JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 63
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

イタリアに在住の妹に2009~2010年に合計150万円貸しました。このことについて質問です。当時、私の近所に住んでいる

質問者の質問

イタリアに在住の妹に2009~2010年に合計150万円貸しました。このことについて質問です。当時、私の近所に住んでいる母親に「20日迄に口座にお金が無いとこれから取引が出来なくなる。だから、20万円そうきんして!」と電話があり、母が私に「悪いんだけど20万円送金してあげて。」と頼まれ送金しました。妹曰く「25日には売掛が入ってくるからすぐ返す。お願い。」とのことでした。しかし、返金は有りませんでした。翌月の妹名義のクレジットカード(日本の金融機関)の明細を見たところ、イタリアの4星レストランで700ユーロの利用履歴が有りました。そのことは黙っていましたが、欲月も同じ事を言ってきて送金しました。合計150万円ですが、「ごめんね!」の一言があれば不問にしようと思っておりました。しかし、帰国の度(約2年に一度)「このご時世に稼げる男って女にむかって偉そうに「てめ~、誰の金で贅沢してんだよ?」とか言うんだよな~」などと2度にもわたりほざき怒りが爆発の次第であります。妹の仕事はブランド物(かなり高級)の並行輸入です。今は、某大手に代理権を取得され、開店閉業状態です。正直、何をやって生活をしてまたヴィザをどうやって取得しているかも疑問です。因みに独身です。日本の刑法上公訴時効は消滅していると思われます。民事ではどうでしょう?それと、イタリアの刑法では如何でしょう?属地・属人の問題があるかとは思われますがお答え願えれば幸いです。貧乏人の家に育ちましたが、私は東京と香港でヘッジ・ファンドをやっております。ですので、帰国の(妹の)度にかなりの裕福な生活をさせてたと思いますが、2016年から「恩を仇で返されていた」ことにお恥ずかしながらやっと気づきました。それで、法的措置を考えています。しかし、これは所謂費用対効果を全く考えていません。良き御助言宜しくお願いします。長文失礼致しました。
投稿: 7 ヶ月 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  koutouji 返答済み 7 ヶ月 前.

イタリアの法律を知っている弁護士を探すことになりますね。

刑事の問題は文章からは読み取れませんが、民事はできますね。

時効が10年ですから、大丈夫ですね。

日本でできますね。

ただし、執行となるとイタリアの弁護士の協力が必要になるので

イタリアの法律を知っている弁護士でないと協力してくれる弁護士を

探すことも難しいですね。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問