JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

はじめまして 小生、3年前よりESTA取得し、子供と妻同伴にてオアフ島へそれぞれ約1週間程旅行しています。実は、2

解決済みの質問:

はじめまして
小生、3年前よりESTA取得し、子供と妻同伴にてオアフ島へそれぞれ約1週間程旅行しています。実は、28年前に観光ビザにて入国し、約5ヵ月滞在後、I-94?を提出せずに出国した事があります。質問ですが、①その記録がまだ残っている可能性 ②今後、アメリカ西海岸にて入国時にトラブルに遭遇する可能性、またどのような状況になるのか
③ハワイ州と他の州との入国審査の違い ④今後、何らかの入国ビザを申請するとしたら、どの程度の障害となりうるのか
①の記録が残っている可能性がなければ、すべての答えは明らかなのでしょうが。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
「28年前に観光ビザにて入国し、約5ヵ月滞在後、I-94?を提出せずに出国した事があります。、、、①その記録がまだ残っている可能性」、すなわち、28年間アメリカを出国せずにオーバーステイしていると米国移民局に思われている可能性は、「3年前よりESTA取得し、子供と妻同伴にてオアフ島へそれぞれ約1週間程旅行」されている、すなわちESTAの申請で、意図的に虚偽の情報を申告したりはしてないと仮定して(やる人がいるようなので一応書いています)、ESTA渡航認証がおりているということから、ほとんどないと思います。もし、アメリカにオーバーステーしていると思われていたら、ESTAが不許可になり、それで気づくのではないかと思います。
当時と異なる氏名を使用したりしていますか?例えそうでも、ないとは思いますが。
米国移民局は、昔、紙のI-94を集めて出国したかどうかチェックしたりしていたのですが、これは電磁化されました。下記に案内があります。米国移民局は、I-94だけに頼っているのではなく、航空会社と船舶会社から乗客名簿の情報をもらって、こちらでも出国をチェックしています。
http://www.cbp.gov/travel/international-visitors/i-94-instructions
米国移民法は、州法ではなく、連邦法なので、ハワイ州でも他の州でも、同じです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

こんにちは。

ご回答ありがとうございます。氏名は変更していませんし、虚偽の情報も申請しておりません。

つまり、ESTA渡航認証がおりているという事は小生の過去の過ちは記録に残っていないと考えられるという理解でよろしいんですね?

3回ハワイに入国できているということは他の州でも同様なのですね。おっしゃるとおり、ハワイやグアムが入国しやすいというのではないのですね。

くどいようですがどうぞ宜しくお願い申し上げます。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
もしどうしても気になるというようで、28年前のI-94をもしまだお持ちならば、説明文をつけて、下記の住所へ返還すればよいです。
https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/752/~/i-still-have-my-i-94
ですが、下記のサイトにも書いてありますが、もしI-94の返還を忘れたことにより、アメリカ国内にオーバーステイしていると思われていたら、次に米国に渡航する際に入国を拒否されたり、ビザの発給を拒まれたり、渡航認証がおりなかったりします。そのようなことをされてないということから、オーバーステイしているという記録にはなっていないと思われます。
http://kinshasa.usembassy.gov/return_i-94_form.html
I-94の記録は5年前くらいまでは調べることはできる場合があります。28年前のI-94の渡航はあるかないか分かりません。調べるのに、その時に使ったパスポート番号などが要るので、それがなければ、調べることはできません。こちらの文面見る限り、大丈夫そうですが、I-94の記録を分かる範囲で取得したいと思われるのであれば、別料金でお引き受けすることはできるかもしれません。
米国移民法上の入国審査基準は、米国移民法は州法ではなく、連邦法なので、どこの州でも同じです。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 2 年 前.
ご質問には、回答いたしました。ジャストアンサーでは、ご質問は投稿の日より一週間を過ぎますと閉鎖されます。「くどいようでも」構いませんので、ご不明な点があれば、ご連絡ください。米国移民法上、ハワイやグアムが特に入国しやすいということではありません。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問