JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

カリフォルニア州に今年の7月からMBA留学しております。F-1ステータスで渡米しているのですが、週20時間までの労働

解決済みの質問:

カリフォルニア州に今年の7月からMBA留学しております。F-1ステータスで渡米しているのですが、週20時間までの労働時間でCPTを活用したインターンシップを行うことを考えています。MBAに関連する業務を行う前提で、給与を得る形でインターンを行うことは可能でしょうか?今すぐに給与を得ることが難しい場合、いつから給与を得ることが可能になるでしょうか?なお、来年の7月からはCPTを利用してフルタイムでインターンをすることを考えております。また、卒業後はOPTを利用して1年間就労したいと考えています。
ご回答のほど、何卒よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
こんにちは。ご質問ありがとうございます。
学位取得のために必要な経験(学校と雇い主に協定があるもの)としてであれば、CPTとして, 学位取得のために要求されているわけではないが学位取得分野に関連している経験として行う場合は、OPTとして、許可を得れば就労できます。大学院レベル留学生は、学位取得に必要な経験であれば、最初の学期からCPTであればone full academic yearの在籍するという条件なくできます。CPTは有給と無給の両方ありますが、有給でもCPTとして行う場合は、DSOがI-20にendorsementをした後からできます。大学院生が有給のCPTをする場合、一学年間待たなければいけないという条件はありません。OPTで就労するには、大学院生でも、一学年間の在籍条件を満たす必要があります。OPTとして行う場合は、employment authorizationを移民局から取る必要があり、その労働許可に記載されている日以降でないと有給の仕事はできません。キャンパス内の雇用であれば、学位取得に必要であろうとなかろうと学位取得分野に関連してようとしてなかろうと、特に別途許可を取る手続きを必要とせずに就労できます。フルタイムインターンをCPTで12か月間以上すると、OPTは取れなくなります。CPTでフルタイムインターンした期間が12か月を超えない場合は、OPTを取る資格に影響しません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。「DSOがI-20にendorsementをした後からできます」この点について、DSOとは何を指しますでしょうか?
ご確認のほどよろしくお願いします。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
Designated School Officialです。よろしくお願いいたします。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問