JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

フロリダ州にJ2ビザで滞在しています。2年半の滞在になります。 主人(J1holder)とは2年以上セパレート状態ですが、ビザの問題があり 離婚が出来ずにいます。 主人もビザ

解決済みの質問:

フロリダ州にJ2ビザで滞在しています。2年半の滞在になります。
主人(J1holder)とは2年以上セパレート状態ですが、ビザの問題があり
離婚が出来ずにい ます。
主人もビザのためだけにこの結婚を維持する事に異議はありません。

1年前から、アメリカ人の彼とお付き合いを始め
出会った直後から結婚をしたいと二人とも思っているのですが
日本の6ヶ月ルールや、ビザの問題があり、はっきりとした解決法を
探しています。

アメリカでアメリカ人と結婚する場合
離婚後に6ヶ月待たなくてもいいのでしょうか?
あとネバダ州では
”前の離婚の手続きが「完了していなくても結婚できる」”
と以前返答されていましたが、詳しく教えて頂けますか?

日本へ一時帰国し、フィアンセビザを発行するなどの手続きは
取りたくありません。
彼も私と6ヶ月であれ、離れる事に不快感を示しています。

主人はアメリカ滞在のために結婚を維持する事にも、離婚にも一切異議はないので
主人との離婚に何一つ問題はありません。
ご指導をお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.

ご質問ありがとうございます。 今のご主人との結婚は日本大使館を通じて離婚届を提出すればよいと思います。下記のLinkからお問い合わせください。

 

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/koseki/koseki_top.html

 

 

これで、離婚についてはOKです。 Visaですが、滞在許可はいつまでですか?I-94が付いていればその日付、無ければ、今回J-2で入国された際のStampの日付はいつまででしょうか? 日本法の結婚状態から、アメリカ法(どこかの州法に基づく)の結婚に代わるわけですので、6か月は大丈夫と思います。「なぜ6か月待たなきゃならないのか!?」と過去にいろいろな裁判が各州でおきまして、FL州もNo Waiting Periodの州です。 こちらのLinkに詳しい情報があります。Marriage Courseを受けないといけないというちょっと変わったルールがあるようです。これを受けないとWaiting Periodが3日ということです。

 

http://www.usmarriagelaws.com/search/united_states/florida/

 

お二人がFL州に居られると推察いたしますのでNV州の情報は特に必要ないと推察いたします。 どうぞ、お幸せに。 ちなみにですが、念のためのBackground Checkなどはされましたか?彼が言っていることと過去に行ったことの齟齬が見つかって、不幸なことにならないようにBackground Checkをすることがアメリカでは多いようです。

 

もちろん、Marriage Certificateを取得後、結婚をベースにしたGreen CardにApplyすることになります。

 

奥山

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
Background Checkに言及したことでお気を悪くされたら申し訳ありません。このJust Answerのみならず、様々な問題を文化の違いを乗り越えたカップルには生じさせているようで、私もいろいろな相談を受けます。

一人として、Background Checkをしていなかったのですが、先日、婚約者から金銭的な援助を求められた女性のご相談で、婚約者に前科が相当あることがわかりました。そのような経験から老婆心ながら申し上げた次第です。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

私の今の状況ですが、アメリカから出国しておりませんので


ビザは更新していません。DS2019は主人が毎年更新しており


そちらの期限が来年の5月15 日です。(5/15/2014)


JビザですがTWO YEAR RULE DOES NOT APPLYです。


 


離婚結婚の流れとしては
やはり離婚が先ですよね?


 


しかし、主人にDEPENDENTのビザでアメリカ滞在なので


離婚を先にしてしまった場合、違法滞在になるのかなど


心配です。


細かい事をご指示していただきたいです。


よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ネバダ州のことを質問させて頂いたのは


ネバダ州で結婚すれば、離婚届を婚姻届の後に


出せるのかなと思ったからです。


 


フロリダ州でも


離婚届を出した日に、婚姻届を出せば


違法滞在にはならないのでしょうか???

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
日本の結婚と米国の結婚の時期は重なることは出来ませんので、順番は、
1.在米日本大使館(領事館)に離婚届を出す。
2 .FL州での結婚には、日本で結婚するのとは違い、貴方様の本国での独身(結婚できるステータ)を証明する必要がありませんので、すぐに結婚の手続きが出来ます。
と、なります。

5月15日まで、その前に離婚したとしても滞在は可能です。したがって、1.と2.の間に多少の時間があっても違法滞在にはなりません。

確かにJ-1にぶら下がっているJ-2のStatusは離婚とともになくなりますが、Visaは入国する際にチェックされということで、今回の滞在許可はStampの日付までです。本件では5月15日ということになると思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速な回答をありがとうございます。


しかし”今回の滞在許可はStampの日付までです”とはどういう意味ですか?DS2019はスタンプなどではなく、書類なのですが。。。


私は


DS2019:アメリカに滞在するために必要


J2VISA:アメリカへ入国する際の通関証のようなもの、なので有効期限が切れていても、DS2019さえ更新していれば違法ではない


と捉えているのですがこれは正しいですよね?


 


とにかく、主人やアメリカ人の彼に迷惑をかけずに


合法に離婚結婚をしたいです。


よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

追記


”今回の滞在許可はStampの日付までです”というのが、パスポートのStampのことを意味しているのであれば、そちらは5/15/2013にすでに切れています。前述したように、ビザの更新をしていないからです。


更新をしているDS2019は主人の働いている大学から発行されている書類で、ビザを取る時に必須となる書類になります。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
なるほど、当初のJ-2が2014年までと勘違いをしておりました。

DS2019の日付が滞在許可の期限になります。スミマセン、混乱させてしまいまして。DS2019とVisaのご理解はその通りです。

つまり、2014年の5月15日までは滞在が許可されていることになりますが、DS-2019は今のご主人から派生していますから、滞在資格は離婚とともに失われます。

そこで、できるだけ素早くUS Citizenとの結婚をBaseにGreen Cardを申請することになりますが、離婚と同時にJ-2の貴方様はOut of Statusになります。

そこで、30日以内にアメリカを離れることが求められます。

1.在米日本大使館か領事館に離婚を届けましたら30日以内に日本に戻ります。

2.日本に戻りましたら、ESTAを申請し、Visa Waiver Programでアメリカに戻ってきてください。90日間の滞在許可をもらいます。入国の際には結婚するためとは絶対に言わないで、前の結婚からの残務処理的なものが残っているくらいを、質問された場合だけ、答えてください。

3.新しい彼と結婚します。Marriage Certificateを取得しますが、入国後45日から60日程度待つ方が良いというアドバイスをする方もいます。結婚目的で入国してはいけないことになっているからです。

しかしながら、I-485をファイルして、Green Cardの取得を開始すれば、アメリカに居ることは出来るでしょう。

一度Out of Statusになって、Grace Periodの30日間に入ると、他のStatusに変更は出来ないというルールがあるので、やはり、短期間ですが、一度日本にお帰りになることをお勧め致します。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もすみません。日本に帰るのが嫌なので、ネバダ州での結婚についても質問させて頂いたのです。フロリダ在住の私たちが、離婚の意志とともにネバダ州で結婚しその直後に離婚届を出す事は不可能なのでしょうか?日本に帰りたくありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

また、ESTAで渡米して結婚できるのであれば、時間とお金のかかるK1ビザ取得を選択する人はいなくなるのではないかと思うのですがESTAでの渡米ー結婚は何かリスクがあるのですか?

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
K-1は、結婚を目的とする正式なVisaですが、ESTAはそうではありません。そこに決定的な違いがあります。しかし、「ESTAで入って、昔の友人に会って、ヤケボックイに火がついて結婚した。。。」ということだってある。。。というのが、アメリカ的な考えです。これは、Spouseとなる方が、アメリカ市民権保持者でなくてはなりません。

私が過去にNevadaでは重婚が認められていると申し上げたようなご指摘を頂きましたが、Waiting Periodがなく、離婚してすぐに結婚できるという意味です。Nevadaは居住者でなくても結婚できますので、彼が独身であれば、貴方様が日本大使館に離婚届を出してしまえば、重婚にならないと思います。もちろん、本来の本籍を届けた都道府県の本籍地の離婚届が届いた時点で、離婚 が完了するのですが、ここにタイムラグが生じます。が、NevadaにせよFloridaにせよ、ご結婚される州には、離婚届の提出日を離婚の完了日とクレイムすることは出来ると思われます。

お帰りになりたくないということでしたら、リスクはありますが、Nevadaでも、お住まいのFloridaでも結婚されてよいと思います。わざわざNevadaまで行く必要がないのではないかと推察します。

しかし、結婚をベースにGreen Cardを申請する際に、J-2で滞在していたことがわかるのは必至です。そして、J-2のSpouseとの結婚生活がいつまで続いていたのか?が、問題になり、日本の結婚とアメリカでの結婚が重なっている時期、すなわち、「重婚」の状態である時期が生じていることが、Green CardのProcessで「バレる」ことを恐れるわけです。

NevadaはWaiting Periodが全くない、その日に行ってそのまま結婚が出来るという意味で結婚が簡単に出来ますが、アメリカ全体に言えることですが、一部の「一夫多妻制を主張しているグループ」以外が重婚を行っている事実はありますが、「重婚」を法律的に認めている州は現在ありません。Nevadaも例外ではありません。離婚が「Finalize」されていれば、その翌日に結婚できる州がNevada州ということです。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

KビザではなくESTAで渡米ー結婚したケースで、何か問題になった事例はご存知ですか?


やはり奥山さまのおっしゃるとおり、日本へ一時帰国ーESTA取得が一番良いのかなと思い始めています。(Kビザをとるのは私たちには時間がかかりすぎます。)


全体を通して、何故こんなにも手続きをあせっているのかと疑問に思われるかもしれませんが、実は彼の母親がハートアッタックで入院されまして、幸い命に別状はなかったのですが、そのことが彼と私にちゃんと結婚して孫をできるだけ早く見せてあげたいと強く思うきっかけとなりました。ESTAで渡米の際に妊娠していてはまずいということは承知しております。

質問者: 返答済み 3 年 前.

私の周りの中国人のお友達は、学生ビザが切れたあと何ヶ月も違法滞在し、アメリカ人と結婚をして大した問題もなくグリーンカードの申請をしています。そしてグリーンカードを取得しています。


F1ビザexpireー違法滞在ーグリーンカード申請よりも、J2ビザexpireー直ちに結婚ーグリーンカード申請は何か状況を悪くするのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

奥山さまが添付して下さったアドレスの記事に




  • (2)日本人と外国人間の婚姻


    (イ)日本人と外国人が外国の方式により婚姻した場合


    日本人の戸籍に、外国の方式(法律)で外国人と婚姻した事実を記載しなければなりませんので、婚姻が成立した国にある日本大使館/総領事館又は日本の本籍地役所に届出をして下さい。


    外国の方式で婚姻した日が婚姻の日として戸籍に記載されます。


    殆どの方が、外国の方式で婚姻が成立するとそれで全て終了したものと勘違いをされ、戸籍に登録する事を忘れているようです。出来るだけ、早目に届け出るようお願いします。


    詳しくは、届出の期限をご覧下さい。


     


    という記載があり、届け出を提出しないと行けないみたいですが、この際離婚から6ヶ月をたってないと受け付けてもらえないと思うのですがどうでしょうか?


    離婚後6ヶ月経ってから遅延理由書とともに、婚姻の届け出をすることになるのでしょうか?将来産まれてくる子供には日本国籍も持たせてやりたいです。


     



     




専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
大変申し訳ないのですが、最初の質問からだんだん変質して来ております。とりあえず、最初の質問には回答の承諾を頂けませんか?

そして、改めて質問を起こしていただかないと、このまま果てしなく質問が続くのではJust Answerの趣旨に反することになります。

原則一問一答です。こういう事例もあるああいう事例もあるは、現実の世界ではいくらでもあります。中国人のご友人が弁護士を使われているようでしたらそちらに相談されては如何ですか?

私の見解は私の法律の解釈に基づいたものですし、経験に基づいております。すべての事例を把握している弁護士は居ませんし、移民法という審査官の裁量 に任されていて、決定への行政訴訟手続きがきわめて困難な法分野ではそれぞれの弁護士は自分の思うところをアドバイスするしかないのです。

ご事情はよくわかりました。しかし、日本への婚姻届は貴方様のアメリカでのStatus確保においては必須ではありません。日本法上の婚姻関係は6か月後でも構わないと思うのですが、如何ですか?将来生まれてくるお子さんは、6か月以内ではないと思うのですが。。。。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3325
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3325
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    443
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問