JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 182
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

逮捕歴ありのアメリカ観光ビザ取得について 昨年、日本国内で逮捕、起訴され有罪判決を受けました。罪状は県青少年保

解決済みの質問:

逮捕歴ありのアメリカ観光ビザ取得について
昨年、日本国内で逮捕、起訴され有罪判決を受けました。罪状は県青少年保護育成条例違反(淫行)でした。相手の実年齢は当時17歳でしたが、18歳と偽られていました。
そこで質問なのは、この状態で家族旅行で渡米のためにビザを取得できる可能性についてです。
・未成年との淫行を罰する基準は、アメリカと日本ではことなると思うのですが、相手が17歳で合意であってもアメリカは厳罰と見なすでしょうか。
・一度ビザ申請を却下されてしまうと、再チャレンジしても見込みは絶望的なんでしょうか。
・逮捕歴がある者へのビザ発給は、かなり難しいと聞きますが、この罪状ですと特に厳しいのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
アメリカの入管はお客様の罪状の内容よりも逮捕、起訴歴を重視します。今のESTAでは、器物損害、人に対して、そして政府に対してシリアスなダメージを与える逮捕起訴歴があるか?と質問されています。具体的な内容を示していません。普通は、殺人、麻薬、テロ行為などを思い浮かべますが、入管の審査官は独自の権限を与えられていますので、お客様の罪状をシリアスなダメージと判断されるかもしれません。
未成年に対する犯罪はアメリカの方が厳しいです。ですから、親は小学生の子供を例え高学年でも、一人残して買い物には行きません。ニグレクトしたと見なされ、最悪の場合は有罪で一生子供には会えない場合もあります。ですから、必ずベビーシッターを頼みます。日本の様に私立の小学生が一人で電車に乗って通学もダメです。そのくらい、未成年の保護は厳しいです。
お客様の場合、裁判記録をビザ申請の時、提出を求められます。お相手が未成年だったことは記載されていますので、合意があったとしても、印象は悪くなる可能性が高いです。
もしも、ビザを却下された場合、余程の大きな変化や改善がない限り同じビザの申請は出来ないと書面で連絡がきますから、難しい状況となると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。ネグレストについては私も認識していましたが、たしかに日本の感覚とはかなり異なりますね。

先生の、別の方への回答の中でESTAの質問についての解釈を書かれているのを拝見しました。私の件も、同様な解釈が出来ないか調べてみましたのでご意見を聞かせてください。

※私の行為を肯定するような書き方に見えるかもしれませんが、猛省しておりますので誤解なきようお願いいたします。

ESTAを利用するにあたり、下記の質問にNOと答えられるのではないかと考えます。理由は次の通りです。

2) 他者あるいは政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けたりしたことがありますか?

・理由1

この和訳を文面通りに解釈すると、私の起訴内容では該当しないとも読み取れる。

さらに詳しくヘルプを見ると、説明にはこうあります

「この質問は不道徳な行為に関わる犯罪に関するものです。このような犯罪は通常、一般に認められた道徳規範や人あるいは社会全般への義務に反する本質的に卑劣で下劣で堕落した行為に関与しています。Immigration and Nationality Act(米国移民国籍法)では、犯罪者の年齢または犯罪を犯した日付けなどの要因が、不道徳な行為に関与する犯罪と見なされるか否かに影響することがあります。」

・理由2

ヘルプの原文にあるmoral turpitudeの中には、Statutory rape(法定強姦)とある。これが、未成年者との性交渉にあたる部分だと思われるが、私の行為(17才と成人の性交渉)は、日本の法律と照らし場合において法定強姦には該当しない。また、アメリカの法律でみても州により異なるが、直ちに法定強姦であるとの解釈には至らないのではないかと読み取れる。※英語が堪能ではないので、部分的な和訳ですが。

理由3(将来的にも2国間で共有されない。つまり、ばれないと思われる理由)

「重大な犯罪の防止及び対処に関する協定」(PCSC協定)に関する記事を読むと、「指紋を照会できる対象は、懲役3年以上の犯罪」を原則とし、懲役1年以上の犯罪ついては、協定書の付属書に別途盛り込むことで折り合った。と書かれており、私の罰金50万円の判決は、そもそも2国間で共有されないのではないか。

以上の三点です。

結局は、入国審査官独自の裁量になってしまうので、どこまで考えても安心は出来ないのかもしれません。この解釈でESTAを使って渡米するにしても、理由1、2の主張を英訳した書面を用意しておいて、入国審査で別室行きになった場合に主張できるように準備もします。

家族の心情も配慮して、家族旅行(ハワイ)の前に、まずは自分一人で行ってみようかとも迷っています。

専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございました。
1)その通りです。文面をそのまま解釈した場合、お客様はNOと記載できると思います。ESTAで入国される場合は、質問されたこと以外は何も話さないことです。日米間ですべての犯罪歴のデータ交換をしようとしていますけど、まだ確立されていません。
2)RapeはあくまでRapeです。お客様の場合は、合意のもとでの交渉だったのですよね?それであれば、これには該当しません。ただ相手の方が未成年であったため、条例違反となったわけですから、Rapeではありません。
3)1)でも申しましたように、そういうシステム確立をしようとはしていますが、今はデータ化されていません。またデータ化を確立しても、殺人、麻薬、テロ行為など、重罪にあたるケースが最初データ交換の対象となる模様です。お客様のデータはまだ交換されていません。
ですが、入管はプロの職質です。うまく家族と一緒に入国できればOKですが、この人何か隠しているかも?と判断され、別室行になった場合、お客様の犯罪歴を照会され、入国拒否にあう可能性もあります。
判決が出たときの書面はもらっていますか?一番はそれを英文化してもらい、お持ちになるのが良いかもしれません。ですが、あくまでそれは止められた時のみ使うようにしてくださいね。最初から出したら入国できる可能性が低くなると思います。
一番はアメリカで逮捕されないことです。
アメリカで逮捕された場合、無罪になったり、不起訴になっても、逮捕歴は一生ついてまわります。判事さんに逮捕歴のシールドを頼み、その請願がかなった場合のみ初めて逮捕歴を抹消してもらえます。ですから、アメリカで逮捕されないように気を付けてください。
ハワイは他の場所と違い一番厳しい入国審査の場所です。それも頭の隅に留めておくことも大事です。ハワイは一番の人気観光地ですから行きたいのは当たり前なのですが・・・その反面、中国の人たちが最近ハワイに来て違法に赤ちゃんを産んでいくケースがあり、それを取り締まっていますので、外国籍の入国審査を厳しくしています。サイパンではすでに70%の出産が中国籍となってしまい、かなり厳しく取り締まっています。お客様が出産されるわけではありませんが、出産に伴い、色々不法滞在や不法就労をする可能性がある人たちを取り締まっているのは確かなので、気を付けてくださいね。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます
安心できました。
一点気になるのが、Statutory rape(法定強姦)の解釈についてです。
たしかに私は合意でしたが、これが仮に相手が13歳未満であれば合意の上であっても法定強姦が成り立ちます。
なので、私は日本の法律で言えばStatutory rape(法定強姦)には当たらず、ESTAの質問にはNOと答えられると解釈しました。ただアメリカの法律に照らされた場合は、州によっても異なると思いますがStatutory rape(法定強姦)に当たると解釈されないか心配です。
難しい質問だと思いますが、この日本とアメリカの法律の違いは、入国審査官?はどのようなスタンスなんでしょうか?もちろん、万が一別室行きになった場合の主張ですが。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
入国審査は連邦政府の管轄です。
しかもお客様の場合、アメリカ国内での犯罪ではありませんし、アメリカ国内で逮捕歴があるわけではありませんから、どの案件も別室で取り調べ・確認後、入管が入国を却下した場合は、そのまま次の日本行の便で帰ってもらうことになります。
入国審査はあくまでアメリカに危険をもたらす人物・事案を探して入国前に阻止することが目的です。
もしも別室行になった場合のことを考えて、英文で判決文を用意しておくことをお勧めします。
ちなみにハワイ州のStatutory Rapeは下記のとおりとなっています。
Hawaii
§ 707-730
First-degree sexual assault to knowingly engage in sexual penetration (1) with someone under age 14 or (2) with someone between age 14 and 16 when the offender is more than five years older.
An indeterminate term of 20 years in prison
ですので、お客様の場合は相手が17歳ですので、問題はありません。
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問