JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 182
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

ESTAの申請をする際に "Have you ever been arrested or convicted for

解決済みの質問:

ESTAの申請をする際に "Have you ever been arrested or convicted for a crime that resulted in serious damage to property, or serious harm to another person or government authority?" (他者あるいは政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けたりしたことがありますか?)という質問がありますが、逮捕歴があってもこれらの条件に該当しない場合の答え方は "No" でいいのでしょうか?ちなみに、逮捕歴は未成年(17歳)のときに犯してしまった万引きで(デパートで四千円ほどの眼鏡を盗もうとしました)、逮捕後に警官に警告はされましたが起訴はされていません。後にも先にも逮捕歴はこの一回だけです。万引きについてはもちろん心から反省していますが、これが "arrested or convicted for a crime that resulted in serious damage to property, or serious harm to another person or government authority" だとは思えません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.

その万引きは日本でですか?アメリカですか?

日本での話でしたら、私は必要性ないと判断します。

NOとされても良いと思います。

どうしてかと申しますと、まだ日本とアメリカの間での犯罪者のデータ交換のシステムができてないからです。

今年から来年をめどにそういうシステムを確立することになっていますが、今のところ殺人、麻薬、テロ行為などの重罪を対象にする予定で、万引きまでの軽犯罪までのデータ交換には至っていません。

それと、お客様がおっしゃる通り、シリアス度の面からみた場合、お客様の未成年時の軽犯罪はこのESTAの質問事項には当たらないと思います。

もちろん、それは入管の審査官の判断によるでしょうけども、先ほども書いたように、日米間の協定がまだ確立されていませんので、日本で起きた事件であれば、入管で止められることはないと思われます。

どうか、入国時には向こうから聞かれた質問だけに答えるようにしてください。

この万引きの件は一切言わないようにしてください。

良く質問者の中で、必要以上に話をしてしまい、それが原因で別室行になることが多いです。是非、入管で質問されたことだけに答え、後は何もおっしゃらないのが無難です。

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問