ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 3579
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

法人の経理で、過去(20年以上前)に役員から会社に貸した金銭が帳簿に計上されていますが、これが間違いであった(実際にはそ

ユーザー評価:

法人の経理で、過去(20年以上前)に役員から会社に貸した金銭が帳簿に計上されていますが、これが間違いであった(実際にはその役員は貸していなかった)場合で、修正しても過去の納税額に変化が無い場合、現時点で修正しても税務署への申告上問題無いものでしょうか?
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、公認会計士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: その役員が現在死亡しており、親族に相続が発生しています。
質問者: 返答済み 11 日 前.
12394;お、役員の貸付金がそのまま残る場合、親族の相続上で相続税が発生しますが、帳簿を修正した場合、その役員親族に相続税が発生しなくなるという状況でもあります。
質問者: 返答済み 11 日 前.
12414;た、その役員の親族(法定相続人)は全員が貸付金の無かった事に納得し、帳簿を修正する事に同意しています。

はじめまして。

>法人の経理で、過去(20年以上前)に役員から会社に貸した金銭が帳簿に計上されていますが、これが間違いであった(実際にはその役員は貸していなかった)場合で、修正しても過去の納税額に変化が無い場合、現時点で修正しても税務署への申告上問題無いものでしょうか?

→ これは例えば、「Aさんからの借金だと思っていたが、良く調べたらBさんだった」ということでしょうか?

であれば名義の変更について修正しても問題ありません。

質問者: 返答済み 11 日 前.
36899;絡ありがとうございます。
会社が銀行等から免除された債務が、なぜか代表取締役から会社に貸し付けた金銭として置き換えて計上されていたものです。
会社からみた借入先が銀行等から代表取締役に置き換わってしまっていて、会社の負債額に変化が無い状態になっています。
質問時にファイルも添付しましたので見ていただけると状況がより分かりやすいかと思います。

すみません。

サイトの不具合の可能性もありますが、こちらでは添付されたファイルが見当たりません。

サイトから自動でメールが行くと思いますが、そちらに返信しても専門家の質問スレッドには表示されないので、サイト上で添付いただく必要があります。

質問者: 返答済み 11 日 前.
A社、A社の代表取締役X氏、X氏の法定相続人Y氏 が関係する案件です。
20年前にA社が銀行等から負債の免除を受けました。この時A社の負債が減少した事が帳簿に記載されるべきところ、その金額がそのままX氏からA社に貸し付けた金銭として記載されています。(A社の負債額は変わらないものとして記載されている。)
このX氏からA社への貸付金はA社の負債として確定申告の書類にも記載されています。
その後X氏が死亡し、X氏からY氏への相続が発生しています。
法定相続人Yの相続財産にはA社にX氏が貸し付けた金銭も含まれ、これにより相続財産が相続税の控除額を超えY氏に相続税が発生する状況です。
A社の帳簿に記載されているX氏の貸付金が間違いであるにもかかわらずY氏に相続税が発生します。
A社の帳簿を修正してX氏からの借入金を無くすことでY氏には相続税がかからなくなります。
このため、A社もY氏もA社の帳簿を修正する事を望んでいます。
この修正を行っても、過去から現在までA社の納税額が変わる事はありません。
また、X氏の法定相続人、A社の株主全員がこの修正に同意しています。
しかしながら、確定申告の書類に記載されていたA社の借入金が次回の確定申告時には突然無くなることになるため、税務上何か問題が有るのではないかと懸念している状況です。

>しかしながら、確定申告の書類に記載されていたA社の借入金が次回の確定申告時には突然無くなることになるため、税務上何か問題が有るのではないかと懸念している状況です。

→ 帳簿から負債を消すことになりますよね?

会計上は債務免除益を特別利益に計上するしかないのでは?

そうなると税務署はその債務免除益の内容がわからないので、調査等ある可能性はあります。

>この修正を行っても、過去から現在までA社の納税額が変わる事はありません。

→ 除斥期間が経過していることを根拠としているのだと思いますが、上記のように会計上は利益が計上され、法人税の申告書上別表調整することになります。

ご指摘の通り納税額に影響は無いものの、申告書上は目立つので税務署が疑問に感じる可能性は否定できません。

>20年前にA社が銀行等から負債の免除を受けました。

→ 通常、銀行が何の条件もなく負債を免除することはありません。

ご指摘のように何の制約も無く銀行が負債を免除した資料が残っていれば、仮に税務調査があったとしてもその資料を提示すれば問題無いと思います。

質問者: 返答済み 10 日 前.
20102;解しました。
A社での帳簿修正前に税務署に相談に行くのが良いであろうと理解しました。
ありがとうございました。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12371;の件についてはこれで結構です。ありがとうございました。

それでは完了とさせていただきます。

ありがとうございました。

specialoneをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問