JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
vladimirleninintokyoに今すぐ質問する
vladimirleninintokyo
vladimirleninintokyo,
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 87
経験:  dasdasd
108072812
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
vladimirleninintokyoがオンラインで質問受付中

会計士さんについてです。 マネーフォワードなどクラウドサービスを利用する税理士さんと 古典的に

ユーザー評価:

会計士さんについてです。
マネーフォワードなどクラウドサービスを利用する税理士さんと 古典的に 紙ベースで行っている税理士さんがおられますが、
どちらが 費用は安くできますか?私は紙ベースの税理士さんにすべてを丸投げしてますが、 クラウドサービスに切り替えてを
考えたところ 移行に費用がかかりやめました(しべてに丸投げしているより高額だった)
一般的に世の中 クラウド型に移行して 事業者が記帳 給与計算して 最後の申告書だけ頼むという方向に進んでいるのでしょうか?
また クラウド型の税理士さんはどこで見つけれますか?
クラウド会計ソフトを積極的に導入してる税理士会計士はマネーフォワードやフリーのようなクラウド会計ソフトのサイトで紹介されてますね。
「どちらが安くできるか」については、もちろんそれぞれの税理士会計士によります。
しかし、最後の申告書だけを依頼する方が安くはできます。
顧問料を安くしたい!やクラウド会計ソフトを積極的に導入しようという経営者の方は質問者様のおっしゃるような潮流に乗ってますよ。
質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。まだ クラウド型には欠点が多そうなので(今の顧問税理士さんの弁)もっと改良されてから使います。
かえってうまく使えるまで ややこしいみたいです。会計事務所の事務員さんが言うので確かだと思いました。
会計事務所職員の視点からは、資料丸投げの方が時間はかかりますがミスは少なくなるのでやりやすいですね。
逆に申告書作成だけだと、記帳内容にミスがあるこちが多いので決算時に時間がかかることが多いですね。
もっとも、ミスを少なくなるようにするのが会計事務所の仕事なのですが。
結論としてはクラウド会計の方が全体の時間は少なくできるので、「顧問料下げられませんかね」という交渉の余地もできると思います。
vladimirleninintokyoをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問