JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

代表取締役として日系人を採用し9年間業務を任せましたが、職務怠慢と過失により会社に多大な損害を与えました。今年代表を退任

解決済みの質問:

代表取締役として日系人を採用し9年間業務を任せましたが、職務怠慢と過失により会社に多大な損害を与えました。今年代表を退任し会社を退社したいと申し出がありましたが、余りにも無責任な態度に憤慨しております。9年間の期間中に会社が赤字であるのに自分の報酬は勝手に決めて受け取っており、それ以外にも経費削減や原価削減など本来代表者が取り組むべき課題を何ら果たしておりません。こうした場合に株主である弊社は当該の代表取締役に損害賠償を請求する事が可能でしょうか。又その場合どのような法律に基づいた根拠が有るでしょうか。会社所在地は米国ニュージャージ州です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。
先ほど、私がお答えした、極めてGeneralなご質問への回答と同じ方からの、より具体的な内容のご質問と推察致します。
「自分で勝手に決めて報酬を受け取り」「原価削減や経費削減に取り組んでいない」「会社が赤字であることを放っておいた」が訴因になるかは、会社の運営の正しさの質問が絡んできますので、ここでお答えすることが難しい側面がございます。
追加のサービスのご提案をさせていただきますので、一度、お電話をいただけませんでしょうか?
詳しいお話をお伺いできればと存じます。
奥山
追伸:署名欄のサイトから、私のサイトにお越し頂き、メールを頂いても構いません。ご相談の費用はかかりません。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問