JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 187
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

日本人としてアメリカの州を訴える際おこりうる注意したい事を教えてください

質問者の質問

日本人としてアメリカの州を訴える際おこりうる注意したい事を教えてください
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 2 年 前.
情報が不足しており、お答えすることが難しいのですが、下記の情報を頂ければ、アドバイスが出来ると思います。
1.州を訴えるということですが、その州にお住まいなのでしょうか?州を通過中の出来事なのでしょうか?
2.訴えたいと思われる原因になった事件、事故、事象はどのようなことなのでしょうか?
3.貴方様にどのような損害、被害が生じたのでしょうか?身体的、金銭的、精神的、、、などなど。
4.その被害は今後も継続するのでしょうか?
5.州はその事件等にどのように絡むのでしょうか?
など、しっかりとした「訴因」の構築が出来ない場合、「根拠のない訴訟を起こした」ことで原告が敗訴になる上に、裁判費用を支払わせるる心配があります。
どの州の出来事か?また、上記の情報を詳しく教えて頂けませんか?お力になれると思いますので。
奥山
4.
質問者: 返答済み 2 年 前.
1. 私は今福井県在住で実家は千葉県にあります。被害にあったのは主に日本でカナダのモントリオールに昨年の8月から4ヶ月弱滞在した時も含まれます 
2. 1年ほど前からアメリカの公的研究機関と思われる方々から身体的、精神的に苦痛を与えられている。 
3. 毎日片時も離れず行われている嫌がらせ(身体的、精神的苦痛) 
4. 解放してくれるといったが毎日の嫌がらせを止めてもらえない常態  
5. アメリカの軍事医療施設と名乗る団体が自らコネチカット州のニューヘブンにいるといっていた

以上が質問の答えなのですが、引き続き案件を引き受けていただけますでしょうか?

アメリカの法律 についての関連する質問