JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

私は日本在住で、アメリカ在住のE-2ビザ保持者との結婚を考えています。彼のE-2ビザは切れていますが、2年延長して残

解決済みの質問:

私は日本在住で、アメリカ在住のE-2ビザ保持者との結婚を考えています。彼のE-2ビザは切れていますが、2年延長して残り1年あります。近い内に永住権の申請を始める予定です。どのタイミングで入籍し、私は何のビザを申請して渡米するのがベストか教えていただけますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

「彼のE-2ビザは切れていますが、2年延長して残り1年あります。」という点ですが、

1.これは、E-2ビザは切れているが、最初のE-2の滞在資格の期限が切れる前に、アメリカ国内でE-2の滞在資格の延長希望を申請して認められ、有効なE-2の滞在資格を持っているということだと理解してよろしいですか?

2.その相手の方が有効なE-2を持っていることを確かめたいのですが、E-2の滞在資格を維持するのに必要な条件を満たしていますか(例えば仕事、国籍など)?
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。

1. 最初の5年のEー2ビザが切れる少し前にに海外出張のためアメリカを出国、再入国の際に2年滞在期間が延長されたI-94が発行されたそうです。その延長された滞在期間の残りが1年あるという意味です。つまり現在E-2ビザは切れていますが有効な滞在資格を持っているという状況です。

2. 彼の国籍は日本です。Eー2ビザの更新をする前にEB1の枠で永住権の申請の準備中です。万が一永住権の申請が通らなかった場合はE-2ビザの再更新をする予定だそうです。

以上、宜しくお願い致します。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。Mukudoriさんの結婚相手の方がアメリカにいて、有効なE-2の滞在資格はあるが、有効な査証がないということだと、Mukudoriさんの結婚相手の方がアメリカ国内に留まるほうが良さそうですね。ということは、結婚をするためには、Mukudoriさんがアメリカに入国し、アメリカ国内で結婚するということが良さそうですね。ですので、問題はMukudoriさんがアメリカに結婚をするために入国するのにどういう方法で行くかということです。婚約者のために婚約者査証の請願ができるのは、アメリカ国民だけです。Mukudoriさんの相手の方は、アメリカ国民でないので、Mukudoriさんが婚約者査証でアメリカに入国することはできません。そして、Mukudoriさんの結婚相手の方はゆくゆくは永住資格を得ようと試みているということですね。とすると、永住資格のための請願を出す前に、Mukudoriさんとその相手の方が結婚を済ませていると、永住資格の申請をMukudoriさんを対象者の配偶者として一緒にできるので、良いのではないかと思います。

では、このような状況で、どういう渡米方法があるかというと、1. Mukudoriさんがビザ免除プログラムで渡米し、アメリカで結婚する。その後、いったん日本に帰国し、日本で、E-2の配偶者としてE-2査証を申請し、再度渡米する。その後、アメリカで永住資格の請願手続きを開始する。2. Mukudoriさんが短期滞在者B-2査証を日本で申請しこれを持って渡米する。そして、アメリカで結婚する。B-2の有効期限内に、日本には帰国しないで、アメリカ国内で永住資格の請願をはじめる。

2の方法は、結婚後、一度日本に帰国する必要がなく、E-2の配偶者としての滞在資格を得るというステップをとばし、B-2から永住資格へ滞在資格を変更するという利点があるのですが、難点があります。それは、B-2はアメリカに永住しない意思を入国の際に必要とします。ですので、B-2でアメリカへ来てアメリカで結婚し、ゆくゆくはアメリカで永住資格に切り替えるつもりという予定だと、入国拒否される可能性があります。査証がでない可能性もあります。B-2でアメリカに来て、日本に一度帰国するつもりだから入国させてくれというと、アメリカの入国審査で、「じゃあ、いったん帰国する意思があるなら、なぜビザ免除プログラムで来ないのだ?」と尋ねられる可能性があります。ですので、1の手続きを、結婚相手の方の現在の滞在資格が切れないうち(あと一年ということですね)にやってしまうのが、良いのではないかと思います。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご返答ありがとうございます。一つだけお聞きしたいのですが、私がビザ免除プログラムで渡米してアメリカで結婚、その後一旦日本に帰って配偶者としてE-2査証を申請する代わりに日本に留まり、彼に永住資格の請願手続きをを進めてもらうことは可能でしょうか?私に渡米資格が降りるまでに何年も掛かかってしまうのでしょうか? 以上宜しくお願い致します。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご返答ありがとうございます。一つだけお聞きしたいのですが、私がビザ免除プログラムで渡米してアメリカで結婚、その後一旦日本に帰って配偶者としてE-2査証を申請する代わりに日本に留まり、彼に永住資格の請願手続きをを進めてもらうことは可能でしょうか?私に渡米資格が降りるまでに何年も掛かかってしまうのでしょうか? 以上宜しくお願い致します。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
アメリカ国内で結婚後、日本に戻り、E-2査証を申請しないで、結婚相手の方の永住資格の請願をアメリカでしている間、Mukudoriさんは日本で待ち、永住資格の審査が通り次第、Mukudoriさんが、永住資格を持って渡米する方法も可能です。ですが、E-2で渡米するのに比べて待ち時間が長くなります。待ち時間がどのくらいの期間になるかは、なかなか一概に言えません。日本国籍でEB1だと、EB3とか、インドなどの待ち時間が長い国籍の人々よりかは、短いといえます。なので、「何年」も待たなくても良いかもしれません。他には、B-2で渡米し結婚し、日本に帰らずに、E-2に切り替え、その後永住資格に切り替えるということも考えられなくはないのですが、切り替えの数が多くなって手続きが煩雑になるし、相手の方のE-2の残りが一年くらいということなので、その一年の間に全部終えることが困難なので、ビザ免除プログラムのほうを案内いたしました。
質問者: 返答済み 3 年 前.
大変わかりやすくご説明いただき、本当にありがとうございました。

アメリカの法律 についての関連する質問