JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

こんにちは、質問ですが 私はSan Franciscoのレストランで1年 働いていましたが 賃金が2ヶ月分しか支払われていない状態です オーナーと話し合いをしましたが 全

解決済みの質問:

こんにちは、質問ですが
私はSan Franciscoのレストランで1年
働いていましたが
賃金が2ヶ月分しか支払われていない状態です
オーナーと話し合いをしましたが
全額は払えないとの事だったので
裁判所に手紙を書いて貰いました。
それから後日手紙が届いたオーナーから
呼び出しがあり、話し合いましたが
内容は、オーナーがレストランを売るとの事
その売ったお金で賃金を半分なら
支払うと、だから裁判沙汰にはするな、との事で
理由を尋ねると
裁判沙汰になると、レストランが売れなくなって
お金が払えなくなると
しかも、このままではオーナー方が訴えると
言ってきました。
周りの方達には諦めた方がいいと言われました
私は諦めるしかないのでしょうか?
ちなみにアメリカに来て2年目でGreen Cardは保持しています
どうかよろしくお願いします
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
こんにちは。こちらの文面を拝見する限り、賃金の全額請求をあきらめる義務はないように思われます。賃金の半額支給で雇い主は和解を申し入れているようですが、和解は任意ですので、申し出の内容に納得できなければ、承諾する義務はありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます
いくつか質問なのですが
このまま諦めずに裁判まで行ったとして
相手のオーナーの言う通り賃金を貰えない事もあるのでしょうか?
周囲の人達もオーナーに賃金を支払う意思が無ければ
賃金は支払われない事もあるのでしょうか?
私は今後このまま裁判所に行くまで
何もしなくていいのでしょうか?
仮に相手のオーナーが示談で全額支払うと言ってきた時には
どうすればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
お返事ありがとうございます。追加のご質問に率直にお答えします。
「このまま諦めずに裁判まで行ったとして相手のオーナーの言う通り賃金を貰えない事もあるのでしょうか?」
裁判で負けた場合や、裁判で勝っても、支払い義務を負っている者または組織に支払い能力がなければ、支払われないことは考えられます。また、支払い義務を負っている者または組織がアメリカ国外に財産を送金し隠したら、取り立てるのが難しくはなります。
「周囲の人達もオーナーに賃金を支払う意思が無ければ賃金は支払われない事もあるのでしょうか?」
支払い義務を負っている者または組織の意思はどう関係してくるかというと、差し押さえする必要があるかないかに反映されます。例えば、裁判で勝訴し、支払い義務を負っている者または組織に支払い能力があるのに、支払い意思がなく払ってもらえない場合は、取り立てのため、財産を探し出し、差し押さえ手続きをする必要が生じます。
「私は今後このまま裁判所に行くまで何もしなくていいのでしょうか?」
こちらの文面からは判断がつきかねます。お近くの弁護士にお尋ねください。地域によっては、所得制限ありで、無料または低料金法律相談などを実施している場合があります。
「仮に相手のオーナーが示談で全額支払うと言ってきた時にはどうすればいいのでしょうか?」
和解申し入れのその他の条件に問題がなければ、承諾し、払ってもらったら良いんじゃないですか?何か和解の書面に署名せよと言ってこられたら、署名する前に弁護士に見せてから署名するか否か決めると良いでしょう。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問