JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

日本で1度離婚、アメリカで2度結婚しております。現在も既婚。夫は二人ともアメリカ人。アメリカでの結婚は2度とも領事館

解決済みの質問:

日本で1度離婚、アメリカで2度結婚しております。現在も既婚。夫は二人ともアメリカ人。アメリカでの結婚は2度とも領事館に届けないまま、2001年にアメリカ国籍を取得しました。日本で高齢になる母が、私に財産を残したいと言っておりますが、日本の戸籍は、離婚後は、旧姓に戻らなかったため、私一人の戸籍で母とは姓が違います。
私が母の娘であると証明するにはどうしたらよいのでしょうか?アメリカのパスポートやアメリカ国籍を取った際の宣誓書には、私の日本の戸籍名は全く何処にも書かれておりません。アメリカでサイン証明をとっても、戸籍の名前と違うので、それが有効だとは思えません。
母は、アメリカで正式に除籍届けを提出し、その除籍届けを血縁の証明にすることが出来ると
言っていますが、除籍届けは戸籍謄本と一緒に提出しますが、この戸籍謄本と私のアメリカのパスポートの名前や宣誓書の名前が一致しなくても受理してもらえるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
1. JACUSTOMER-bbp4y912さんのほかにも、お母さんの財産を受け継ぐ予定の方はいらっしゃいますか?ご兄弟、お母さんの配偶者など。
2. お母さんは、法定相続人以外の方にも、財産を譲りたいと思っておられるようですか?
3. 日本の離婚後、アメリカで最初の再婚されたとき、苗字が変わりましたか?
4. アメリカで2度目、日本での結婚を入れて数えたら3度目の結婚、すなわち現在の結婚をされたとき、さらにまた苗字が変わりましたか?
5. 生まれたときの苗字、日本での結婚中の苗字、アメリカでの最初の結婚時の苗字、現在の苗字と、すなわち結婚によって苗字が変わり、一生で4つ異なる苗字になったということですか?
6. アメリカ国籍に帰化したとき、名前が変わりましたか?苗字ですか?下の名前ですか?それとも、名前が変わったのは、結婚により苗字のみで、帰化のときは名前の変更はなかったですか?
7. 日本国籍を喪失したという届けを在米日本総領事館に提出しましたか?
8. アメリカでの一度目の結婚したあと、その結婚は、離婚または配偶者の死亡等によって終了し、アメリカで2度目の結婚をされる前、苗字が変わりましたか?それとも、最初のアメリカ人の配偶者の苗字をそのまま婚姻終了後も、現在の婚姻をされるまで、使っていたということですか?
9. 生まれてから現在まで、名前がどう変わったのか、連鎖を教えてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.


  1. JACUSTOMER-bbp4y912さんのほかにも、お母さんの財産を受け継ぐ予定の方はいらっしゃいますか?ご兄弟、お母さんの配偶者など。

    兄がおりますが、重度の智恵遅れです。父は亡くなりましたので、財産を受け継ぐのは、この兄と私だけですが、兄は智恵遅れですので、私が後見人となり兄の分の財産の管理をすることになります。兄は将来は、特別養護施設に入るため、母によると、それ程お金は要らないはずなので、財産の殆どは私に遺したいと言っております。兄は現在は母と同居しています。

    2. お母さんは、法定相続人以外の方にも、財産を譲りたいと思っておられるようですか?

    母が財産を譲りたいと思っているのは、法定相続人の私と兄の他、叔母(母の妹)にも小額(100万円ぐらい)は遺したいと言っています。私は、母に遺書を作り、財産を残したい人とその金額を明記するように提言しています。母は自筆の遺書を用意すると言っております。

    3. 日本の離婚後、アメリカで最初の再婚されたとき、苗字が変わりましたか?

    はい、変わりました。

    4. アメリカで2度目、日本での結婚を入れて数えたら3度目の結婚、すなわち現在の結婚をされたとき、さらにまた苗字が変わりましたか?

    はい、変わりました。

    5. 生まれたときの苗字、日本での結婚中の苗字、アメリカでの最初の結婚時の苗字、現在の苗字と、すなわち結婚によって苗字が変わり、一生で4つ異なる苗字になったということですか?

    その通りです。

    6. アメリカ国籍に帰化したとき、名前が変わりましたか?苗字ですか?下の名前ですか?それとも、名前が変わったのは、結婚により苗字のみで、帰化のときは名前の変更はなかったですか?

    アメリカ国籍に帰化した時は、アメリカで結婚した最初の人の苗字を名乗っておりましたので(既に離婚していましたが)、その苗字に変わりました。その後、再婚したので、宣誓書の方は、正式にまた苗字を変更しました。帰化の時は、名前の変更はありません。苗字だけです。

    7. 日本国籍を喪失したという届けを在米日本総領事館に提出しましたか?

    出しておりません。

    8. アメリカでの一度目の結婚したあと、その結婚は、離婚または配偶者の死亡等によって終了し、アメリカで2度目の結婚をされる前、苗字が変わりましたか?それとも、最初のアメリカ人の配偶者の苗字をそのまま婚姻終了後も、現在の婚姻をされるまで、使っていたということですか?

    アメリカの1度目の結婚は離婚で終了しました。その後、アメリカで2度目の結婚をするまでは、1度目の結婚相手の苗字を名乗っておりました。2度目の結婚の後、また苗字が変わりました。

    9. 生まれてから現在まで、名前がどう変わったのか、連鎖を教えてください。

    名前は仮名です。

    出生時の名前:山田花子(母の苗字)

    日本で結婚し、鈴木花子となり、離婚し、旧姓に戻ることなく、鈴木花子で戸籍を編成。

    1990年にアメリカで結婚し、鈴木花子から苗字のみがSmithとなるが、領事館には届けず、

    日本のパスポートは鈴木花子のまま。グリーンカードはHanako Smithで取得。

    2000年にSmithと離婚。2001年にアメリカに帰化。宣誓書はHanako Smithで取得。

    2002年に再婚、苗字がBrownに変わり、宣誓書の苗字修正を申請し、帰化名は、

    Hanako Brownとなり、現在に至る。現在のアメリカのパスポートもHanako Brown。



















専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。日本でのご両親ご兄弟、日本で結婚されていた元配偶者の方が、日本国籍であるという前提にたちます。もし違ってたらご連絡ください。日本国籍でなければ日本の戸籍がないので、事情が異なってくるかもしれません。Hanako Brownさんが、山田〇〇(お母さん)の娘であるということを、以下の書類をすべて用意することで証明できると思われます。
1. 鈴木花子の戸籍の全部事項証明。母親の氏名と日本での氏の変更(山田から鈴木)、そして日本で離婚したが、離婚により氏が旧姓に戻ってないことが分かると思われます。但し、アメリカ国籍を取得したことにより、日本国籍喪失するという日本の法律があり、日本の役所から、日本国籍喪失届けを先に提出しないと、書類関係を発行しないといわれる可能性はあります。その場合、鈴木花子の戸籍がなくなるので、除籍謄本をもらい、同じ情報がそれで分かるか確認します。
さらに、正確を期するならば、戸籍がなくなってしまう前に、Smithさんとの結婚によって、鈴木からSmithに氏が変更したこと、Smithさんと結婚し、そして離婚したこと、離婚してもSmithのままでいたこと(氏が変わってない)を日本の戸籍に反映させておいた方が良いと思います、たとえ今からでも。Smithさんと離婚した時点ではまだ日本国籍だったので、そこまでは日本の戸籍に反映されているほうが、たとえ戸籍があとでなくなることになっても、正確に記録を残しておけます。
2. 鈴木からSmithにアメリカでの最初の結婚により苗字が変わったのは、Certified copy of marriage certificateで示すことができると思われます。これをアメリカ国外の条約加盟国(日本を含む)で使うには、Apostilleも必要です。
3. Smithさんと離婚した後も、苗字が旧姓に戻らず、Smithのままであったということを示すには、Smithさんと離婚したときのcertified copy of divorce decreeが要ります。離婚時に旧姓に戻す人は、この離婚証書の中にそのことが書いてあるので、書いてないということによって、氏が戻っていないということの疎明になります。そして、アメリカ国外の条約加盟国(日本を含む)で使うには、Apostilleが必要です。
4. SmithからBrownに結婚によって苗字が変わったことは、certified copy of marriage certificateで示すことができると思われます。これをアメリカ国外の条約加盟国(日本を含む)で使うには、Apostilleも必要です。
Certified copy of marriage certificateは結婚を届け出た裁判所からもらいます。Certified copy of divorce decreeは離婚が成立した裁判所からもらいます。Apostilleは州のSecretary of Stateでもらいます。ですが、その州で発行した文書でないとApostilleできません。ですから、どこで結婚したのか、離婚したのかが、どこの役所に文書を請求するか、アメリカでは関係あります。
アメリカでは、姓の変更の証明は、以上の書類を集めることでできると思われます。
以上の点は、主にアメリカでの手続きで、その点はご案内できるので、いたしました。特にアメリカでの再婚以降の苗字の変更の連鎖をどう示すかについては、アメリカ法が関係あると思われます。
但し、日本での相続は日本の法律が適用されます。私はアメリカ資格の弁護士です。日本の法律に関しては、日本法の有資格者に尋ねるのが最善だと思います。が、私の知っている日本法の知識で言いますと、日本での相続には、亡くなった方(財産を相続による譲り渡す方)の戸籍謄本、改正原戸籍(原戸籍謄本)、除籍謄本、相続する方全員の戸籍謄本、改正原戸籍、除籍謄本のすべてが必要であるようです。財産が不動産なら、さらに書類が必要のようです。
さらに、お母さんが日本で、自筆で遺言を作成することはできますが、公正証書遺言以外の遺言は、日本の家庭裁判所での検認が必要であるようです。ですので、自筆でするよりも、日本で、お母さんが法律の有資格者のところへ行って、遺言を作成するほうが良いのではないかと思います。そして、Hanako Brownさんと山田花子さんが同一人物で、お母さんの娘さんであることも、お母さんの遺言状の中に書いておくと良いと思われます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

詳しいご説明ありがとうございました。評価のジャッジメントをする前にもう一度だけ、質問させて頂きます。出生から今の名前の連鎖を証明する書類は何が必要か大変良く分かりました。ご提案の中に、国籍放棄の前に私の名前の変更を反映させるため、変更を(領事館に)届ける事がありましたが、私の理解では、私のようなケースは、自己の意思でアメリカ国籍を入手した時点で、日本の国籍は既に自動的に失っており、領事館等に変更を申し出ても相手にされないと聞いております。もし、弁護士を雇いサポートレターを提出することで、領事館が修正に同意するのであれば、是非そうしたいと思います。私はフロリダ州に住んでおりますが、すると、USLAWYER2004さんをRetainすることは可能ですか?フロリダ州のライセンスがないと駄目ですか?

もう一つ質問は、Copy of Marriage Certificate やApostilleは英語なので、日本の役所に提出する場合(領事館でも?)日本語への翻訳とそれが正確であることの証明が必要かと思いますが、それはどうやって入手するのでしょうか?例えば私が自分で和訳した場合、その和訳が正確だという証明は誰が出来るのですか?

日本での母の遺書作成については、その方の専門家に回答を頂くべく、このサイトで再度質問したいと思いますので、ご了承ください。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
追加のご質問にお答えします。
5.「私の理解では、私のようなケースは、自己の意思でアメリカ国籍を入手した時点で、日本の国籍は既に自動的に失っており、領事館等に変更を申し出ても相手にされないと聞いております。」
「自動的に失って」いるかどうかは、分からないですね。
6.「私はフロリダ州に住んでおりますが、すると、USLAWYER2004さんをRetainすることは可能ですか?フロリダ州のライセンスがないと駄目ですか?」
日本の戸籍に反映させる申請そのものは、アメリカにある日本総領事館であっても、それはアメリカ法の範疇ではありません。アメリカにある日本総領事館は、アメリカ法に沿って日本の戸籍の手続きをしているのではなく、日本の法律に沿って手続きをしているのです。ですので、日本総領事館に日本の戸籍に関する手続きを申請したいという場合、日本資格の法律の専門家に頼むほうが良いのではないでしょうか?
日本資格の法律の専門家は、アメリカにはたぶん誰もいません。そういう人々は、日本にいます。日本総領事館への申請に必要な書類を、アメリカの役所から取り寄せるという手続きでお手伝いが必要であれば、その部分についてはお手伝いすることは可能かもしれません。日本にいる日本資格の法律家は、アメリカにある日本総領事館とやりとりすることは問題ないと思うのですが、アメリカ政府との手続きは知らない人も多いかもしれません。
7.「もう一つ質問は、Copy of Marriage Certificate やApostilleは英語なので、日本の役所に提出する場合(領事館でも?)日本語への翻訳とそれが正確であることの証明が必要かと思いますが、それはどうやって入手するのでしょうか?例えば私が自分で和訳した場合、その和訳が正確だという証明は誰が出来るのですか?」
日本の役所に日本語以外で書かれた書類を提出するには翻訳文が必要です。ですが、アメリカにある日本の総領事館で、JACUSTOMER-bbp4y912さんの戸籍に関する手続きをするだけなら、アメリカ政府発行の英語の文書は、翻訳無しでも、Apostilleなしでも、certified copyだけでも職員は理解し、受理することはできるんじゃないでしょうか?日本で使うなら、日本での相続の手続きを含めて、Apostilleとか訳文は必要と思われます。一般的に、日本の役所に提出する和訳文は、翻訳した人の署名と押印があれば良いとされています。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問