JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 180
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

米国永住権を持っている日本旅券保持者です。先日、キューバへ渡航した際、パスポートにキューバ入国のスタンプが押されてし

解決済みの質問:

米国永住権を持っている日本旅券保持者です。先日、キューバへ渡航した際、パスポートにキューバ入国のスタンプが押されてしまいましたが、米国再入国は大丈夫でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
アメリカとキューバは今年7月に国交が回復され、大使館もまた開くことになりました。http://www.asahi.com/articles/ASH7N4K0GH7NUHBI00Y.html 来年からアメリカのクルーズ会社もキューバに寄港するクルージングを開催することになっています。ですから、キューバに入国したからと言って問題があるとは思えません。余程、昔のCommunistの人たちと関係があるのなら話は別ですが・・・
質問者: 返答済み 1 年 前.

各ネットの情報では、旅行に関しては指定旅行業者以外での手配は米国民、永住権保持者のキューバ入国は認められておらず、且つ米国政府が指定した12カテゴリー(教育、医療、記者等)での入国目的のみ渡航を許可するようです。従いまして、上記目的に沿わない形(指定旅行業者を通さず、自分自身で航空券、ホテルを手配して入国など)でキューバ入国する事は法律違反になり、米国再入国の不許可ならびに永住権剥奪の可能性があるのでは?と思い質問した次第です。如何でしょうか?

専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.

いつ行かれたのでしょうか?

7月前ですか?

確かに2014年度では12カテゴリーのみの許可で、OFACでライセンスを申請しないと渡航できないようになっていましたが、今年7月時点でケリー国務長官がアメリカの旗を持ってCUBAに行き、そのカテゴリーは必要なくなったと聞いています。

Cubaの在米大使館でのサイトです。

http://havana.usembassy.gov/travelling_cuba.html

こちらに電話番号があります。

(###) ###-####

今現在の状態をお聞きになることが可能です。

今、移民局に確認しました。

有効なパスポートを所持している場合は何も問題がないと言われました。

質問者: 返答済み 1 年 前.

今年10月に訪問しました。

米国永住権保持者でも何の問題も無くキューバ渡航が出来且つ、キューバ入国スタンプがパスポートに押されていても米国再入国出来る、永住権剥奪の恐れは無いと言う事ですね?

専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.

問題はないと移民局に言われました。

御懸念の場合は、再度1-800-375-5283までお問い合わせください。

質問者: 返答済み 1 年 前.

問題無いようで安心しました。

有難うございました。

専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.

10月の渡航とというのが良かったと思います。

既に大使館が再開されていますので、有効なパスポートをお持ちの場合は問題がないそうです。良かったですね。

よろしければ評価をお願いいたします。

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問