ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nakaに今すぐ質問する
naka
naka, 税理士
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 1199
経験:  6年間経理事務に関わったのち、公認会計士・税理士事務所にて約13年間税務顧問を中心としたサービスに従事。中小企業を対象に記帳、自計化の指導から月次・年次決算書、税務申告書作成などを経験。
110883515
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
nakaがオンラインで質問受付中

大規模の医療法人です 相続についての質問です 相続税対策として親族が所有する同族会社にこの医療法人の持ち分を譲渡して

ユーザー評価:

大規模の医療法人です
相続についての質問です相続税対策として親族が所有する同族会社にこの医療法人の持ち分を譲渡して
持株会社化した場合持株会社の相続税評価について
評価差益を法人税相当額37%圧縮する事は可能でしょうか但し譲渡する時が時価評価になるでしょうから
譲渡益が発生してしまうと言う欠点はあると思います答えは急いでおりませんのでよろしくお願いします

おはようございます、宜しくお願いいたします。

親族が所有する同族会社にこの医療法人の持ち分を譲渡というところで引っかかり、問い合わせをしてみましたところ、

●医療法人の役員と普通法人の役員は、同一人物となってはいけない

●医療法人の役員と普通法人の役員の構成は、それぞれ身内が過半数となってはならない

などの制約があるそうです。知らずに手続きをされる法人もあるようですが、福祉保健局・福祉保健部などから指導が入るようです。また、持分を所有する普通法人への配当はできないそうです。

その辺でまず現実的なのかご確認いただけますと幸いです。宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
9312;医療法人の役員は院長と他人である従業員で構成されています
同族会社の役員は奥様のみです
夫婦ですから同一人物とみなされる可能性もありますが従来からこれでやってきています②医療法人の役員は身内が過半数を占めていません
同族会社の役員は奥様1人です
質問者: 返答済み 7 日 前.
21516;族会社の奥様役員は
医療法人の社員になっています

ご確認ありがとうございます。

条文で役員と記載されているものの医療法人の社員も含める解釈とのことで、奥様が医療法人の社員の場合、普通法人の役員が奥様のみで過半数となる場合は無理なようです。また、医療法人と普通法人に取引関係があっても難しいようです。営利法人が持分を所有ということに対しては、厳しくなっているのではと思います。

持株会社の相続税評価ですが、純資産価額方式により所有する株式を評価する場合、「評価差額に対する法人税額等」は控除して株価を計算いたします。宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
31038;員構成の件解決しましたありがとうございます評価差額につきまして
これは相続税とか譲渡所得の問題だと思うんですが
なぜ利益に課税する法人税の問題になってしまうのでしょうか
質問者: 返答済み 7 日 前.
25345;ち株会社が子会社の株式を譲渡するときの譲渡の収益に関わる法人税が圧縮されるんですか相続税の計算においても37%部分が圧縮できるのでしょうか

資産負債の評価を帳簿価額から評価額に直すと純資産が増加するケースがあります。評価額の純資産が帳簿価額の純資産より大きいと含み益を抱えていることになり、その含み益には法人税がかかるものとして、法人税を控除した金額が株主に対応する純資産というイメージかと思います。

宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12377;みません理解が悪くて含み益には法人税はかからないですよね
法人税は利益に課税されますよねあくまでも
当該法人の相続税を計算するにあたり純資産に含み益が発生しているのであれば
法人税相当部分を控除して相続税を計算することができると言う意味でよろしいですか

おっしゃるとおりです。実際の法人税の課税と関係なく、あくまで株価を計算するときの方法とお考えいただければと思います。

評価額の純資産が帳簿価額の純資産より高い場合に、高い金額を含み益と考え、含み益に対する法人税相当額を控除した金額をもとに計算することになっている、ということになります。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12424;く分かりました
ありがとうございます
評価をお送りください最後に株価が上昇している若い社長さんの会社は今のうちに持ち株会社にしておいた方が将来の相続のときには有利になると言うことになりますよね
質問者: 返答済み 7 日 前.
25345;ち株会社の子会社になっておいた方がと言う意味です

はい、ご状況によって株価を下げられる可能性はありますよね。あとはそのご状況が継続するかとコストとの兼ね合いもあるかと思います。宜しくお願いいたします。

nakaをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問