JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 180
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

アメリカ本土・ハワイの旅行について 私は、今年5月に窃盗罪で逮捕されました。 留置場に入り勾留されましたが、相手

質問者の質問

アメリカ本土・ハワイの旅行について
私は、今年5月に窃盗罪で逮捕されました。
留置場に入り勾留されましたが、相手との示談が成立し
不起訴となり釈放されました。
今後、アメリカ本土・ハワイに旅行で行きたいと考えていますが
この場合は、ESTA申請はできず ビザを取得しないといけないのでしょうか?
顔写真・指紋は警察にて採取されています。
この情報は、アメリカに渡っているのでしょうか?
ビザ取得も確実ではないと伺っています。
ビザの取得に関しては、専門の移民弁護士の方にお願いするのが望ましいのか
ビザ取得代行会社?にお願いするのかいいものか、、、
教えていただければと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
現時点では、日米間で犯罪データ交換のシステムは確立していません。
一応協定はできていますが、こちらの記事に書かれているように懲役3年以上で2013年合意がなされています。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37247
その後、すべての犯罪者のデータ交換をしようと日米間で協議していますが、今のところ、データが自動的にアメリカにわたるようなシステムは確立していません。
ですので、お客様の場合、日本で逮捕されていますし不起訴になっていますし、指紋や顔写真はアメリカにはわたっていません。
ESTAにはこのような質問があります。
2) Have you ever been arrested or convicted for a crime that resulted in serious damage to property, or serious harm to another person or government authority?
こちらは酷い器物損害、傷害事件で人を傷つけた、または政府や行政当局に反する事案で逮捕・起訴されたことがあるか?と書かれています。お客様の場合、示談になっていますし、逮捕はされていますが、この3件の事案には当てはまっていませんので、NOにチェックマークをすることが可能です。
安心してハワイ旅行に行けますよ。
ただし!入国審査のとき、余分なことは言わないことです。入管のオフィサーに聞かれたことだけ話をして、自ら逮捕されたなど話さないことです。言えば、別室に連れて行かれ、国外退去になる場合もあります。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。
私が調べたのは、どのような理由であれ逮捕されたのであれば
ESTAでの入国はできないと言うものでした。
以下抜粋
ESTAを申請する方は、過去に犯罪歴が無いことが条件とされています。この犯罪歴とはどこまでが含まれるのかについてご説明致します。
犯罪歴(恩赦や大赦などの法的措置がとられた場合も含む)とは、有罪判決を受けたことがあるだけではなく、過去に一度でも逮捕されたことがある全ての方が含まれることになっています。
当社がCBP米国入国管理局へ問い合わせた際には『例え、その逮捕が誤認逮捕であったとしても逮捕歴がある以上、ESTA申請時には逮捕歴があることを正しく通知しなければならない』のだそうです。
また過去何年という期間についても一切考慮はされてはいないので、例え数十年前のことであっても逮捕歴がある以上犯罪歴に関しては正しく申告しなければなりません。
と言うことのようです、、、
それでもNOにチェックを入れて
ESTA申請 入国をしても問題はないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
実際はお客様が言われていることが前提です。
しかし、それを全世界の犯罪者データとつきあわせることは正直物理的に無理があります
予算もアメリカはありません
アメリカ逮捕歴があった場合、誤認逮捕、無罪を獲得された外国人は確かにアメリカ側にデータがあるので、入国拒否を受けます
お客様もまともに観光ビザを申請して、窃盗罪の履歴を警察署に文書にしてもらいビザ申請したら間違えなくビザは却下されるでしょう。
今現在、日米間でお客様のような犯罪歴のデータ交換がありませんから、今のところESTAで質問されている重罪には当たらないのでNoを選択できると言うことです。
お客様がアメリカに入国したいのか、犯罪歴と共にビザ申請してブラックリストに載せたいのか、それはお客様の判断次第だと思います
私はお客様の場合はESTAでno とチェックできるものと判断しています。
英文にはお客様の犯罪歴は当てはまらないと考慮しました
質問者: 返答済み 2 年 前.
早々のご回答ありがとうございます。
確かに、正直に申請をすることが望ましいとは思いますが
ビザを申請を申請しても通るのか
弁護士の方を挟んで申請して いくらかかるのか
それを考えたらですね、、、、
まだ、アメリカに行く予定はたっていないのですが
ここで質問をさせていただいたことを参考にさせていただき
対応していきたいと思います。
ご丁寧なご回答をいただきまして
ありがとうございました。
感謝しております。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
ESTAも大分質問事項が改訂されました
以前はもっと曖昧でしたが、重罪で逮捕、起訴歴と書いてある限りは、お客様は当てはまらないと考慮します
交通違反で逮捕される場合でも、では海外にいけないのか?と言う話になりますので、今のオバマ政権下では麻薬、テロリスト、殺人は必ずデータ交換をしようとしているようです
一番は法律違反をされないことが肝心ですから、お客様も気をつけて下さいね。
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
はい
私も自分が起こしてしまったことについては
本当に反省しております。
過ちを繰り返さないよう
日々過ごして参ります。
また、何かありましたら
よろしくお願いいたします
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
頑張って下さいね。
評価ありがとうございました!

アメリカの法律 についての関連する質問