JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 200
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

こんにちは。カリフォルニア在住の日本人です。日本企業の駐在員をしています。別の日本人駐在員の奥様とアメリカで不倫関係にありました。ご主人に発覚し、日本で提訴されるのがいやなら示談し

解決済みの質問:

こんにちは。カリフォルニア在住の日本人です。日本企業の駐在員をしています。別の日本人駐在員の奥様とアメリカで不倫関係にありました。ご主人に発覚し、日本で提訴されるのがいやなら示談しろと言われ多額の慰謝料を支払いました。先方は日本の弁護士作成の示談書を用意してきてサインさせました。アメリカではこのようなことは違法だとききましたが、じっさいはどうなのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
こんにちは。「このようなこと」というのが具体的に何なのか分かりづらいですが、「日本で提訴しない代わりにお金を払う」という和解契約に自主的に同意したのであれば、その契約は有効に成立している可能性は考えられるでしょう。とすれば、お金を取り返すのは難しいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
アドバイスありがとうございます!私が聞いたところでは、まず私は日本人であってもカリフォルニア居住者なので、カリフォルニア法が適用される。また不倫行為もアメリカで行われた。カリフォルニアでは不倫行為を理由に慰謝料を求めることはできない。にもかかわらずカリフォルニア州の弁護士資格を持たない日本の弁護士が示談書を用意しサインをさせたことは違法性がある。この論法は無理があるのでしょうか?
そもそも国籍が日本であれば、今回のケースでも日本で慰謝料を支払う義務が生じるのでしょうか?
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
1. 「私が聞いたところでは、まず私は日本人であってもカリフォルニア居住者なので、カリフォルニア法が適用される。」民事訴訟では被告地主義と言って、一般的には被告(訴えられる側)が住んでいる場所で訴訟は提起されます。
2. 「カリフォルニアでは不倫行為を理由に慰謝料を求めることはできない。」求めることはできます。不倫行為のみを理由に慰謝料を支払う法的義務はおそらくないと思われます。にもかかわらず、和解契約に自主的に同意したのであれば、その和解契約が支払い義務の法的根拠にはなり得ます。
3. 「にもかかわらずカリフォルニア州の弁護士資格を持たない日本の弁護士が示談書を用意しサインをさせたことは違法性がある。」和解契約を用意するのに弁護士資格は不要です。
4. 「今回のケースでも日本で慰謝料を支払う義務が生じるのでしょうか?」日本で慰謝料を支払う法的義務があるかないかは、アメリカ法ではなく、日本法で決まるので、日本資格の法律の専門家にお尋ねください。
私はアメリカ資格の弁護士で、私がここで言っていることは一般的にアメリカではという前提です。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
詳しく教えていただいてありがとうざいました!

アメリカの法律 についての関連する質問