JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

アメリカ永住権保持者です。母ががんになってしまい、現在、介護のため、日本に滞在中です。5月にアメリカに戻り、すぐに市

質問者の質問

アメリカ永住権保持者です。母ががんになってしまい、現在、介護のため、日本に滞在中です。5月にアメリカに戻り、すぐに市民権の申請をしようと思っています。そこでアメリカでのタックスリターンについて質問があります。市民権獲得のためには、毎年、タックスリターンを行っていなければならないようです。私は、2013年度、Self-employmentでしたので、簡単に、ネットで申告はできないようで、困っています。申告時期の延長を日本から申請して、5月にアメリカに戻ってすぐに、申告をすれば、市民権の獲得に、差し支えないでしょうか?また、市民権の申請を行うタイミングは、タックスの申告を済ませてからでないとできない仕組みになっているのでしょうか、それとも、面接日までに、申告を済ませておけばよいものでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

問題はいつ日本にお帰りになって、この5月にアメリカに戻る時に1年間アメリカを留守にしていなかったか?出国してから1年経過してしまう場合、「連続して住んでいることを求める」という市民権申請の資格を失うことになります。

ご結婚されていらっしゃるのでしたら、アメリカ人のご主人様であれば、永住権を得てから3年間、アメリカ人でない場合5年間を、市民権取得のためのFiling時に経過しているか(正確には3年、5年経過の90日前からファイルできます)?

この点をまず確認していただき、OKでしたら、Tax Filingは諸事情(お母様の介護)を鑑み、4月15日のDue Dateにファイルできていないのは仕方ないと情状酌量されると思います。もちろん、ファイリングの期日までに延長の申請をしておく必要があります。

IRSのForm4868をファイルして下さい。http://www.irs.gov/pub/irs-pdf/f4868.pdf

Interviewは半年以上先ということが予想されますので、10月15日までにはTax Filingをきちんと済ませておくことも肝要です。なお、Tax Dueがある場合、金利が発生しますので、なるべく早くTax Filingを済ませることをお勧めいたします。

ご参考になれば幸いです。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます。市民権申請への条件ですが、永住権を取ってから、5年以上過ぎており、過去5年間、アメリカに住んでいて、その間、6っか月以上アメリカを継続して離れてはいません。


 


昨年の9月に日本に戻り、1月にハワイへ旅行に日本から出かけて、一度、アメリカに入国しています。5月に戻れば、6っか月以内アメリカを継続して離れていないことになるので、一年以内としても、大丈夫と思います。


 


タックスの過去のファイリングは、永住権を取ってから10年以上過ぎていますが、Marriedで申告していた時期と、Singleになって申告していた時期がありあす。毎年、申告しています。


 


市民権を取る時に、過去のタックス申告の証明などが必要となりますか?


 


以上、市民権を取る条件が満たされているようですので、リンクしてくださったドキュメントをファイルすれば、大丈夫でしょうか?私は、ニューヨーク州ニューヨーク市に住んでいますが、ステートと市の両方で、延長の手続きが必要ですしょうか?それとも、リンクしてくださったものだけで、大丈夫でしょうか。


 


よろしくお願いいたします。


 


 

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.

過去のTax Returnをきちんとしていたかは市民権を取る際の必須事項ではありませんが、お母上がご病気でという理由があるにしろ、永住権でいる間に長期にアメリカを離れる結果になる場合に、アメリカへの帰国意思、アメリカとの「Tie」を示すために、きちんと税務申告をしていたという事実が使われます。

はい、NYSのExtensionを求める書類がございます。

NYSは、http://www.tax.ny.gov/pit/file/ext.htm

NYCは、NYSのExtensionを申請すれば、OKと思われます。個人のIncome Taxに関しては、Extensionの申請をStateへの申請で代用していると思われます。

従って、Federal(先日Linkさせて頂いたもの)と今回のLinkの両方から4月15日前にExtensionを申請されてください。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答、ありがとうございます。


税金について、状況が変わりましたので、再度、質問させてください。2012年の12月31日でやめた仕事から、W2が届きました。その会社の会計上の都合で、2013年度も、一週間か、数日だけ、働いたことになったのだと思います。わずかですが、2013年も収入があった、ということになっているようです。このW2を使えば、日本からもネットで税金の申告ができそうです。そうしたとして、収入の少なさなどは、市民権申請に影響を及ぼしますか?

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
それは心配ないと思います。

大事なことは継続的にアメリカに住みたいという意思を明確にすれば、諸事情で収入が少ないからダメということには絶対になりません。

どうぞご心配なく。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答、ありがとうございます。収入の少なさで、市民権が取れないとうことはなさそうですね。安心しました。今後とも、よろしくお願いいたします。

アメリカの法律 についての関連する質問