JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

私は2010年頃にエマージェンシーの病院に行き、$1500位の請求書を後日受け取りました。病院に行く前に私の保険会社

解決済みの質問:

私は2010年頃にエマージェンシーの病院に行き、$1500位の請求書を後日受け取りました。病院に行く前に私の保険会社に確認した所、そこのエマージェンシーの病院は提携していると言われたのに、後日その請求書は保険会社は払わないと言われたので、何度か交渉するためその病院と保険会社に電話しましたが、請求額は変わりませんでした。そしてその後コレクションエージェンシーから支払いの請求が何度か来て、こちらの状況を伝え交渉をしましたが何も変わりませんでした。それからしばらく経ち、コレクションエージェンシーから請求額を下げるから支払うよう言われました。しかしその時もう帰国が迫っていたので、結局支払わずにそのまま帰国してしまいました。その後2年前にアメリカ人と結婚したため再度渡米して戻ってきたのですが、その時の未払いがクレジットヒストリーにどう影響しているのか心配です。7年たつとヒストリーが消えるというのは本当なのでしょうか?今は夫のクレジットカードと同じ番号でクレジットカードを作りそれを使っています。特にローンを組みたいとかということはないのですが、就職する際にそのヒストリーを就職先に調べられ、落とされるということがあるのか心配です。今は会計士を目指して、大学に通っています。就職活動は早くて3年後の予定です。これから支払うとなると利子がどれだけついているのかなども心配ですが、今からでも払った方が良いのでしょうか?それとも7年経てばそのヒストリーも消えるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 2 年 前.
eokuyama :

NY

eokuyama :

NY州弁護士の奥山です。

eokuyama :

2010年時はSSNもなかったという理解でよろしいですか?旅行者保険で病院にかかった?ということですか?

eokuyama :

アメリカに戻られて、結婚されて、SSNを取得したということであれば、以前のコレクションのアクションと現在のSSNは結びつきませんので、また、結婚されてお名前も変わっていることから、高い確率でクレジットヒストリーを毀損していないと思います。

eokuyama :

クレジットレーティングはご覧になっていますか?

eokuyama :

アメリカ人のご主人様はお詳しいと思います。取り方ですとか、様々なサービスですとかに関して。私も会計士でもあります。勉強頑張ってください!

Customer:

2010

Customer:

2010年の病院にかかった時点ではJ1ビザでアメリカに滞在していたためSSNはありました。もちろん結婚後も名前は変わりましたが同じ番号です。病院にかかった際にその番号を提示しました。

Customer:

クレジットレコーディングも見てみようとおもいます。コレクションエージェンシーからの請求もありましたし、間違いなくヒストリーとして残っているのではないかと心配ですが、このような場合どのような影響が就職活動において予測されますでしょうか?

eokuyama :

コレクションエージェンシーが現在もコンタクトして来ているのですか?

eokuyama :

就職活動への影響はほとんどありません。保険会社が払うと言っていたものが払われなかったので、残っているという説明が立派に成り立ちますし、コレクションエージェンシーはあなたの債権を多分2−300ドルで買っておりますので、6割くらい(900ドルくらい)回収できれば大儲けです。取れなくても、更に別の会社に100ドル以下で売っているでしょう。実損は100ドル程度ですので、他で取り返せば良いとおもっていると思いますよ。ですので、あまり気にされなくて良いと思います。1500ドルで訴えられることは、現在別の州や町に住んでおられれば、さらになおさら考えにくいです。

Customer:

そうなのですね。コレクトエージェンシーからは5年前から連絡はきていませんし、住む町も今は違う町に住んでいます。

Customer:

ただ就職希望の職種が会計士なので心配しています。会計士を雇う側の面接官は、クレジットヒストリーを他の職種より厳しく細かくチェックするという噂を聞いたのですが、それも心配ないのでしょうか?それと、一番初めにも質問したのですが、7年経てば、悪いヒストリーは消えるというのは本当でしょうか?それが本当だとすれば、あと2年程消えるのかなと願っているのですが。

Customer:

あまりにも心配なら、全てきちんと支払った方が良いのではと友達にすすめられたのですが、それが良い決断なのかわかりません。(支払先の情報も実は失っているのですが)

Customer:

どう思われますでしょうか?

eokuyama :

お返事が遅くなりました。

eokuyama :

7年でCredit Historyが消えるは本当です。

eokuyama :

7年か8年で消えるはずです。

eokuyama :

ですので、本件はあまりご心配にならずしっかり勉強して、CPA試験を一発合格して、就職できるように頑張ってください。

eokuyama :

支払先もわからないでは支払いも出来ませんよね。どうか気にやまずにいてください。

Customer:

そうですか。それを聞いて安心しました。この件については忘れることにします。ありがとうございました!

eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問