JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 180
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

アメリカ、カルフォルニア州に住む知り合いが酔って空き瓶で人の頭を殴り逮捕されてしまいまし。保釈金は当初日本円で300万だったのが一回目の裁判が終わると900万に値上がってしまいまし

質問者の質問

アメリカ、カルフォルニア州に住む知り合いが酔って空き瓶で人の頭を殴り逮捕されてしまいまし。保釈金は当初日本円で300万だったのが一回目の裁判が終わると900万に値上がってしまいました。 彼の罪が重いと判断され金額が値上がってしまったのでしょうか?通常このような、ケースだとどの位の罪になるのでしょうか?
またカルフォルニア州の裁判システムはどのようになっているのでしょうか?現在一回目の裁判が終わりロサンゼルスダウンタウンにあるinmate reception center に収容されています。 逮捕から四日目になります。 未だ面会ステータスがNの為本人とまったく話がてきていない状態です。知り合いは留学生なので学校にも行けずこのままではI-20をキープできないのではと心配しています。 彼に判決が出た場合彼は刑務所に入らなければいけないのでしょうか? または帰国という選択もできるのでしょうか? また無事出所できてもアメリカに滞在することは不可能なのでしょうか?また今からでも弁護士を雇う事は可能なのでしょうか? webで確認する限り次の裁判は月曜日になっています。
海外の法律、規則などがまったく無知なので教えていただけるとありがたいです。"
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
保釈金は拘留されている被告人の身柄の拘束を解く制度ですが、お友達の場合、
1)外国人なので日本に逃げ帰る可能性がある
2)酔って空き瓶で他人の頭を殴るという行為をしたので、検察側が危険人物と判断した可能性が高い
それによって、保釈金の金額を上げて、勾留期間を延ばしている可能性が高いと思います。
通常、既にPublic Defenderという国選弁護士がついているはずです。
本人が弁護士をつけることを拒まない限り、国選弁護士がついていると思います。
国選弁護士さんは州の税金で被告人の弁護ができるようになっています。
もしも判決で有罪が確定した場合、カリフォルニア州の場合、グーで殴った場合の暴行罪は最高6か月の懲役となります。ですが、お友達の場合、空き瓶で殴ったわけで、もしかしたら殺人未遂も問われているかもしれません。正当な理由があり、その暴行を行うに至る何かの理由があれば、それを考慮に入れてもらえて、初犯ということで執行猶予がつくかもしれません。
ですが、通常お友達の様な場合は、その場合、国外追放となります。要するに移民局側はそういう危険人物をアメリカ国内に留めておくことはできないとして、強制送還をします。あくまでも執行猶予がついた場合は、F-1学生ビザをはく奪され強制送還となりますが、有罪で刑務所への拘留が決定した場合はその期間を刑務所で過ごすことになります。
出所した場合、やはり学生ビザ保有者なので、国外退去となります。ビザをはく奪されるからです。
最初の裁判は罪状認否といい、本人がその犯罪行為をしたかどうかの有無、それを認めるか認めないかを確認するものです。
http://www.co.fresno.ca.us/uploadedFiles/Departments/District_Attorney/PDF/Adult%20Criminal%20Procedure.pdf

これが刑事事件で事件発生から、判決までの過程を書いてあるものです。
お友達がどちらの郡でつかまったのかわかりませんが、カリフォルニアのケースの場合大体がこれと同じです。
一番気になるのは、お友達のケースがどこに当てはまるか?が問題です。重罪の方か軽犯罪の方かによって裁判のシステムが変わってきます。先ほど話しましたようにグーで殴ってしまった場合は、軽犯罪となりますので、割と早く判決が下るでしょう。重罪の場合は、弁護士と検察側の捜査とともに裁判となります。お客様はFelony重罪と書いていますよね?そうなりますと、証人や証拠を集めての裁判となります。
もしかしたら、最初の裁判で、本人が英語が良くわからず、日本語の通訳者や国選弁護士がついてない状態で、再度罪状認否の日取りを決め、それが月曜日になった可能性が高いように思われます。
いずれにしてもお友達には弁護士さんが絶対に必要なので、お友達が何か正当な理由があり、主張したいことがあるのであれば、お友達の親子さんと話をして正式に刑事事件専門の弁護士さん雇われた方が良いと思います。
1)Hedding Law Firm
ロナルド・ヘディング弁護士
1600 Ventura Bl #1208
Encino, CA 91346
TEL:(###) ###-####
刑事専門弁護士、家庭内暴力、横領、インサイダートレーディング、詐欺、脱税
難しい事件でお困りではありませんか?巻き込まれてしまった方、ご安心ください。日本語でお気軽にご連絡ください
2)The Law Office of Gena H. Shioda
シオダ法律事務所
***** #700
Los Angeles, CA 90045
TEL:(###) ###-####
ビジネス関連、民事、交通関連、刑事、差別、人身傷害など、ご相談ください
口コミで広がる法律事務所。クライアントの立場に立ち、オープンかつ緊密なコミュニケーションをモットーに日本人コミュニティーのお役に立つことを目指しています。
3)The Rann Law Firm
ラン法律事務所
***** 11th Floor
Newport Beach, CA 92660
TEL: 1-877-726-6529
元警察官の弁護士が迅速にトラブル解決。日本語もOK
ロバート・ラン弁護士は元警察官というユニークな経歴の持ち主。警察官として法の執行に携わってきた経験を活かし、飲酒運転、家庭内暴力、ドラッグ、交通違反をはじめ、あらゆる刑事法に対応、トラブルを迅速に解決してくれる。日本人リーガルスタッフがいるので、日本語で相談できる点もうれしい。
私が探した日本語がわかる、または日本語の通訳者がいる刑事事件の弁護士さんです。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
Inmate Reception Centerに入っているとのことでもう一つ確認をしました。
通常これは州刑務所でその人たちの犯罪のレベル分けでどこの刑務所に入れるかを待つ過程のセンターだそうです。少なくともカリフォルニアではそうなっているそうです。

http://cdcr.ca.gov/Ombuds/Entering_a_Prison_FAQs.html
そうなると、お友達の刑はすでに確定済みではありませんか?
お友達の判決はすでに確定して、刑務所に入ることが決まっているのではないでしょうか?
月曜日の裁判というのはもしかしたら余罪があり、その件で裁判がある可能性が高いです。
今のStatusを確認したいのであれば、どうにか調べてみますが・・・どうされますか?
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
メールで詳細を送っていただけますか?

アメリカの法律 についての関連する質問