JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

legalsos2011に今すぐ質問する

legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 169
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

初めして。LAにアメリカ人の彼氏が居て、4年の付き合いになります。去年1年で5回渡航して、渡航回数・頻度が多すぎると

質問者の質問

初めして。LAにアメリカ人の彼氏が居て、4年の付き合いになります。去年1年で5回渡航して、渡航回数・頻度が多すぎるということで次回からESTAでの入国は拒否となりました。因みに1年前くらいにも同じ理由で聴取室に連れて行かれました。犯罪歴は有りません。
その場合、渡航記録が残っているため他(学生・就業など)のビザ取得は難しいとオフィサーに言われ、結婚が一番有効とのことでした。
アメリカ人の他の友人に聞いたところ、アメリカにもK-1(フィアンセ)ビザがあるということでそれを勧められたのですが実際難しいと言われている状況で取得は可能なのでしょうか?
因みに前々からいつも入国の際や一度目の聴取室の際も「彼氏がいる」とオフィサーには伝えていました。
彼氏の職業や結婚の目処、何故結婚しないのか(彼には諸事情があり、結婚したくない人)などの理由を聞かれました。
彼に話したところ、アメリカンパスポートをイリーガルではなく購入するとかアメリカシチズンを買うなど言っていたんですが、本当にそんなことが可能なのでしょうか?
そしてビザの発給期間やこういった表向きではない?解決策はどの位成立するまでに時間がかかるものなのでしょうか?
不安なので伺いました。
御回答よろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
彼氏さんはお客様と結婚するつもりはないのですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
幼少期の両親の離婚などの影響で結婚に対してネガティブな考えしか持っておらず、本人も実業家であるため財産分与などの理由もあり結婚が面倒だとしか考えてないようです。話し合ってはいますが、今の所はありません。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
アメリカの移民局はお客様の様な状態の人を一番懸念しているのです。
1)アメリカ人の彼氏彼女がアメリカにいるため、渡米する
2)恋愛関係にはあるが、結婚することがなく、移民局への申請手続きがなく、何度も渡米を繰りかえす
3)そのうち、1年間90日間しかビザなしで滞在できないのに、その90日間を超えている
4)そのうち、行き来が大変となり、アメリカにそのまま滞在し、不法滞在となる
5)不法滞在をして、仕事をして、不法就労をする
こういう状態を危惧を考慮に入れて、入国審査の時に職質をかけられれるのです。
通常、アメリカ人の彼氏彼女がいる方たちは、入国審査の時に彼氏彼女に会いに来るとは絶対言いません。友人に会いに来た、留学のための学校を視察に来たまたは具体的にどこどこを観光でとしか言わないのです。彼氏彼女がいると話した場合、上記に列記したような疑いをかけられ、最終的にはこの人は不法滞在、不法就労というような法律違反をする可能性のある人物と判断され、入国拒否・国外退去・ビザの発給拒否を受ける場合が高くなります。
K-1ビザ(婚約ビザ)は取得は可能です。ですが、婚約ビザの申請はお客様ではなく、将来の旦那様になる彼氏さんが申請者とならなければなりません。結婚をするつもりがないのであれば、彼氏さんが婚約ビザの申請をしてくれるのでしょうか?たとえ婚約ビザを彼氏さんが申請してくれたとしても、このビザは取得してアメリカに入国してから90日以内に結婚をしなければなりません。お客様の場合、それは今は彼氏さんの事情でないと書かれていますので、虚偽をして婚約ビザを取得することになります。これが発覚した場合、最悪の場合、アメリカに向こう10年間入国ができなくなる可能性が高くなります。法律違反をするわけですから、最悪、2度とアメリカに入国できなくなる可能性もでてきますので、気を付けてください。
アメリカの法律で、米国パスポートやアメリカの市民権を購入することはできません。購入できたとしたら、それは違法です。どの様な場合でもアメリカで産まれてない場合は、一定のステップを踏んでから出なければ、アメリカの市民権を取得することはできません。
1)就労ビザ、学生ビザなどを取得
2)一定期間そのビザでアメリカに滞在した後、会社または配偶者から申請をしてもらい永住権(これもビザです)を取得
3)最初は仮の永住権取得。これを2年間所持
4)本格的な永住権取得後、アメリカ滞在が5年過ぎたら(その間アメリカを離れて旅行する、日本に帰国した場合はその日数はカウントされません)、アメリカ市民権を取得できる権利をもらえ、初めてアメリカの市民権の申請ができるのです
絶対、購入するなどと考えてはダメです。その場合、文書偽造で逮捕・起訴・収監される場合があります。刑務所に服役した後は、強制送還で日本に返され、二度とアメリカに入国できることはないでしょう。
彼氏さんと恋愛感情があるのですから、心情的に解決できる問題ではないとは思いますが、まずはこのままで良いのかをちょっと考えられてみてはいかがでしょうか?今の状態だと、今の彼氏さんと結婚しない限り、今後数年はESTAは拒否にあい、今の彼氏さんと別れたとしても、アメリカに入国はできない状態だと推察いたします。
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 169
経験: Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
評価ありがとうございます。
私も昔、結婚する意志のない彼氏とお付き合いしていました。
もう20年以上前の話ですけど、アメリカと日本を通い妻していましたので、お客様に気持ちは良くわかります。
その頃はこんなにテロ行為もなく、入国審査はさほど厳しくなく行き来に難しさを感じませんでしたけど、日米間の通い妻するのは精神的にも経済的にも辛かったです。
どうか、お客様自身のことを考えてあげてください。
本当にこれで良いのかどうなのか・・・
それを私は切に願っています。
また何かお悩み事があればご指名いただければご相談にのります。
今はJustAnswerでこうやって公開の書き込みではなく、メールで個人的なやり取りも追加サービスで可能となりましたので、色々とここで書けないこともご相談にのれるかもしれません。
どうかご自身を大事にしてくださいね。
質問者: 返答済み 2 年 前.
詳しい回答有難うございました。とても分かり易かったです。今のところ、渡航費・滞在中の移動費・食事代も全て彼が持ってくれていて、両親にも今回初めて実家に行きご挨拶させていただきました。経過としては良好だったのですが、今回このようなことが起こってしまったのでかなり困惑しています。一度この旨を伝えることにして経過を見ることにします。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
そうなんですか・・・
それは良い感じでしたね。
それに彼氏さんもそれだけ面倒見てくれているのであれば、後もう一歩なのではありませんか?
通常はそれだけの費用はもってくれませんからね。
もう一度結婚の話をされてみてください。
違法行為だけはダメです。
オバマ政権下でかなり移民局の取り締まりが甘くなり、でもオバマさんの人気がなく、去年の中間選挙で大敗をしてから、共和党の要望で益々移民局の取り締まりが厳しくなりました。
既に移民局のカスタマーサービスに電話すると最初にその厳しくなった旨のアナウンスが流れています。
ですから、二度とアメリカに入国できなくなるようなことだけはしないでくださいね。
頑張って。
応援しています。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3323
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3323
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    443
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問