JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 203
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

アメリカのO-1 VISAについてです。 僕の日本人の彼女の話なのですが、現在O-1VISAを申請していました。ア

質問者の質問

アメリカのO-1 VISAについてです。
僕の日本人の彼女の話なのですが、現在O-1VISAを申請していました。アメリカの移民局からI-797が届いて日本の大使館で面接をしましたがVISAがキャンセルになってしまいました。
M-1VISAからの変更だったので難しいと聞いていましたが、まさかキャンセルになるとは思っていませんでした。
前回今とは違う会社でO-1VISAを申請して却下されて、また今回却下されてしまったのですが、
新しくP-1またはO-3VISAの申請を行うことは可能でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
uslawyer2004 :

こんにちは。チャット機能を使うのは、はじめてなのでよろしくお願いします。I-797は、I-797, I-797A, I-797B, I-797C, I-797D, I-797E, I-797Fがありますが、どれですか?

Customer: 返答ありがとうございます。
Customer: I-797 A です
uslawyer2004 :

今ちょっと電話がかかってきて、即答できませんでした。で、チャットに戻りますね。

Customer: はい
Customer: お待ちしてました
uslawyer2004 :

キャンセルになったというのは、査証自体は出て、その後にキャンセルされたのですか?それとも、

uslawyer2004 :

USCIS (US immigration office)は、petitionを許可したが、在東京米国大使館が査証を出すのを拒否したということですか?

Customer: 797をもらってその後大使館に2度行きまして、それからキャンセルになりました
Customer: そうです。
uslawyer2004 :

では、在東京米国大使館から査証はもらえなかった、米国移民局は請願を許可したが、在東京米国大使館が査証を出すのを拒否したということですね?

Customer: そうです
uslawyer2004 :

理由は何か思い当たる節はありますか?

Customer: 書類に不備があったのではないかとおもいます
uslawyer2004 :

書類の不備が理由で却下された場合は、在東京米国大使館に、不備を正してから、在東京米国大使館にもう一度面接予約をとることによって、補うことができる場合があります。が、

uslawyer2004 :

2回面接予約をとって、2回とも却下されたということは、2回目の面接に不備を正さないで行ったという感じがしますね。

Customer: 米国大使館から郵便が来て、提出した書類と一緒に手紙が来ていたらしく、あなたのVISAは却下されました、という内容の手紙だったみたいです。
Customer: ほかのVISAを申請することはまだ可能ですか??
uslawyer2004 :

申請することは可能ではあるかもしれませんが、似たような結果になってしまうのではないかと思います。そうだとすると、意味がないでしょう。ですので、不備が何であったのか、不許可の理由が何であったのか、調査するほうが良いのではないかと思います。

Customer: 僕自身がO-1VISAを持っているのですが結婚してO-3no
Customer: の申請をすることは可能ですか?
uslawyer2004 :

可能であるように思いますね。でも、再び在東京米国大使館に行く前に、前回の不備の理由は何だったのか、前回の不許可の理由は何だったのか、弁護士のところへ調査を頼んでから面接に行ったほうが良いと思います。というのは、

uslawyer2004 :

米国大使館は、正当な理由なく、一つの種類のビザで不許可になったというだけの理由で、何度も違う種類の査証を申請して米国に行こうとする人や、forum shoppingと言って、不許可になったのと違う大使館で申請してビザを取ろうとする人を、その行為自体違法ではないのですが、嫌うのです。なので、面接に行った本人である彼女が弁護士に不許可になった理由を知るために調査を依頼するのが良いのではないかと思います。再度、違うビザを申請して、再度不許可になったら、困るでしょう?

Customer: そうですね、弁護士になぜ却下されたのしっかり聞いて見たいとおもいます。
uslawyer2004 :

もし、よろしければ、プラス評価をお願いいたします。それがないと、お支払いになったデポジットはジャストアンサーの事務局が徴収するだけで専門家は無報酬になってしまいますので、よろしくお願いいたします。

Customer: はい、
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問