JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 183
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

アメリカのny州に留学していたものです。先月在米中にPL 120.15の罪で逮捕されました。逮捕されチケット(desk

質問者の質問

アメリカのny州に留学していたものです。先月在米中にPL 120.15の罪で逮捕されました。逮捕されチケット(desk appearance Ticket)をもらい、2時間ほど警察署で過ごした後に釈放され、チケットには裁判への来年1月の出頭命令が明記されていました。しかし経済的な理由により先月帰国し現在日本にいます。このまま裁判にいかず罰金を払わない場合もう今後アメリカに入国できなくなるということらしく、今後仕事や旅行などでアメリカに行くことはないと思いますが将来どうなるかもわからないので軽い罰金ですむのなら来月裁判のため入国する準備はあります。 しかし罰金額の目安としてどれくらいになるのかまた罰金だけですむのか、裁判の際弁護士が必要となるのかなどわからない状態なので現状を確認して裁判に出るか決めたいです。 裁判所に問い合わせようにも自分自身の英語力の不足によって情報を手に入れることさえ難しいです。 今手元にあるdesk appearance ticketの情報を元に裁判所に問い合わせてもらい現状確認して頂くことは可能でしょうか?もし可能な場合詳細などはメールにてお送りしたいです。 よろしくお願いします。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
NYの裁判所に確認することは可能です。お電話してみましょうか?
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
追加サービスを提案させていただきました。ご了承いただきましたら、メールアドレスを教えてください。 お客様の案件は、威嚇・脅迫的な態度を取ったというものです。NY Penal Law § 120.15Menacing in the Third Degree.A person is guilty of menacing in the third degree when, by physical menace, he or she intentionally places or attempts to place another person in fear of death, imminent serious physical injury or physical injury.Menacing in the third degree is a class B misdemeanor. 軽犯罪法になり、刑事事件です。Menacing in the Third Degree, pursuant to New York Penal Law 120.15, is the lower of the two Menacing misdemeanors defined in the New York Penal Law. Still a misdemeanor crime that would subject you both to an arrest and permanent criminal record, NY PL 120.15 is "merely" punishable by 90 days in jail. While you would serve this jail sentence in a county facility (such as Rikers Island or the Westchester County Jail in Valhalla) and not in a State prison, any confinement would certainly be unwelcomed. 90日の禁固刑はほとんど言い渡されないそうですが、もしかしたら判決次第では収監される場合もあると書かれています。罰金の支払いだけではすまないと思われます。刑事事件ですので、弁護士さんをお雇いになり、ちゃんと法廷でお客様の言い分を代弁してもらう必要性があると思います。また、この判決がたとえ無罪または不起訴となった場合でも、お客様の逮捕歴は一生残ります。判決が下りてから5年経ち、日米でこのような案件を起こさなかった場合、判事さんに上申書のようなものを書いて逮捕歴をシールドしてもらうことができます。その間はアメリカに来られる際には必ず入管でお客様の逮捕歴が出てきますので入国時に退去命令が出る可能性もあります。その辺を考慮に入れても弁護士さんを正式に雇い、裁判の時には必ず出頭し、法廷でちゃんとどういう状況かを説明したほうが良いと思われます。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.

追加サービスを却下されたようですが、今後どうされますか?

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

追加サービスさせて頂きました。

一度メール頂けますでしょうか。

専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.

了解いたしました。

ありがとうございました。

仕事で外出していましたので、これからメールいたしますね。

アメリカの法律 についての関連する質問