JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 2408
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お世話なります。以下よろしくお願いいたします。

ユーザー評価:

お世話なります。以下よろしくお願いいたします。夫が社長、妻の私は取締役専務の会社が消費税滞納の為、預金と売掛金が差し押さえになりました。夫はなんとか乗り切りたいと考えていますが今月の資金繰りのメドもつかず厳しい状況です。わたしは破産という言葉しか思いつきません。破産した場合、滞納した消費税源泉徴収税等の債務は消滅したとして、会社の借入金の保証人になっているので、資産のない夫は自己破産になるのかなと思います。私は実家が加入した保険を解約すると借入金の保証額は返済できる金額です。もう一つ心配なのは住宅ローンが2600万円残っており、夫が自己破産すれば連帯保証人の私に債務が残ります。家を任意整理または私が自己破産するとなった場合、もしかすると実家の母が私名義で預金がほかにもあるかもしれず、その預金は私のしらない事なので母に確認して引き出ししてもらおうと思いますが、何かデメリットはありますか?最善と思われる方法、もしご自身の大切な方が私の立場にあったらどのようにアドバイスされますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;世話なります。以下よろしくお願いいたします。
夫が社長、妻の私は取締役専務の会社が消費税滞納の為、預金と売掛金が差し押さえになりました。夫はなんとか乗り切りたいと考えていますが今月の資金繰りのメドもつかず厳しい状況です。わたしは破産という言葉しか思いつきません。破産した場合、滞納した消費税源泉徴収税等の債務は消滅したとして、会社の借入金の保証人になっているので、資産のない夫は自己破産になるのかなと思います。私は実家が加入した保険を解約すると借入金の保証額は返済できる金額です。もう一つ心配なのは住宅ローンが2600万円残っており、夫が自己破産すれば連帯保証人の私に債務が残ります。家を任意整理または私が自己破産するとなった場合、もしかすると実家の母が私名義で預金がほかにもあるかもしれず、その預金は私のしらない事なので母に確認して引き出ししてもらおうと思いますが、何かデメリットはありますか?最善と思われる方法、もしご自身の大切な方が私の立場にあったらどのようにアドバイスされますか?

質問の内容のような状況ですと、会社と夫の破産は免れないでしょう。無理に会社の経営を継続しても借金がかさんでいくだけです。ちなみに破産しても税金は免責されませんので、早めに見切りをつけないと税金の滞納が増えていってしまい、破産後も税金の支払いに苦労して行くことになります。それも加味して早めに決断したほうがいいでしょう。

住宅ローンがある場合、夫が自己破産すれば、連帯保証人である質問者様に請求が行きます。質問者様も自己破産するとなると、実家の母親が質問者様名義でしている預金も破産財産の対象になってしまうかという問題があります。

親が子供名義の口座を作っていた場合、それが誰のお金かということを判断することになりますが、質問者様の知らないところで作られていて、通帳も印鑑も母親が持っているといことであれば、実質そのお金は母親のものとみなされます。したがって、破産によって差押えらえるお金ではないということになります。

しかし、名義は質問者様のものとなっていますので、今の内に母親の口座に移しておくことをお勧めします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。有限会社の場合でも、消費費税や社会保険、市県民税を社長は免責されない、という事は、社長個人がその金額を背負うのですか?
夫が自己破産しても、その滞納した税金は消えないのですか?それと、実家の母がもしも私名義で保険を加入していた場合、預貯金と同様に印鑑と保険料を出したのが私でなければよいのですかね? 契約者が母で受け取り人が私の場合はどうなのでしよう。どうぞよろしくお願いいたします。

説明不足でした。

税金というのは個人の税金のことです。個人の税金は自己破産しても無くなりません。

しかし会社の税金は会社が破産すれば無くなります。そして負債はあくまで会社の負債であって,法人とは別人格である代表者の負債ではありません。したがって,代表者が代わりにその滞納税金を支払わなくてはならないというようなことにはなりません。

保険に関しては預貯金とは取り扱いが異なります。自分で加入していなくても、母親が質問者様に保険をかけている場合(契約名義が質問者様の場合)も質問者様の財産として見なされます。

契約者が母親で受取人が質問者様の場合は、質問者様の財産とはみなされません。

追加で質問をされるときは一度評価ボタンのクリックをしてから投稿していただきますようお願いします。

shihoushoshikunをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。保険の件ですが、もしも母親が私に保険をかけている場合(契約名義が私の場合)解約しても問題ないでしょうか?

もし質問者様の名義の保険があった場合、破産申立前に解約しても裁判所に調査されて知られてしまうのでやめましょう。

詐欺破産とみなされる可能性もあります。

ただ、解約しても解約返戻金が戻ってこないのであれば解約しても問題ありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速のご回答、ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;伺いします。上記保険のほかに、今年の4月に、満期で預金に振り込まれる保険金(年金保険)があります。夫との会社経営の他に個人的にビジネスをしていて、その商品をクレジットで分割購入し月々引き落としされています。支払利息の事を考えて残金一括で支払いたいと思います。それば問題ないですよね。また振り込みうをする時は、キャッシュカードで預金口座から振り込んでも銀行窓口で現金振り込みしてもどちらでも問題はないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
20170;年の4月に満期になった保険は5年の確定年金で、4月に一年分支払で預金に振り込まれましたが、残りも全額請求しました。

>その商品をクレジットで分割購入し月々引き落としされています。支払利息の事を考えて残金一括で支払いたいと思います。それば問題ないですよね。

→クレジットで分割購入しているということは、その相手業者も債権者の一人ということです。破産申立前に債権者の一人に優先して返済することも極力避けた方がいいです。偏頗弁済といって破産が認められなくなる場合があります。そして、申立のあとで裁判所に調査されて返済を取り消すように’言われることが考えられます。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問