JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 755
経験:  dasdasd
100521332
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

現在アパートを所有し、減価償却中です。 減価償却期間内に、売却や相続によって、所有権が他社に移った時、

ユーザー評価:

現在アパートを所有し、減価償却中です。
減価償却期間内に、売却や相続によって、所有権が他社に移った時、
この建物の減価償却の残り分はどうなるのですか?
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート( info@justanswer.jp) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

はじめまして。

 

売却した場合は未償却残高が取得費となり、譲渡所得の計算上控除されます。

相続の場合(法人が相続をすることは無いですが)、相続人はその未償却残高や取得価額を引き継ぎ、賃貸のまま引き継ぐのであれば同じように減価償却を引き継ぎます。

質問者: 返答済み 17 日 前.
お答え、ありがとうございました。未償却分が後まで影響すると考えてませんでした。
できれば不動産関係の会計処理や関連する法規の理解に参考になる書籍があればご教示いただきたい。

税理士並みの知識をというのであれば大原の税理士講座テキストがわかりやすいと思います。

そうではなくてあくまで一般的な範囲でというのであれば、変な実務書よりは国税庁HPのタックスアンサーの方がよっぽどわかりやすいとは思います。

specialone,
満足したユーザー: 755
経験: dasdasd
specialoneをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問