JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 214
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

初めて質問為せて頂きます。長文ですみません。 私は40才後半の離婚歴有り、無職で、子供が3人います。 この夏に下の小学生2人の子供を連れて、アメリカに行来たいと思います。

質問者の質問

初めて質問為せて頂きます。長文ですみません。
私は40才後半の離婚歴有り、無職で、子供が3人います。
この夏に下の小学生2人の子供を連れて、アメリカに行来たいと思います。
(上の娘は大学生で勉強に忙しく、自活して居ますので、今回は日本に残ります。)
私がESTAを取れるか不安になる事と、アメリカ入国の理由の為の入国拒否が不安です。
ESTAに付いての不安は前回アメリカに旅行に行った時に I - 94wが私のパスポートに着いていたまま帰国しました。その後在米大使館に問い合わせ、 I - 94wと言われた通りの書類を合わせて、アメリカのACS - USCISに郵送しました。その後の経過は知らされていません。
入国時の不安な理由はアメリカ人の私が付き合っている男の人に40〜50日間位会いに行こうと思います。
この先お互いに結婚、アメリカでの生活も考えていますが、今迄に実際に会ったのは、2日間しかありません。その証拠写真等もありません。
私の日本の家は借家で、犯罪歴なし、オーバースティ歴なし、ビザ申請却下歴なし、入国拒否歴なし、入管で虚偽の申告をする勇気(悪意)なし。
ESTA申請時に申請を却下為れたら、その後のビザ取得に影響が出るらしいですし、大学生の娘はアメリカの大学に進学を強く希望していて、家族の中にESTAを含め、ビザ申請却下為れた人が居ると娘が学生ビザを申請した時に不利益に成ると聞いた事があります。
これからの将来を考えると、 誠実で、安全、確実(入管の担当者次第という事は存じて下ります。)な方法が良いのですが、どの様にしたら良いでしょうか?
宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

「I - 94wと言われた通りの書類を合わせて、アメリカのACS - USCISに郵送」したときの、郵送したという証明、例えば書留郵便の控えとか郵便局の領収書と送ったもののコピーとか、をとってありますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.
I - 94wを郵送をするのは、書き留め等ではなく、普通の切手を貼って必ず普通郵便で、郵送して下さい。と、言われたので、郵送した証拠となる物はありません。送った書類のコピーはあります。郵送した日時は不明です。日本の税関での帰国スタンプの押されたパスポートもあります。宜しくお願いします。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

こちらの文面を読む限り、オーバーステイとして記録されている可能性は低そうです。ご自身のI-94がどうなっているか気になるのであれば、その情報を検索できるサイトがあります。

https://i94.cbp.dhs.gov/I94/request.html;jsessionid=7sHsT7GJfJDXGMQF1TJycHJ6Q1TQDGqkNyGPL0QCwvlGzVfl56hM!-1273720586

渡航の方法としては、こちらの文面を読むと、ESTA渡航認証(ビザ免除プログラム)で良いのではないかと思います。ESTAを申請するとき、コンピューターで発信元が米国でないことは、相手にも分かると思います。日本の出入国のスタンプに、アメリカ政府は拘束されないですけれども、ある程度信用性はあり、その期間日本に住んでいたことが伝わると思います。

さらに、もし心配ならば、I-94を郵送で返送したときの写しを携帯しておくと良いかもしれません。アメリカ入国の際、注意することは、「ボーイフレンド(彼氏)に会いに来た」と言うと、あやしまれます。「お互い結婚、アメリカでの生活を考えている」などと言うと、結婚してアメリカに残留するのではないかと疑われる可能性があります。

ですので、「友達に会いに来た」という方が安全です。そして、その友達に、友達の連絡先(住所電話氏名)が記載してある招待状のような手紙を書いてもらい、それを携帯しておくと良いと思います。入国審査で、求められなければ、わざわざ見せる必要はありません。尋ねられたらで、良いです。それから、滞在に必要な所持金(防犯上現金でないほうが良い)あることが分かるようにしておくといいかもしれません。現在「無職」ということですので、アメリカで不法就労するのではないかと疑われる可能性が考えられるからです。

JACUSTOMER-ij976ef8さんが、ESTA認証を拒否されても、娘さんに、米国移民法上の影響がでることはありません。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
ご質問には回答いたしました。質問の有効期限が、投稿より一週間となっていますので、ご案内いたします。

アメリカの法律 についての関連する質問