ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
masekuniに今すぐ質問する
masekuni
masekuni, 一級自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 396
経験:  自動車検査員
108932107
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
masekuniがオンラインで質問受付中

マツダcx-5を借りて15キロほど運転したのですが、 アシスタント:

ユーザー評価:

マツダcx-5を借りて15キロほど運転したのですが、
アシスタント: 了解しました。お車の車種と年式を教えていただけますか?
質問者様: マツダcx-5 平成24年式 ドライブに入っていると思っていたのがマニュアルモードになっていて、そのままシフトチェンジをしないまま、15キロほど走行してしまいました。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、自動車整備士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: タコメーターがレッドゾーン付近まで上がってしまって、エンジンも変な音がしていたのですが、そのまま走行したために、故障してないか心配なのです。

結論から申しますと故障はしていません。

エンジンはレッドゾーン付近での走行を継続するとまず冷却水温が上がってオーバーヒート状態になります。そうなるとエンジンコンピュータは水温センサーからの異常を検知してエンジンが故障する前にエンジンを停止するもしくは警告灯などを点灯するシステムになっているからです。

masekuniをはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12372;回答ありがとうございます。低速から加速する際に変な音がしていたのて心配でした。その後、アイストップのランプが点滅するようになったのですが、これは故障の警告とは考えられるのでしょうか?

アイストップのランプの点滅は恐らく水温が高めだったせいで(オーバーヒートまではいかない程度)、アイドリングをストップできない警告灯の点滅だと思います。
水温が高過ぎた状態では、アイドリング時はエンジンの冷却水が回っていた方が冷却効果があるため、あえてエンジンを停止しないようにしています。

質問者: 返答済み 6 日 前.
35443;しく教えていただいて、安心することができました。本当にありがとございました。

また何かご質問(ご心配)があれば、ご利用ください。

ご利用ありがとうございました。

自動車 についての関連する質問