JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 201
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

ESTA/ビザに関する質問、ご回答いただければと思います。 38歳の会社員ですが、米国への海外出張の為にビザ取得の

解決済みの質問:

ESTA/ビザに関する質問、ご回答いただければと思います。
38歳の会社員ですが、米国への海外出張の為にビザ取得の必要があります。
2013年9月に米国ハワイに渡米しましたがその際に空港の入国カウンターで数時間に渡り、足止めされました。結局今回は特別にということで入国されましたが、理由は1996-2000年に大学に留学した際に残っていった私の拘留歴?といった内容でした。大学卒業後、何度も問題なく渡航しておりましたのでハワイで止められた際も何が理由か正直分からない状況でした。
大学留学時に母と一緒に暮らしており、その際に母と口論になりました。もみあいになり結果、母が鼻の骨を折ってしまい、慌てた私が救急車を呼びました。結果、警察の方がやってきて手錠をかけられるという惨事になりました。当日、拘留所にいれられましたが当日中に母自身がベイルアウトをしたという一件がありました。
この事件が1998年頃でしたので、それから16年経ってのハワイでの足止めという経緯です。
ハワイで止められた際には入国管理の方に次回からはESATAの犯歴のところにチェックマークをいれるように言われました。2014年に仕事での米国出張の際にESTAの申請中、犯歴にところにチェックマークを入れたところ当然のESTAは却下、出張自体を取りやめるということになりました。
今年、再び米国への出張の可能性がでてきてしまったので、ビザ取得方法を含めてご相談させていただきたく、こちらに質問を書かせいただきました。
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちは。ご質問ありがとうございます。ジャストアンサーは有料質問サイトです。参考になりましたら、回答には評価をしていただくようお願いいたします。プラス評価がないと、前払いしていただいた料金が、専門家に報酬として一切支払われないので、よろしくお願いします。ご不明な点がありましたら、マイナス評価ではなく、返信機能をご利用いただき、再度ご不明な点をお尋ねください。

「大学留学時に母と一緒に暮らしており」というのは、アメリカ国内で一緒に暮らしていたということですか?その件で有罪になりましたか?有罪になったとしたら、有罪になった罪状は何ですか?有罪にはならず、逮捕だけされたということですか?「該当する国または州:女性」とありますが、どういうことですか?

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

アメリカ国内で母と一緒にくらしておりました。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

罪状は詳細には記憶してないのですがfelonyレコードが残ったという記憶があります。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

州はカリフォルニア州になります。

Customer:

お返事ありがとうございます。「felonyレコードが残った」というのは、逮捕歴だけですか、それとも有罪歴ですか?逮捕だけされて有罪にはなっていないのと、暴力を伴うfelonyで有罪になったのとでは、結論が異なる可能性が考えられるのですが。逮捕歴だけなのか、有罪歴もあるのか判断するのは、弁護人が代理人についたか、裁判所に行って有罪を宣告されたかということなのですが。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

すみません当時の資料を探しておりまして時間がかかってしまいました。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

当時の資料を確認すると弁護士が付き、CONDITIONS OF PROBATIONの用紙があり、

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

The defendant having been convicted of misdemeanor violation(s) fo Section(s) 242 pc,...とかかれています。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

PROBATIONは12ヶ月間に及ぶもので、この間に6回のカウンセリングを受けるというものでこれをcompleteをしております。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

DOCKET, MINUTE AND COMMITMENT SHEETには

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

E. Motions / Amendaments / ordersのエリアでは

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

4.Complaint amended on its face to add CT# "II" a violation fo section 242 pcにチェックマークが付けられています。

JACUSTOMER-g2vud2sv- :

当時の記憶を読みながら思いおこすと、インフォーマルprobationを受けて、罪状を受けてない状況であったと記憶しております。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
こんにちは。「インフォーマルprobationを受けて、罪状を受けていない状況」というのは、正確な法律用語で記載されていないので、どういうことなのか分かりにくいのですが、こちらの文面を拝見して申し上げますと、JACUSTOMER-g2vud2svさんは有罪になっていると思われます。ESTA渡航認証以外の方法で、米国に出張のために渡航するには、Bビザを申請するという方法があります。

アメリカの法律 についての関連する質問