JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

この相談は有料ですか? 私は3日前にアパート夜に妻と口論となり妻を押して首に手をかけました。窒息はないです。話すのをやめさせるためにしました。そのご、妻とともに喧嘩したまま就寝し

質問者の質問

この相談は有料ですか?
私は3日前にアパート夜に妻と口論となり妻を押して首に手をかけました。窒息はないです。話すのをやめさせるためにしました。そのご、妻とともに喧嘩したまま就寝し、気づくと妻は家にいなく、警察が入ってきて逮捕されました。初犯ですし、ドラックとかしてない普通の留学です。日本でも仕事があります。当日Jailに連れていかれ、翌朝裁判が刑務所であり、罪名と1000ドルの保釈金で釈放されましたが、家族との接見が禁止となっています。私はJ1で留学できており、2月にビザがきれ3月には日本に帰る予定となっていました。次回、裁判があります。私はどうなるのでしょうか?また、いつ子供たちに会えるのでしょうか?無事家族で帰国できるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちは。ご質問ありがとうございます。ジャストアンサーは有料質問サイトです。参考になりましたら、回答には評価をしていただくようお願いいたします。プラス評価がないと、前払いしていただいた料金が、専門家に報酬として一切支払われないので、よろしくお願いします。ご不明な点がありましたら、マイナス評価ではなく、返信機能をご利用いただき、再度ご不明な点をお尋ねください。この質疑応答は有料です。そのことを理解いただいたうえで、継続しますか?

JACUSTOMER-c9bbdx4h- :

はい。継続してください。

Customer:

まず弁護士を雇ってください。そして、弁護士に2月に滞在資格が切れる予定であることを伝えてください。アメリカでは家庭内暴力を厳しく取り締まっています。そして、弁護士を代理人にたてて、検事と司法取引するのですが、その時に、査証が切れたら日本に帰っても良い、そして被害者である配偶者とのno contact order (接触禁止命令)はno hostile contact order(不適当な接触はしない命令)に変えるなどの条件を、司法取引で、交渉してもらい、事件の解決を図ることが考えられます。

JACUSTOMER-c9bbdx4h- :

no hostile contact order(不適当な接触はしない命令)とは一緒に暮らせるのでしょうか?そして一緒に日本へ帰れるのでしょうか?先ほど知人から妻が私が逮捕され罪が問われることを望んでいないといわれました。Lawyerはpublic defenderを紹介されましたがまだ会えていません。次回の裁判で取引をするのでしょうか?

Customer:

No hostile contact orderであれば、一緒に暮らせます。司法取引は外でout of court行われます。

Customer:

「妻が私が逮捕され罪が問われることを望んでいないといわれました」というのが事実であれば、陪審裁判のときに被害者である妻が証言を拒むことにより、妻の証言以外に証拠が何もなければ、検事は起訴を続行することが難しくなるのですが、それだと陪審裁判まで待たないといけないので、2月や3月に日本に帰る予定が厳しくなってくるでしょう。予定通り、2月か3月に「一緒に日本に帰」りたければ、陪審裁判を待つより、司法取引で解決するほうが現実的な選択といえると思います。

Customer:

Public Defenderは低所得者のための公費補助の弁護士で、JACUSTOMER-c9bbdx4hさんが所得制限基準を満たすならpublic defenderにやってもらっていいのですが、所得制限基準を満たさないなら、Public defenderはJACUSTOMER-c9bbdx4hさんが私選弁護士を見つけるまでの間だけ臨時に代理するにとどまります。

JACUSTOMER-c9bbdx4h- :

返答が遅くなりました。弁護士さんを雇いました。私の罪はオーバーだと言われました。一方で私のJ1ビザが取り消されたと、申請地の大阪のアメリカ領事館に至急来てくださいとメールで連絡がきました。私はJ1ビザがない今、裁判もありますし、家族もいますしアメリカに滞在することはできるのでしょうか?今、弁護士さんがimmigrationを専門とする弁護士さんと連絡してくれていますが不安です。どうなるのでしょうか?

Customer:

ジャストアンサーでは一回のご質問の有効期限を投稿のときから一週間とさせていただいております。追加料金で延長はできます。「私のJ-1ビザが取り消されたと、、、、とメールで連絡がきました」ということですが、そのメールの差出人は誰ですか?詐欺メールかもしれません。J-1資格のスポンサーがスポンサーをキャンセルしたということですか?「私の罪はオーバーだと言われました」の意味がよく分からないのですが、たいしたことないことで起訴したという意味ですか?もしそうなら、それはたぶん検事にとってはあまり関係ありません。どうなるのか?というご質問ですが、先に回答したとおりです。司法取引が始まって、検事からのオファーを取るか、裁判で争うかという選択を、弁護士と相談して決めることになります。

アメリカの法律 についての関連する質問