JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 204
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

資産を守る方法、訴訟対策

質問者の質問

ミシガン州のデトロイトに16ユニットのアパートメントビルディングを投資目的で保有しています。


 


万が一の為Liabiliy保険に加入したのですが、地域的にリスクが高いのか提供している保険会社が見つかりません。 その為、現在保険未加入の状態です。


 


物件その物が壊れた場合、投資物件を諦めれば終わりですが、仮に火事になりテナントが死んでしまったり、怪我をして訴えられた場合など想像すると非常に心配です。


 


デトロイト以外にも不動産(自宅や投資物件)を米国で保有しており、訴えられた場合に備えて他の資産を守りたいと思っております。


 


法的に対策方法はありますでしょうか? よろしくお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
こんにちは。シンプルに言うと、二通りの対処方法があります。

1. LLCのMemberを追加し、二人以上のMemberで構成するLLCにする。Memberは家族でもできます。

2. Governing personsが一人しかいない場合、責任を有限にするには、LLCではなく、Corporationでできるので、 Scorp またはC corpを設立し、Corporationが所有する物件とする。

どちらにするのが有利かは、一度ミシガン州資格の弁護士に相談に行かれることをお勧めします。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


既存のLLCに妻をメンバーに入れて対策したいと思います。


 


その際、保有率に関して注意は必要でしょうか?


特に関係なければ50%/50%で割り振りたいと思います。


 


メンバーを増やす際に、資産プロテクション・訴訟対策の寒天踏まえて


LLCのメンバーを増やすことを明記した書類の作成をする必要はありますか?


通常通り、メンバーを増やせば責任を有限にする事はできますか?


 


よろしくお願い致します。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
3.「その際、保有率に関して注意は必要でしょうか?特に関係なければ50%/50%で割り振りたいと思います。」
50%50%だと、意見が分かれたときに収拾をつけるのが難しいということがあり得ます。ですので、51%49%などにしておくと、意見が分かれたとき、収拾をつけやすいと言えます。ですが、これは責任を有限にすることとは直接の関係はないと思います。

4.「LLCのメンバーを増やすことを明記した書類の作成をする必要はありますか?」
あります。

5.「メンバーを増やせば責任を有限にする事はできますか?」
夫婦の場合は、夫婦でメンバーとしては「一人」とみなすことも、夫と妻というようにこれを「二人」とみなすことも、両方できます。ですので、責任を有限にしたいという視野で、奥さんをメンパーに追加するのであれば、これは「二人」を意味するということをかなり明確に記載した書類が必要です。

その上で、メンバーを増やせば責任を有限にすることができるか?というご質問ですが、答えは一般的にはそうです。ですが、各々の州で一般とは異なる定めがあるかもしれません。
LLCがネバダ州でIncorporateされていて、LLCの持つ財産が不動産の場合、Incorporateの地のネバダ州と不動産が存在する州の全部の州の法律を調べてはじめてもう少し明確なことが分かります。複数の州に渡って、LLCが不動産を所有しているのであれば、複数の州のリーガルリサーチが必要です。銀行口座や投資口座がLLCの財産である場合も、不動産と似た適用で、その口座が所在する州の法律が関係してくる可能性があります。

もしそのリーガルリサーチをご希望であれば、LLCのIncorporate書類とLLCが持つすべての財産目録(所在地の情報を含む)を弁護士に見せて、リーガルリサーチを依頼するということになります。リーガルリサーチを弁護士に依頼すると、一時間いくらという料金がかかります。JustAnswerのオンライン上のやりとりだけですまそうとはされずに、一度弁護士に相談されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます!


そうですね、一度地元の弁護士に相談してみます。


アドバイスありがとうございました。

アメリカの法律 についての関連する質問