JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

legalsos2011に今すぐ質問する

legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 165
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

E-1ビザ所有で、イリノイ州に駐在しています。今年7月にイリノイ州内にてDUIで逮捕され、8月18日に1回目の裁判所出頭

質問者の質問

E-1ビザ所有で、イリノイ州に駐在しています。今年7月にイリノイ州内にてDUIで逮捕され、8月18日に1回目の裁判所出頭。但しこの時はArraignmentのみで終了。弁護士との話し合いで裁判で争わないこととし、出頭2回目の9月21日にPlead Guiltyで、裁判官より1年間(~9/9/2016)までの'Supervision'を言い渡され現在に至っています。現在の私の立場、並びに移民法との関係で何点か質問があります。 ①Supervisionの期間を問題なく過ごし、かつ裁判所からの要求を全て終了している場合、「有罪」「無罪」の別で言うところの「無罪」と
なるのでしょうか(日本語とカテゴリーがマッチしないかもしれませんが)? 逮捕歴はずっと消えないと認識していますが正しいですね?  尚担当弁護士に確認したところ、Supervision終了後は'Not Convicted'であるのは間違いないようですが、日本の「無罪」の  感覚で受け取って良いのでしょうか?それともPlead Guiltyで罪は認めている、とも認識しているので、「無罪」ではないが、  「犯罪歴」というような形で残るのでしょうか? ②2回目の裁判所への出頭数日前、メキシコへの出張を行なっています。ちなみにその時も、今現在も含めて、業務での米国内 (イリノイ州外)、米国外への訪問は裁判所より認められています。そのメキシコ出張から米国に(ヒューストンにて)再入国する際、
Secondary Inspectionで時間を要するのを避けたかったので、弁護士のサイン入りのレター(その時置かれていた自身の状況、  9月21日には裁判所に出頭しなければならない旨を記載)を準備してもらったのですが、Immigrationでは逮捕について聞かれる  こともなく、持参していた書類を一切見せることもなく、逮捕前と何ら変わらない様子で2年間の滞在許可(I-94)をもらいました。  9月19日の出来事ですが、その時点では私の逮捕記録はまだ現れていなかったということなのでしょうか? ③①、②が仮にYESなら、Supervisionの状況下で、有罪とも無罪とも言えない今現在、DUIには非常に厳しいとされるカナダへの渡航は
やはり一筋縄にはいかないでしょうか?Supervision無事終了後も、DUI逮捕歴がある、というだけでやはり難しいでしょうか? ④③と同じですが、例えば米国から日本への帰国時にバンクーバー等、カナダの空港を乗り継ぎ地にする場合(乗り継ぎのみで空港からは  出ない場合)、これもやはり一旦カナダに「入国」しなければならないので、避けた方が良いでしょうか? ⑤最後に、先の話ですが米国勤務より日本に帰任した後のことになります。E-1ビザはExpireしているという前提ですが、Visa waiver program(ESTA)での米国訪問は可能でしょうか?様々な意見を目にします。多くの意見は日本の米国大使館のウェブサイトに
ある、「有罪判決の有無に関わらず逮捕歴のある方…ビザ免除プログラムを利用することはできません」の記載を基準に「No」という  ものです。しかし、(1)これ(逮捕歴のみでのVisa Waiver Program利用排除)を規定している米国の法律はない、とのある弁護士の  意見がある、(2)(馴染みのない国ですが)Curacaoの米国大使館ウェブサイトには、「A single drunk driving charge which   didn't involve a jail sentence does not
preclude you from using the VWP.」とある、(3) ESTA申請の際の質問にある  逮捕歴有無の記載に、DUIは該当しないと理解できる、という事実より迷っています。明確な答えはないのかもしれませんが、如何でしょう?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
この案件で担当弁護士さんはDUIという刑事事件ではなく、交通違反への格下げにするというお話はなかったのでしょうか?通常、DUIですと、後々色々な面で問題が起きる場合があるため、交通違反への格下げを交渉してもらうのですが・・・1)無罪にはなりません。この場合、お客様が刑期を終えたことと変わりがないのです。今は刑罰を受けている状態です。本来酷いDUIだと収監される場合もありますが、それが執行猶予付きで裁判所に管理されている状態です。この状態で、もし他の犯罪を犯してしまった場合は実刑判決もありますので気を付けてください。2)逮捕歴のデータは移民局でも共有しています。ですが、まだ裁判所で判決がでていない前、そして弁護士さんからの手紙の所有、既にビザ所有されているため、入国を許可されたと思いますよ。私のお客さんで、やはりDUIで逮捕された方は直後日本へ帰国されましたが、入国するに当たり弁護士さんからの手紙もなにももっていませんでした。その時、逮捕歴があるけど・・・と入管のオフィサーに問いだたされたそうです。その時、これから裁判ですと答えたら、通してもらえたそうです。その時点ではまだ無罪になるか、不起訴になるのか、有罪になるのかが確定してない為、入国を許可されたと推量します。3)ごめんなさい。お客様の今は有罪とも無罪ともいえない状態というのがちょっと腑に落ちます。お客様は裁判所でGuiltyと言われたのですから有罪判決を受けていると思いますよ。そこを確認された方が良いと思います。有罪で実刑判決(収監などがない)なしの執行猶予の状態ですから、Supervisionが終わった時点で再度の訴追はありません。残念ながらカナダの法律には詳しくありませんので、何とも言い難いのですが、アメリカはカナダとは犯罪歴の共有をしていますので、データ共有している可能性が高いです。一番先に出てくるのが逮捕歴です。刑期が終わっても、無罪を勝ち取っても、逮捕歴は一生消えない場合が多いです。無罪や不起訴だった場合、裁判所に申請をしてデータの凍結をしてもらうことはできます。なので、カナダ入国時に色々聞かれる可能性はあります。その場合は、裁判所の判決の書類を所持されていかれた方が良いと思いますよ。ちゃんと罪をつぐなって反省していることを見せれば、入国できるはずです。4)3)と同様、必ず判決文を所持された方が良いです。5)残念ながら逮捕歴は移民局でデータ共有されています。ですから、必ず入国時にお客様の逮捕歴がでてきます。最初の話に戻るのですが、ほとんどの外国籍の方はDUIで判決を受けるのではなく、DUIから交通違反に格下げをしてもらうのです。その後、数年おとなしくしていて、弁護士さんに逮捕歴の凍結をしてもらい、入国時にそのデータがでてこないようにするのです。お客様は交通違反ではなく刑事事件として訴追されているので、逮捕歴の凍結はできないと予想されます。初犯の場合、DUIから交通違反への格下げは、ボランティア、免停1か月、交通違反者の学校の受講などを承諾することで、格下げしてもらえるのですが・・・ もう一度担当弁護士さんと良く相談されることをお勧めします。そして、移民法専門の弁護士さんと相談されることもお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
詳細なご返答ありがとうございます。
恐らく私は米国の法律のシステムを基本的に良く理解していないのだと思います。
日本の報道等で日常耳にする「有罪」「無罪」「執行猶予」といった日本語と英語の表現が、意味も含めて1対1で合致するのか?という疑問はあります。裁判所でPlead Guiltyとして、自ら罪を認めたのだと思いますから、質問中の「有罪」か「無罪」かについては「有罪」なのだと思います。
ただ、自らGuiltyと認める対価として最終的に弁護士が何を取引で引き出したのかがよくわかっていないのです(担当弁護士にも再確認します)。
言い渡されたのはSupervisionであり、100時間のCommunity serviseであり、と、何点かあります。すなわちそれは収監に代わるもの、
として、現状私は「受刑者」である、ということになりましょうか?そうなりますと、「執行猶予」には当てはまらないようにも思います(そもそも米国で日本と同じ意味での「執行猶予」という制度が存在するか否かもよくわかっていません。また、Guilty とConvictedの意味の違いもクリアになっていないところがあります。弁護士はSupervision終了後はConvictedされない、と話していました。guiltyだがconvictではない、というのはどう理解すればよろしいでしょうか?まとまりなく追加で質問させていただきました。可能なところでご回答いただければと思います。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
一番のポイントはDUIで起訴され判決を受けたのか?
それとも罪が軽減されて交通違反で起訴され判決を受けたのか?
その点を担当の弁護士さんに聞いていただけますか?
通常、DUIも初犯で他に逮捕起訴された事実がなければ、弁護士さんの方で罪を軽減してもらうように最初から裁判を持っていくはずなのですが・・・
しかもお客様は外国籍。
収監しても意味のないDUIですし・・・それで他の方を怪我させたり、誤って殺してしまったわけではないですよね?
でしたら、100時間のボランティアなどがあるところを見ると、罪を軽減してもらった可能性が大きいと思います。
刑事事件と交通違反は雲泥の差がありますので、そこの確認をしてください。
DUIは刑事事件です。
Supervisionは再発防止のために見張っていることです。
飲酒運転は癖になりますので、また再犯をした場合は刑が重くなります。その場合は収監されて、1か月とか罪の軽い刑務所に入れられる場合がありますから、気を付けてください。
もしも罪を軽減されて交通違反として罪を認めたというのであれば、一定期間お客様を見張って再犯がなければ、刑事事件として訴追しないということに思えます。
でも私が判決文(交通違反であっても何らかの申し渡しがありますから・・・一定期間の監視、100時間のボランティアなどと一緒に、お客様がこれこれの罪を認めたということが書いてある書類です。)を実際に見ているわけではないので、これは明日にでも担当に弁護士さんに確認されることをおすすめします。
DUIにも2つタイプがあり、一つはまたの名をOWI, DWI, OVIと呼ばれるもので、こちらは事務的に処理されるもの。
もう一つは決定的に刑事事件として扱われるものです。例をあげれば何度もDUIでつかまっている人。飲酒してどこかにぶつかり建物を壊したり、人に危害を加えたりした場合などは決定的にこちらになります。
もしかしたらお客様の場合、最初のタイプかもしれませんね。イリノイ州の州法によっても違いますので、必ず確認願います。
いずれにしても刑事事件で有罪となりますと、逮捕歴や犯罪歴は一生消えません。
ですが、交通違反の場合は一定の期間が経つとそのレコードが消えます。ただ逮捕歴は残ったままです。このシステムがちょっとおかしいのですが、なぜ無罪を勝ち取ったり、不起訴になったにも関わらず逮捕歴だけが独り歩きするのか・・・ですが、もしも交通違反で罪を認めたのであれば、逮捕歴は一定期間5年~10年経てば消してくれます。担当された裁判所の判事さんあてに手紙を書き、データの凍結を求め、もし認められたら逮捕歴を凍結してデータにアクセスできないようにしてくれます。
その辺もDUIを担当された弁護士さんと話された方が良いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。確認しましたが、DUIはDUIだそうです。参考までに、以下のコメントです。You pled guilty and were found guilty of driving under the influence of alcohol, a class A Misdemeanor, but no judgment of conviction was entered against you. Instead, you received a sentence of court supervision, which is technically not a conviction. However, this disposition stays on your record and is not expungeable.裁判所にてCertificate of statement disposition のコピーを請求しもらってきましたが、'SUPERVISION GRANTED' の1行が記されているのみです。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
残念です。
やはり軽犯罪として刑事事件として扱われているのですね。
なので、お客様の記録は逮捕歴もこの犯罪歴も一生残ります。
ですから、次回ビザを取るときはかなり苦労されると思いますし、カナダももしかしたら入国できない可能性があります。
Supervisionがお客様に課せられた罰則です。100時間のボランティアもそうです。
ですので、入出国の場合はかならず裁判所で頂いた書面をもって入出国してください。
アメリカは軽犯罪であっても、逮捕というのがものすごく記録に残るので、そこがとても大変なのです。
どうかSupervision中に再犯なさいませんように気を付けてくださいね。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
何か他にご質問がありますでしょうか?
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
これ以上ご質問がなければ、申し訳ございませんが評価していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
質問は以上になります。
DUIの取り扱いはある程度クリアなのですが、イミグレーション関連は聞く人により回答が様々で、「これ」という答えが無いようです。
それも全ては、イミグレーションの担当Officerの裁量によるところが大きいからなのだと理解しています。
ありがとうございました。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
残念ながらそうです。
私の友人はまさしくその仕事をしています。
その時の政権によっても変わってくることです。
どうか次回入国時には気を付けてください。
判決文は必ずお持ちくださいね。
どうかこれからは気をつけて運転なさってください。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
もしよろしければ評価をお願いいたします。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3239
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3239
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    436
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    41
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問