JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

legalsos2011に今すぐ質問する

legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 169
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

アメリカでCITIZENSHIIPを取ろうと考えている27歳男性です。 現在GREENCARDにて滞在、雇用もされ

質問者の質問

アメリカでCITIZENSHIIPを取ろうと考えている27歳男性です。
現在GREENCARDにて滞在、雇用もされており、米国弁護士に
確認すると半年で取得可能です。
その場合の日本国籍の扱いについて教えてください。
できれば、日本国籍も持っていたいと思っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
質問者: 返答済み 1 年 前.
目的はフィアンセです。米国在学(大学院)中にしりあったインド国籍の女性です。彼女は卒業後米国企業に雇用され、VISAサポートを受けて米国労働VISA取得を申請してましたが、落選。帰国。その彼女と結婚をして、米国での生活をしたいと考えてますが、彼女にVISAが無いため
できません。これを克服するのがCITIZENSHIPと考えました。GREENCARD取得を申請しても2-3年かかるだろうと米国弁護士の考えでしたので。他の方法も含めて、よい方法があれば教えてください。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
こんにちは。アメリカ国籍を取得すると、日本国籍は喪失します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答に不満である為、やりとりを終了します。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 1 年 前.
了承しました。日本国籍を喪失せずにすみ、なおかつその女性とアメリカで生活できるかもしれない合法的な方法を一つ思いついたのですが、黙っておくことにします。どうぞカスタマーサポートより返金してもらってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
是非教えてください。
当方はその可能性を探っており、それを知ることを目的にメールさせていただいてます。
初回の御返答は一行にてあまりにもシンプルかつ周知された内容において、それ以上の可能性を感じさせないものであったかと思います。
私は退会する事が目的ではなく、自分のケースに活用できる回答を探しています。今、その可能性があるかもしれないとされるのであれば、
是非教えていただきたいと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
こんにちは。アメリカ国籍を取得すると、日本国籍は喪失します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
私は最後に貴方が記載された、「国籍を失わずに、なおかつその女性と生活できる、、、」という合法的な方法を教えて頂きたいと考えます。
宜しくお願いします。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
日本では国籍法において1国民は1つの国籍しか認めていません。
第十一条 日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日
本の国籍を失う。
2 外国の国籍を有する日本国民は、その外国の法令によりその国の国籍を選
択したときは、日本の国籍を失う。
http://www.moj.go.jp/MINJI/kokusekiho.html
こちらが法務省に書かれている国籍法の条文です。
ですので、合法的に2つ国籍を取得することはできません。
通常、アメリカ国籍を取得したら1か月以内に最寄りの領事館または大使館に通達しなければなりません。
ただ、日米間で誰がアメリカ国籍を取得しているかどうかのデータのやり取りはありませんので、アメリカ国籍を取得しても通常通達しないのが現状です。
少し前ですが、タレントの猫ヒロシさんがオリンピック出場のためにカンボジア国籍を取りましたね。彼はその時日本国籍を喪失して、未だにカンボジア国籍です。
ノーベル賞受賞した中村教授もアメリカ国籍を取得して日本国籍を喪失しています。
こういった話題性のある人たちは隠しようがないので、公表して日本国籍を喪失していますが、通常の場合隠している人が多いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
有難うございます。通常の場合、かくしている人が多いです。
という状態を選択すると継続的に実質的に二重国籍をKEEPする事が可能である。
と理解してもよろしいでしょうか。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
そうです。
二重国籍は可能になります。
必ず。。。
1)アメリカで結婚をした場合、領事館や大使館には婚姻届は出さない。必ず届け出は日本に帰国した時に市町村などで出す。
2)今の日本のパスポートが切れるときは必ずアメリカの領事館、大使館で申請しないで、必ず日本に帰国した時に申請をする。アメリカ国内で申請した場合、グリーンカードやビザの提示を求められます。
このようなことを気を付けてください。
最後に、二重国籍にした場合、このような罰則があります。
■日本国籍の喪失について
①国籍の喪失(国籍法第11条)
日本国民は、自己の志望によって外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。
②国籍喪失届の提出(戸籍法第103条)
国籍喪失の届出は、届出事件の本人、配偶者又は4親等内の親族が、国籍喪失の事実を知った日から1箇月以内(届出をすべき者がその事実を知った日に国外に在るときは、その日から3箇月以内)に、これをしなければならない。
③旅券の失効(旅券法第18条)
旅券は、次に該当する場合には、その効力を失う。
旅券の名義人が死亡し、又は日本の国籍を失った場合
④罰則(旅券法第23条)
次の各号のいずれかに該当する者は、5年以下の懲役若しくは3百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
1:この法律に基づく申請又は請求に関する書類に虚偽の記載をすることその他不正の行為によって当該申請又は請求に係る旅券又は渡航書の交付を受けた者
(刑法第157条)
2:公務員に対し虚偽の申立てをして、免状、鑑札又は旅券に不実の記載をさせた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
今のところ、これで罰則を受けたという話を周りで聞いたことはありませんが、時々密告などでばれて罰則を課されることがあるようです。
海外にいると日本では出会ったことのないとんでもない人たちに出会うことがありますので、気を付けてください。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
よろしければ評価の方もよろしくお願いいたします。
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 169
経験: Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
大変有難うございました。参考になりました。
「前向き」に検討できそうです。
①永遠に(つまり死亡するまでという事になりますが)二重国籍は上記の方法で可能性としはある。
②子供が出来た(USAで出産)とすれば22歳に日本国籍と米国籍を取る事は同様に可能。
と考えてもよろしいでしょうか。
③GREENCARDをもって10年近くになります。この場合CITIZENSHIPに変更する手続きは比較的簡易で
半年くらいで入手できると聞いています。間違いないでしょうか。
☆申し訳ないですが、他のもっと簡易で完璧に合法な方法はないでしょうか。何度もすいませんが、どうぞ教えてください。宜しくお願いします。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
ごめんなさい
簡単な方法とは市民権を取得する簡単な方法ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
失礼いたしました。言葉足らずでした。
息子27歳 米国大学院卒業 米国現地企業にフルタイム雇用。永住権にて滞在。
フィアンセ 同年代 米国の同じ大学院卒業。H1を取得しようとして失敗。インドに帰国。
という状況で、フィアンセとの結婚、合法的米国滞在、米国でのフィアンセのフルタイム雇用。
が目的です。市民権はその唯一の手段かと考えてました。
他に手段があればと考え、お聞きしました。市民権、二重国籍となると違法性を含み、
なかなか逡巡もいたします。
フィアンセの父親はインドでの実業家で、フィアンセと同じ事業範囲での仕事をされてます。
彼も将来米国在住権をなんらかの形で(投資等)考えている都いう背景ありますので、
お伝えいたします。
これがすべての状況で、何か別の良い方法があれば御教示ください。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
それではこの質問はお父様が息子さんのためにされているということなのでしょうか?
1)通常の場合
片方がアメリカに住んでいて永住権保持者、配偶者となる方が多国籍でアメリカで仕事のビザを持ってない場合は、確かに息子さんの様な場合は永住権を市民権に変更しないと、フィアンセの永住権申請はできません。できなければフィアンセの方は滞在権がありませんから、年間90日しか一緒にアメリカで暮らせないルールとなっています。その場合はどうしても市民権を取る必要性があります。永住権でも配偶者の永住権を申請できないことはありませんが、通常10年ほどかかる可能性があります。
2)もしも今からフィアンセの方が就職活動をされ、どちらかに雇えわれて就労ビザを取得した場合、そのビザが切れるまで、そのままで市民権や永住権申請はしなくてもよろしいかと思います。皆さん永住権を結婚と同時に手に入れたい原因の一つは、配偶者といつも一緒にいたいということです。この方法以外は一緒にアメリカに滞在できる方法がないからです。通常の場合、配偶者の片方は仕事を持っていますが、もう一方は仕事がなくアメリカに滞在できる権利がありません。ですから焦るわけです。今現在、奥さまとなるかたがフルタイムで仕事されているのであれば、そのままビザが切れるまでその会社で仕事をして、もしもその会社の方から永住権申請をしていただけるのであれば最高な話だと思います。そういう話はいくらでもあります。普通、その永住権申請の費用を会社でもたなければならず弁護士の諸費用など300万円ほどかかるので、嫌がる会社があります。もしもフィアンセの方のご家庭に余裕があるのでしたら、例えばスポンサーは会社になってもらい、その諸費用はフィアンセの方がもつということで話をもちかけてみてはいかがでしょうか?この場合、その会社の規模もかかわってきますので、会社の一度相談をしてみてください。
ただしこれにはデメリットがあります。
就労ビザの場合、その会社で首になる、何等かのリストラがある、どうしてもその会社に合わず自分から辞めた場合、この就労ビザは即時に効力をなくし、そしてもしも永住権申請をしている場合はその効力も失います。そういう不安定要素があります。
就労ビザの場合、ビザの種類によっては最長5年の延長ができます。
3)投資ビザの場合、アメリカには投資をしてそれによって永住権を取得できるという連邦政府のビザがあります。毎回、今年で終わり、来年までというので、正確なことは移民法の弁護士さんに確認した方が良いです。そうでなければ、フィアンセのお父様の会社のアメリカでの支社を作り、その社長または統括マネージャーということでE2ビザを取得することも可能です。その場合は、その規模によってアメリカ人を何人雇わなければならないなど色々と条件がありますので、その辺場移民法の弁護士さんに確認してみてください。E2やL1ビザの場合、そちらから永住権申請をすることができます。
もしも両方が永住権保持されるのであれば、息子さんが無理矢理市民権を取得することはなくなりますし、二重国籍の件で日本サイドへの配慮もしなくて良いかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
すぐに効果を狙うため、まずは市民権を取得。フィアンセが永住権を取得。
その後、市民権を返却。となると、息子の永住権もなくなっているので
元には戻らない。日本人として通常の制約が米国生活についてかかってくる。
ただし、その際に息子は米国で専門的キャリアを積み、米国の会社に雇用され
VISAサポートを受ける。
となれば、永住権同志米国で生活ができる。
長期にわたる計画であり、その通りいかないときは、市民権放棄をせず
そのまま二重国籍を継続する。という考え方はいかがでしょうか。
というのも、米国に投資をして支店を作り、、、という案もいいかなとは思いましたが、
すぐに手をつけられる案とは思えないので。
なんどもすいません、非常にわかりやすい解説をいただいており、大変ありがとうございます。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
永住権を取得して市民権を取り、市民権を放棄してまた永住権を取得というのは辞めた方が良いです。
アメリカは全部背番号で管理されていますので、一度放棄するとよほどのことがないと再度永住権取得は難しくなります。
実際に私のクライアントでE2ビザを更新しなかった方がいました。忘れていて更新しなかっただけで大意はありません。でもそのあとどのビザも却下され、今ではブラックリストに載ってしまい、彼はアメリカに来ることもできません。観光もダメです。
そういう可能性が出てくるので、そういう考え方は辞めた方が良いです。
ですから、みなさん、アメリカの国籍を取得してそのまま隠しているのです。
ブラックリストに載ってしまうよりかはマシですからね。
質問者: 返答済み 1 年 前.
では、そんなに重く考えずに、取得できる立場にいるという優位性を利用させてもらい、取得をして、
必要なときには使い、あとは隠しておく。
ということが今現状がからみると最適解だろうということでよろしいでしょうか。
もちろん、フィアンセが米国企業に雇用されベットVISAが取れればそれに越したことがないが、
という注意書き付きで。(ただ、その時間を考えるとその選択肢は限りなくないかなと思っていますが。)最後に、子供が生まれた場合は、やはり二重国籍を行い、同様の展開となると理解してよろしいですか?
もちろん、この場合はフィアンセの国インドでもどうするかという選択肢が増えますが、そこまで先はもう
わからないことだなとおもっていますが。コメントいただければ大変ありがたいです。色々と貴重なアドバイス頂きありがとうございました。
専門家:  legalsos2011 返答済み 1 年 前.
はい、それで良いと思います。
特に婚約者の方がいらっしゃって、お待たせしているのであれば仕方のないことです。
私の友人はあまり考えなしでアメリカ国籍を取得しました。
お父さんが亡くなった時にお母さんを引き取るためです。
ですが、お父さんは全然なくならず、お母さんはずっと日本暮らしなので、先日永住権を放棄しなさいという連絡がHomeland Securityからきました。
永住権はあくまでアメリカに滞在するためのビザですから、フィアンセの方がそのようなことがないように願います。
Homeland Securityはちゃんと何日間アメリカに滞在しているかを数えています。
お子さんの件ですが、お子さんが20歳になってどのような人生を歩むのかはお父様も親である息子さんもわからないと思います。親御さんがアメリカで生活するとなれば、自然と特別に日本国籍にこだわらずアメリカで生活をされるかもしれません。
私個人としてはお客様のお孫様が成人するまでに日本の法改正があり、二重国籍を認めるような社会になってほしいとは思っています。
最後に補足ですが、日本人で他の国籍を取得した方は、元々の戸籍などがちゃんと日本に残っていますので、どうしても日本国籍に戻したい場合は、二重国籍がばれて日本国籍を喪失したばあい、日本の法務省に国籍の回復を願い出ると通常は半年くらいで日本国籍を取得できるようです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3318
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3318
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    441
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問