JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

アメリカのグリーンカードを所持している通常はアメリカで働いていおいる日本人が 日本に一時帰国した際に講義や講演など

解決済みの質問:

アメリカのグリーンカードを所持している通常はアメリカで働いていおいる日本人が
日本に一時帰国した際に講義や講演などを
日本の会社内にて行い
その日本の会社さんから報酬を受け取る場合の手続きについて
一番簡単な手続きを教えてください。

また、請求書を作成する場合の税に関する表記は
どのようにするのがベストかも教えて頂けたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

1. 講演料をアメリカにある銀行口座に振り込んでもらえば良いと思います。

2. カリフォルニア州では、原則サービスに関しては、Sales taxはありません。下記をご覧ください。

http://www.taxes.ca.gov/Sales_and_Use_Tax/WhatsTaxable.shtml
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


では請求書に日本の消費税を記載する必要はございますでしょうか?


 


また日本での源泉徴収に関する手続きは


どのような形がベストでしょうか?


 


必要書類もあれば教えてください。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
当該課税年度において、アメリカに居住し、日本に居住しない「非居住者」の日本での滞在が183日以内の場合は、日米租税条約第14条第2項(a)の短期滞在者免税が適用され、日本での課税は免除されます。下記リンクをご覧ください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/06/52.htm

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_1a.pdf

ですが、日本に代理人をおいたり、事業の拠点を設けたりするとと「非居住者」でも、日本で課税されることがあります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もすみません。


請求書に日本の消費税を記載する必要があるのか知りたいです。


 


また日本での源泉徴収に関する書類提出等の手続きは


どのような形がベストかを教えてください。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
1.「請求書に日本の消費税を記載する必要があるのか知りたいです。」
日米租税条約上の「短期滞在者」で日本で免税されるという特典を享受するなら、「請求書に日本の消費税」が記載されているとおかしいということです。日本の税金を払わないのに、日本の税金という名でお金を請求するとはどういうことか?とことになります。

2.「また日本での源泉徴収に関する書類提出等の手続きは、どのような形がベストかを教えてください。」
これも同じです。日米租税条約上の「短期滞在者」で日本で免税されるという特典を享受するなら、「日本での源泉徴収」はされないのです。ですので、その場合、「日本での源泉徴収に関する書類提出等の手続き」が該当するとは考えにくいのです。

アメリカの法律 についての関連する質問