JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 182
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

ニューヨークに留学中です。 恥ずかしながら6月に窃盗で捕まり、9月に裁判所に行ってきました。 判決はADC?(す

質問者の質問

ニューヨークに留学中です。
恥ずかしながら6月に窃盗で捕まり、9月に裁判所に行ってきました。
判決はADC?(すみませんはっきりした名前を忘れてしまいましたがローマ字三文字でした)という、六ヶ月後には事件はなかったことになり無効になるというものでした。
わたしは12月に帰国予定で、また1月が2月に同じF-1ビザでアメリカに戻りたいと思っています。
無効になるというのは、全くなかったことになり、再入国の際もまったく問題無いということになるのでしょうか??逮捕歴など書く欄などが有った場合、なしと書いていいのでしょうか?
とても心配しています。
事件に関しては本当に反省しています。
回答よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
弁護士さんを裁判の時雇われましたか?
どちらの裁判所でしょう?
ケース番号はおもちですか?
お名前とケース番号、裁判所を教えて頂きましたら、電話して今のステータスを調べてみます。
どうでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

弁護士などはやとわず、裁判の際は日本語の通訳の方を通して行いました。ケース番号とはなんですか?すみません

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
必ずどの事件にも裁判所がケース番号を与えています。
裁判所からの判決の時に書類は頂きませんでしたか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

裁判の日は何ももらわないで判決後すぐに帰らされ、もうこれで何もかも終わりでなかったことになる、空港で何を聞かれても何も言わなくていい、とだけ言われました。

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
お客様は逮捕されていますか?
もしそうであれば、
1)刑事事件の逮捕歴はたとえ無罪を獲得しても一生残ります。
2)その逮捕歴は自動的に移民局のデータに載りますので、入国の時に別室で取り調べを受ける可能性が高いです。そこにはお客様が窃盗で逮捕されたことが載っていますので、無罪であるならば、必ず裁判所の記録を所持し、入国審査の時に尋ねられたらその書類を見せなければ、即強制送還となる確率が高いです。
3)もしも無罪であるならば一定の期間、5年経ってから、裁判所に逮捕歴の抹消を求めることができます。その時の判事の裁量によりけりなので、判事さんが再犯がないと判断したならばお客様の逮捕歴を公開しないように手続きを取ってくれます。ですが、それまでの間は逮捕歴は一生付きまといます。アメリカは刑事事件の記録は一生ついてまわります。
4)今の時点では、12月に一時帰国して、1月か2月に再入国する際に、入国審査で止められる可能性が高いです。最悪は強制送還です。裁判所の記録があれば別ですが、裁判所とHomeland Securityは別物ですから、裁量権は別判断とお考えください。裁判所の判決如何にかかわらず、Homeland Securityの方で、お客様はアメリカに害を与えるかもしれないと判断した場合は、入国ができない可能性があります。その辺をはっきりして、裁判所の記録とともに帰国するか、または学業が終わるまでアメリカからの出国は見送った方が良いかと推察します。
お客様がなぜ弁護士さんをつけられないで、本人と通訳の方のみで裁判をお受けになったのかはわかりません。お金がない場合もPublic Defenderという国選弁護人をつけることができます。弁護士さん次第では、さらなる減刑または刑事事件ではなく民事事件として解決することもできるのです。
いずれにしてもどの事件に対しても必ずケース番号が与えられるので、それを裁判所で調べてもらい、裁判記録を出してもらった方が良いと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

詳しくありがとうございます。裁判を受けた裁判所の受付などに行けば、ケース番号とその書類を貰えるのですか?ケース番号がわかれば、どのような状況で、もっと的確な解決法がわかるということですよね?本当に無知でお恥ずかしいですが

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
そうです。
裁判を受けた裁判所に行き、
my own court recordが欲しいと伝えてください。
たぶん、お客様のフルネームとお誕生日から検索をしてくれるはずです。
それを頂けないと私も対処のしようが実際にはできないです。
まず、お客様の裁判の判決が本当にお客様が認識されている状態かどうかを把握する必要があると思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。受け取り次第再度ご連絡させていただきます!!

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
よろしくお願いいたします
質問者: 返答済み 3 年 前.

今日裁判所へ行って書類をもらってきました。

Docket number は 2014CN005443 です。

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
そちらをスキャンしてメールで送ることは可能ですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

どのようにやればいいのでしょうか?

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
そちらからPMという項目が一番上にありますか?
そちらからlegalsos2011を検索していただき、メールすることは可能ですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみませんがPM4という項目は見当たりません。

ちなみにわたしのアドレスは*****@******.***です。

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
ごめんなさい。
ここだとアドレスのメールがXXXとなってしまいます。
たとえばabc@○○○.comの場合、
全部小文字でえいbしーアットジーメール・コム
のように書いていただけますか?
専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
お客様のメールアドレス記入は難しいですか?
私のメールアドレスは、
私のこのJust Answerのスクリーンネーム@gmailドットコムです。
専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
メールアドレスの件はどうなったのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

いまメールします!

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
確かにCourt Recordを見させていただきました。
Dismissal 却下となっていますね。
これは窃盗をしたとき、その相手側と何等かの示談のようなことがあったのでしょうか?
前にも質問させていただいたのですが、お客様は逮捕はされましたか?
手錠をかけられましたか?
その場合、いくらこうやって裁判所でこの訴訟が却下となっても、移民局の方のレコードにはその逮捕歴は残ります。
ですので、必ずこの書類を持って入国審査を受けてください。
入国時に何も聞かれず、止められなければ、この書類を出す必要性はありません。
もし入国時に止められた場合は、この書類を見せて、却下になったことを証明してください。
それでも別室に連れて行かれ、もしかしたらこの裁判所の内容を確認されるかもしれません。
その時は仕方がないので、それに従ってください。
入国審査の紙には逮捕歴の場所にNOと記載すると虚偽罪で再度逮捕される場合があります。
ですので、逮捕された場合はYESと書くしかありません。
その時役立つのがこの書類です。
ただし、移民局の判断は独立性の高いものです。
いくら裁判所が却下という判断を下したとしても、Homeland Security側で、入国拒否と判断する場合があります。
説明しても入国拒否となる場合は、それに素直に従ってください。
そこでもめてしまうと、また逮捕となる危険性があります。
そうなりますと、一生アメリカに入国できない可能性が高いです。
5年以上たち、この裁判記録がシールドされる判断を裁判所がした場合は、今後逮捕歴は入国審査のデータには出てこないでしょう。
ですが、それにはまだ時間がかかります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

たしかに手錠はその日にかけられました。ということは逮捕されたということですよね。

ちなみにこの3/5というのが却下される日付で、それまでは旅行などで国外へ出て再入国は難しいということですよね?

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
半年間、お客様の場合、半年間窃盗の再犯または他の犯罪をおかさないかどうかを経過を見ている状態です。
ですので、この間に出国した場合、入国できない場合もあるのです。
何故なら日本とアメリカの間に犯罪歴のデータ照合のシステムがありませんから、日本で犯罪を犯している可能性があるとHomeland Securityは判断するかもしれません。
可能であれば、アメリカから出国しない方が良いと思います。
手錠をかけられたとなると、逮捕されたということになります。
専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
何かほかに質問などありますか?
もし宜しければ評価の方をお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

わかりました。少なくとも再入国は3月5日以降が好ましいということですよね!ありがとうございます。あと、国内は問題ないですよね???

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
国内も気を付けてください。
あなたの場合、3つの罪がついています。
1)165.40 窃盗されたものを所有していた罪
2)155.25 少額の窃盗罪
3)240.20 公務執行妨害
逮捕されたときちょっと暴れたり、大声を上げたりしませんでしたか?
§ 240.20 Disorderly conduct.
A person is guilty of disorderly conduct when, with intent to cause
public inconvenience, annoyance or alarm, or recklessly creating a risk
thereof:
1. He engages in fighting or in violent, tumultuous or threatening
behavior; or
2. He makes unreasonable noise; or
3. In a public place, he uses abusive or obscene language, or makes an
obscene gesture; or
4. Without lawful authority, he disturbs any lawful assembly or
meeting of persons; or
5. He obstructs vehicular or pedestrian traffic; or
6. He congregates with other persons in a public place and refuses to
comply with a lawful order of the police to disperse; or
7. He creates a hazardous or physically offensive condition by any act
which serves no legitimate purpose.
Disorderly conduct is a violation.
これがあると、また何かをするかもしれないと警察や検察側は思っているかもしれません。
この半年の間、できるだけトラブルを避けて、静かに暮らすことをお勧めします。
この半年間は執行猶予期間ですから、その間にまたトラブルに巻き込まれると、収監される恐れがあります。
どうか気を付けてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

どういうことですか?、捕まったとき、わたしは大声もあげていませんしあばれてもいません。入り口でつかまり、何も言わずについて行き、大人しく罪を認め言われるがままについていきました。何も逆らうようなことはしていません。なぜこのような罪がついたのかわかりません…

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
そうですか・・・
そういう状況でなかったのに、240.20の刑罰がついていることは本当に残念です。
そういうのを反論する人が弁護士で、それを反論する場所が裁判所なのですが、お客様の場合、既に判決が下りてしまっていますし、弁護士もつけなかったとのことなので、この件はどうしようもないと思います。
でもCourt Recordにはそう記載されているので、どうか気を付けてくださいね。
次回なにかあった場合、絶対弁護士の同伴なしで裁判を受けないことです。
お金がないのであればPublic Defenderをつけることが可能です。
その弁護士さんと相談の上、裁判を受けてくださいね。
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

わかりました。詳しく丁寧な対応とても助かりました!ありがとうございました!また何かあったらよろしくお願いします。

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.
評価ありがとうございました。
アメリカは法律に関してとても難しい国です。
どうか気を付けてくださいね。

アメリカの法律 についての関連する質問