JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 180
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

2012年の留学生時代に学校側の手続きミスと情報不足によって半年以上1年未満のオーバーステイをしてしまいました。 今

質問者の質問

2012年の留学生時代に学校側の手続きミスと情報不足によって半年以上1年未満のオーバーステイをしてしまいました。
今後、投資家ビザなどの方法も含めてアメリカに入国出来る方法があれば教えて欲しいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
その時に、逮捕、強制送還などがありましたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
今メールを確認しました、返信が遅れて申し訳ありません。
その時に逮捕や強制送還など直接的なものはありませんでしたが、移民局から退去を勧告する手紙が届きました。その時に自分のI-20が編入した学校のミスで新しく発行されてなかったことに気付きました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今メールを確認しました、返信が遅れて申し訳ありません。
その時に逮捕や強制送還など直接的なものはありませんでしたが、移民局から退去を勧告する手紙が届きました。その時に自分のI-20が編入した学校のミスで新しく発行されてなかったことに気付きました。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
私も今返事を確認いたしました。最近、JustAnswerの方から自動送信でお客様の返事がこないことが多いので、困っています。 移民局から退去勧告の通知がきて、それに従いアメリカを退去したということで理解は正しいでしょうか?通常、一年未満のオーバーステイの場合10年間のアメリカ入国禁止となる場合があります。もしも学校側の手続きミスであるのならばそれを明確にさせた方が良いです。アメリカなのでなかなか非は認めないかもしれません。今は移民局と学校側でデータが共有できるようになっているのです。必ずI-20を生徒に発行したか、生徒はそれを発行してもらい必ず、学校にアテンドしているかを移民局が察知できるようにしています。これはあまりに語学学校に入学したのはいいですが、学校にアテンドせず不法滞在者が増えているのと、別の目的(テロなど)でI-20を発行してもらう可能性が高いからです。 ですが、通常逮捕などなく、移民局の捜査官がきて強制送還をされてない場合で、そのまま退去されたのであれば、その後の入国には問題がないかと思われます。もしも半年オーバーステイでしたら1年間の入国拒否を受けるので、そろそろその期限が切れている可能性があります。その場合は入国に問題はないはずです。この場合でも、逮捕や強制送還を入管のエージェントにされた場合のみをさします。 お客様はそのどちらにも当てはまってないのであればESTAでの入国に問題はないはずです。

アメリカの法律 についての関連する質問