JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

はじめまして。この度13年ぶりにハワイに旅行を計画しております。 そこで1つとても気になる点があります。 私は以

解決済みの質問:

はじめまして。この度13年ぶりにハワイに旅行を計画しております。
そこで1つとても気になる点があります。
私は以前アメリカに留学をしており短大卒業後1年間プラクティカルトレーニングで働いている間に弁護士さんにお願いし、Hビザにステータスチェンジを試みましたが残念ながら却下されてしまい日本に帰国しました。その却下の通知が2002年11月15日で私が帰国したのが2002年12月30日です。ちなみにプラクティカルトレーニングは同年の8月できれています。この場合私はオーバーステイしたことになるのでしょうか。その時弁護士さんから2ヶ月以内に帰国するように言われたと思うのですが。アドバイスをいただけると幸いですどうぞ宜しくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
こんにちは。ご質問ありがとうございます。
「この場合私はオーバーステイしたことになるのでしょうか。」というご質問ですが、こちらの文面を拝見する限りで申し上げますと、結論から言うと、オーバーステイしたことになっています。
ですが、ハワイへ旅行するのは必ずしも不可能ではありません。ビザ無し渡航ではなく、念のためB visaを申請されれば良いでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のございます。ご回答ありがとうございます。やはりオーバーステイしたことになっているのですね。ちなみに私はビザが却下されてから何日以内に帰国しなければいけなかったのでしょうか。また、先日ESTAを申請するときに「オーバーステイをしたことがない」にして渡航許可をもらってしまいました。これは入国の際に「虚偽」とされてしまうのでしょうか。実はハワイ旅行まであと1ヶ月しかなく今からビザを申請するのは難しいですよね?キャンセルした方がいいでしょうか。先日ふと心配になり、こんなギリギリまで気付かなかった事を大変後悔しております。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
お返事ありがとうございます。追加のご質問に回答いたします。
ご質問A:「ちなみに私はビザが却下されてから何日以内に帰国しなければいけなかったのでしょうか。」
回答A: H資格を申請中で結果的に不許可になってしまっため、アメリカ国外に出国しなければいけない場合、何日間以内にアメリカを出国すれば将来移民法上のペナルティはつかないとされている期間の設定がありません。この点、F資格やJ資格のようなgrace periodがないのです。こちらのケースでは、OPTが8月に切れ、H不許可の通知が11月中頃にあったということから、オーバーステイしないで済む方法はなかったと言えるでしょう。
ご質問B: [先日ESTAを申請するときに「オーバーステイをしたことがない」にして渡航許可をもらってしまいました。これは入国の際に「虚偽」とされてしまうのでしょうか。」
回答B: オーバーステイしたことがあるかという質問に回答した時点で、オーバーステイの解釈を間違っており、誤って回答をしてしまったわけですから、厳密にはその時点では虚偽の申告をしたとは言えないでしょう。虚偽の申告とは、「意図的に」事実ではないことをそうと分かっていながら事実として申告することです。ですが、「間違って答えてしまった」という説明を米国移民局に信じてもらえず、虚偽の申告をしたかのように疑われる可能性は考えられます。そして、米国入国時に同じ質問を尋ねられる可能性はないとは言えません。今はオーバーステイしたと分かっているわけですから、今後尋ねられてオーバーステイしたことがないと言えば、その時は、虚偽の申告には、例え米国移民局がきづかなくても、あたるでしょう。
ご質問C: 「実はハワイ旅行まであと1ヶ月しかなく今からビザを申請するのは難しいですよね?」
回答C: 東京にあるアメリカ大使館のウェブサイトに所要時間の一例がありますが、面接を経てから7日間から14日間くらいで発行するとありますが、追加情報が必要な人は最大で6週間かかる場合もあるとのことです。
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-nivgeneral.html
ご質問D: 「キャンセルした方がいいでしょうか。」
回答D:こちらの文面を読む限りで言いますと、一か月先という 旅行開始までに査証が取れるかもしれないし、取れないかもしれないという両方の可能性がありますので、これはyuko27さんの判断です。在日アメリカ大使館および総領事館では、旅行に間に合うように査証を発行するという保証はしていないので、査証が手元に届くまで旅行の最終計画は控えてくださいと忠告しています。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
大変わかりやすい説明に感謝しております。
弁護士さんにステイタスチェンジをお願いした時に「OPT中にステイタスチェンジを申請すると切れてからも結果が出るまで合法でアメリカに滞在できる。アメリカ国外に出ないほうがよい。」と言われ結果が出るまで待っておりました。結果、却下になり「2ヶ月以内に帰国」と伝えられ帰国したのですが、私の記憶違いでしょうか。。。
今回はハワイは諦めオーストラリアに変更しようと思いますが、このオーバーステイがオーストラリア入国にも影響することはありますか?
また次回ビザを申請して私の状況を説明した場合観光ビザは発行していただける確率はたかいのでしょうか。
何度も質問をしてすみません。最後に教えていただけると有り難いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になっております。ご回答をいただく前に「評価」したことになってしまいました。オーストラリア入国に過去のオーバーステイが影響する可能性があるかだけ教えていただけると大変助かります。お忙しい所恐縮ですがどうぞ宜しくお願いいたします。

アメリカの法律 についての関連する質問