせていただています.これらに誤りが無い一方,最近新しい事実をしりました.
勤務先を疾患を理由に長期休職し昨年退職したこと.
奥様とは別居状態であること.
などです.3.解決目標全額返済を希望しています.
ただ,上記のとおり本人には返済能力が無いように思います.
そこで,奥様に代理返済を求められないかと考えた次第です.一般に金銭の借用の場合,保証人になっていない限り夫婦といえども返済義務が発生しないと勉強しました.
一方,
当該の方は,外国人で日本人の配偶者等の在留資格を取る際,奥様が保証人になっています.
日本におけるすべてのかかわりに全責任をもっていることがうたわれています.
この事実を利用し,代理返済を求められないかと考えてた次第です.
全額は無理でも,少しでも返済いただけると助かるので,ご相談申し上げる次第です.

回答がないようですので,当職の分かる範囲で,ということにはなりますが,回答させていただきます。

まず,外国人に貸した500万円は,その使途は何だったのでしょうか。生活費,などでしょうか。

その貸した当時から,日本人女性と結婚していた,ということでいいですか?

法的に,奥さんにも請求しようとするなら,手っ取り早くは,夫婦の日常家事についての連帯責任の規定を使うしかないでしょう。

これは,夫婦の一方が借り入れたものであっても,夫婦としての日常生活のなかで必要になるものであれば

他の配偶者も連帯責任を負うべき,というものです。

生活費に使われていたようなことがあるのなら,妻にも請求できます。

これは,代理返済というよりも,妻も責任の一端を負う,ということで請求できるものです。

なお,在留資格の際の保証は,身元保証,というものでしょう。民法の保証人とはちょっと違っています。

これは,財産的な負債の面で保証する,というものではなく,在留の目的のためにどこまでするか,どこまで協力するか,

ということを誓ったものです。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12372;教示ありがとうございます.借用書に
第二条(借用目的)
乙は,前条の借入金の借用目的を日本における滞在費とし,反社会的目的には使用しない.
と記載してあります.
貸したお金を悪事に使われたら困るなと思いこの文を入れました.貸した当時は.1回更新された在留カードの期限が切れる年でした.従って結婚5-6年の時だと思います.奥様から回収することはできそうでしょうか.
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12377;みません.書きうつし間違えました.
正しくは
第二条(借用目的)
乙は,前条の借入金の借用目的を日本における生活費とし,反社会的目的には使用しない.
です.

生活費ということでしたら,法律的には,先に書きました日常家事債務ということで,

配偶者にも連帯して支払う責任がある,

といって請求していくことが可能です。

ここでいくらかでも回収できれば,というところでしょうか。

khyh1709をはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
35531;求か可能であること理解しました.
一方,気になるのは「いくらかでも回収」という点です.
半分も取れる見込みは無いとみてよろしいでしょうか.請求するとなるとやはり弁護士の先生にお願いしたほうがよいと思っています.
となると,費用もかかります.やってみないとはわからないことは重々承知の上で,どのくらいの回収でおちつきそうか,事前に知っておきたいのです.奥様は,最大大手の自動車会社の子会社の金融企業の係長相当でいらっしゃるので,
裁判は避けたいのではないかと推測しています.

借金・債務処理・破産 についての関連する質問