JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 182
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

お恥ずかしい話ですが2013年10月に大麻取締り法違反で執行猶予3年という判決を受けました。現在、約1年が経ち、この度、海外で結婚式を挙げようとしているのですが、インターネットで色

質問者の質問

お恥ずかしい話ですが2013年10月に大麻取締り法違反で執行猶予3年という判決を受けました。現在、約1年が経ち、この度、海外で結婚式を挙げようとしているのですが、インターネットで色々調べた結果、海外に行ける、行けないの意見が分かれ、真実が分からない為、このサイトに辿り着きました。どうか先生方の助言を授かりたいです。
1,パスポート期限が残り少し(2015年2月まで)しかないのですが、期限内なら何処の国でも入れるのでしょうか? 特に米国、ハワイは薬物事犯について厳しいと聞きました。
2,パスポート期限が切れた場合、新たにパスポートを作ると犯歴が永久にデータとして残るのですか?
3,ESTA等、書類にはnoでいこうと思うのですが、その際、向こう側には虚偽申告と分かるのでしょうか?またパスポートを更新した場合、犯歴がICチップに入力されることは有るのですか?ネットでは日本側が米国に情報を提供しているとの書き込みがありました。
急な話で申し訳ございませんが、パスポートの問題上、早めの返答をお待ちしております。どうかよろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
お客様が逮捕・起訴された場所は日本国内ですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
はい。日本国内で逮捕、起訴されました。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
今現在は日米間で犯罪者のデータ交換はありません。
ですが、逮捕・起訴されていることをESTAで質問されていますので、NOと記載した場合、偽証罪で逮捕される場合があります。
もちろん、お客様に逮捕・起訴歴があることがわかってしまった場合です。
逮捕・起訴歴をYESとした場合、麻薬関係は入国拒否を受ける可能性が高いです。
麻薬は再犯率も多く、アメリカでも手に入りやすいので、再犯率の高い人を排除するために入国拒否をされます。
特にお客様が記載されたように、ハワイはとても麻薬に関して厳しい入国審査となります。
日本のパスポートのICチップですが、これは顔写真のデータがチップ化されていて、偽装パスポートを作成できないようにしているためで、犯罪歴などをそのチップにデータ化しているものではありません。
ただし、来年を目途に日米間で犯罪者履歴の情報交換をシステム化しようという試みがあることは確かです。
パスポートをいくら新しく更新しても、残念ながらお客様の犯罪歴は消えることはありません。
お客様がもしもアメリカのビザを申請する場合は、最寄りの警察でお客様自身の犯罪歴の証明書を添付しなければならないので、その場合はビザが却下される場合が多いです。
アメリカ以外の国でも、例えばシンガポール、中国、タイなどはとても麻薬に関して厳しい国なので、何も逮捕・起訴歴がないと記述し、偽証罪で先方の国で逮捕されるのはとても大変なことになる可能性が高いですので、私でしたらお勧めしません。
日本で挙式することが一番皆様にとって安全かと思われます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
日米間でのデータのやり取りは無いのであれば逮捕歴が分かる可能性はあるんでしょうか?先生がおっしゃる通りなら、一生米国には入国出来ない可能性が高いということですか?海外で挙式をという彼女の望みをどうしても叶えてあげたいんです。よろしくお願いします。
専門家:  legalsos2011 返答済み 2 年 前.
今後そういうシステムができた場合は、犯罪者のデータ交換ができますので、日米間でわかってしまいます。
今はグレーゾーンです。
ただし、結婚式というとても重要な日に、あなたが入国拒否をもしも受けたら、そちらの方が彼女さんはがっかりだと思いませんか?
あなたが強制送還になったら、そちらの方が悲しい話になると思いませんか?
入国審査官は個々の裁量権を持っています。
なので、その当たった入国審査官によって、入国できるかできないかが違います。
ですからかなりグレーゾーンなのです。
残念ながらアメリカは非常に麻薬に関して厳しい処置をとっています。
逮捕・起訴歴がないのでしたら、何も障害はありませんが、残念ながらアメリカに入国できない可能性はとても高いです。
どうか、入国時にハプニングが起きるようなことのないように、彼女さんと相談なさってみてください。

アメリカの法律 についての関連する質問