JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

米国の遺産相続について 遺産手続きを230万で司法書士に依頼したのですが、 半年過ぎてから別途、遺産税申告が

解決済みの質問:

米国の遺産相続について
遺産手続きを230万で司法書士に依頼したのですが、
半年過ぎてから別途、遺産税申告が必要だと言われました。
米国の会計士資格を有するものしか手続きが出来ないため、知り合いの会計士に見積をもらうと言われ、
結果、別途200万の費用がかかると言われました。
すべて司法書士を通しての連絡で、別に依頼しても構わないとの一文もありました。
遺産税申告について調べたところ、
依頼当初から予測できた事だったにもかかわらず、
事前の説明はなく、申告期限まで1ヶ月もない時期に突然の追加費用請求にかなりの不信感を抱きました。
司法書士は相続手続きと遺産税申告は別物だと言うのですが、
私の認識では契約時の230万と、実費20万ほどが
費用総額でした。
司法書士の言う通り、別で費用を払う他無いのでしょうか?
税申告の費用が適正なのかも疑問なので、
新たに他の事務所に問い合わせメールをしたのですが、週末のため返信はまだありません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
こんにちは。その司法書士の方と書面で契約を交わしましたか?口頭だけですか?税金の申告書類の作成だけで200万円という料金は会計士の料金としては高すぎるように思いますね。
質問者: 返答済み 1 年 前.

お世話になります。

司法書士とは今年の1月に業務委託契約をしました。報酬は230万となっていて他に実費費用が20万ほどかかるとのことでした。

今月になり、遺産税申告の話を持ち出され、知り合いの会計士に見積をしてもらうと連絡がありました。

通常は業務の一貫でやるが、米国の会計士資格を持ったものしか出来ないため、との理由でした。

そして先週、費用が200万といわれ、承諾してもらえれば遺産から差し引いて私の口座に振り込むと連絡がありました。

会計士との契約はしていません。

他をあたっても構わないとも言われています。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
こちらの文面を拝見する限りで言いますと、この司法書士さんの言い分通りの200万円を追加で会計士を雇う費用として払うことを承諾するのは、やめた方が良いでしょう。例えば、以下のウェブサイトによりますと、2010年でestate tax return Form 706の平均的な作成料金は2044ドルとあるので、200万円は高すぎではないでしょうか。ですので、その司法書士さんに2000ドルに近い金額で引き受けてくれる別の会計士を探してほしいと頼むか、自分で作成するか、自分で別の会計士を探すかするのが良いのではないかと思います。
http://www.accountingweb.com/tax/irs/tax-return-preparation-fees-vary-by-type-of-return-geographic-region
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問