JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

米軍人と結婚して11年です。9歳の息子が一人おります。夫は韓国で単身赴任中です。今年6月から夫は韓国勤務が決まり、最初は家族3人で行くつもりでした。家族で行けば2~3年、赴任しなけ

解決済みの質問:

米軍人と結婚して11年です。9歳の息子が一人おります。夫は韓国で単身赴任中です。今年6月から夫は韓国勤務が決まり、最初は家族3人で行くつもりでした。家族で行けば2~3年、赴任しなければいけません。夫が単身で行けば1年の赴任。夫は2~3年も居たくない。一人で行けば1年だから自分だけで行くと言ってくれました。息子の学校の事なども考え、私と息子はアメリカに残ることになって現在、二人で暮らしています。予定では一 年後の来年の6月に韓国勤務を追え、私達のいるアメリカへ戻って来る予定でした。ところが9月頃から夫の様子がおかしくなり、浮気をしているのでは?と疑い始めていました。すると9月半ば、夫からスカイプで離婚したいと突然言わました。でも、離婚をこんなスカイプでは決められないというこで12月のクリスマスバケーションで夫が話し合いの為に帰って来ました。夫の気持ちは変わらず、離婚したいということでした。そして今回、夫がSettlement Agreement And Stipulation For Separation And Division Of Property, Child Custody And Supportを作成し、強制的に私も署名させられました。この署名をした翌日、夫には韓国に女性(韓国人)がいることを知ってしまいました。そのことを夫に言うと、 何の事を言っているのか、さっぱり意味が分からないと鼻で笑われ、自分は浮気なんてしていない。君が思っている様な韓国には女性なんていないと言い女性の存在を認めず、昨日、また韓国へ戻って行きました。もし、この女性の存在を知っていたらなにが何でもでも署名はしなかったと思います。この署名したものを今から白紙に戻すことは出来るのでしょうか?この署名をしたのでもうこの私達が住んでいる家には夫は一歩も入る事は出来ないと言われましたが本当でしょうか?一年後に離婚ということになる様なのですが、この相手の女性からも慰謝料などは請求出来るのでしょうか?よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
裁判所に離婚の請願をすでに提出しましたか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
まだ裁判所には何も提出していません。Separation Agreement にサインしただけです。これを提出して一年後、夫の気持ちが変わらず、やはり離婚したいという事になって、でも私が離婚したくなくても離婚する事が出来ると夫は言ってましたが本当ですか?このSeparation Agreementで決めたチャイルドサポートなどの金額をサインした後でも変更は可能でしょうか?
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
1.「この署名したものを今から白紙に戻すことは出来るので しょうか?」

例えば、強迫や錯誤などがあれば、契約は無効であり、成立していないという主張はあり得ます。

2.「この署名をしたのでもうこの私達が住んでいる家には夫は一歩も入る事は出来ないと言われましたが本当でしょうか?」

契約は当事者の同意があれば成立します。ですが、成立した契約が執行可能enforceableとなるには、considerationが必要です。Considerationは適当な日本語訳がないのですが、英語ではlegal detrimentと説明 できます。さらに説明すると、当事者がこの契約が有効に成立したと信じて何らかの行為をすれば、その契約は執行可能となるということです。例えば、アパートを借りる契約をして、実際に入居するまでの間、部屋をおさえておくため、敷金を払えば、それがconsiderationです。

ですので、サインしただけだったら、仮に契約が成立したとしても、契約はまだ執行可能の状態になっていないと解釈することは可能です。そこでconsiderationを発生しにくくするため、「この書面にした私の署名は無効である。仮に有効だとしても、同意は撤回する」というような意思を表明する文書を、相手が受け取ったことを証明できる郵送方法、例えば、国際書留郵便などでしておく良いでしょう。それで、必ず安全になるというわけではないですが、しないでほっておくよりかはよいと思います。その文書は、できれば自分で書くよりも、弁護士に書いてもらうよう依頼するのが良いと思います。

3.「一年後に離婚ということになる様なのですが、この相手の女性からも慰謝料などは請求出来るのでしょうか?」

この女性が韓国にいるとすれば、不倫相手に慰謝料を妻が請求できるかは、韓国の法律によります。韓国の法律は、私が受けたのはアメリカ法の教育訓練なので、分かりません。韓国の法律の専門家に尋ねるのが最善と思います。

4.「これを提出して一年後、夫の気持ちが変わらず、やはり離婚したいという事になって、でも私が離婚したくなくても離婚する事が出来ると夫は言ってましたが本当ですか?」

「これを提出して」という理由からではなく、離婚をするには、夫婦双方の同意を必ずしも必要とするわけではないので、夫婦の片方のみが離婚したい、もう片方は離婚したくないという状況でも、裁判で離婚が成立することはあり得ます。

5.「このSeparation Agreementで決めたチャイルドサポートなどの金額をサインした後でも変更は可能でしょうか? 」

答えは、2と同じです。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問