ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 1924
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

フリーランス一年目です。確定申告について準備しています。開業届はライターとして出しています。仕事とプライベート両方で着用

ユーザー評価:

フリーランス一年目です。確定申告について準備しています。開業届はライターとして出しています。仕事とプライベート両方で着用している洋服も家事按分として?経費に入れたく考えております。その場合、家事按分の比率はどの程度であれば許容されるのでしょうか。。現状3/7の比率で計算しようと思っています

はじめまして。

被服費を個人事業主が経費にするのはほぼ無理だと考えていただいた方が良いです。

例えば、内装業者等が作業用のツナギを経費として落とすことは可能ですし、個人医が白衣を経費で落とすことは可能です。

ですが、過去にスーツが否認された事例があり、仕事とプライベート両方で着用可能な衣服は経費で落とせないという説が一般的と思います。

事業内容がライターということなので、仕事着のために特別必要な衣服というのも思いつきません。

※私も税理士なので、訪問時はスーツですし、90%以上仕事のためにしか使用していませんが、経費で落としてはいません。

specialoneをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12372;確認ありがとうございます。承知しました!

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問