JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 187
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

こんにちは。 現在留学中のものです。 「ルームメイトに支払ったデポジットが契約期間前の退去で返還されるかどうか」

質問者の質問

こんにちは。
現在留学中のものです。
「ルームメイトに支払ったデポジットが契約期間前の退去で返還されるかどうか」について相談させて頂きたくメール差し上げました。状況は以下の通りです。

・私は、日本人Aとアメリカ人Bの夫婦と、もう一人C、の合計4人でルームシェア中
・大家は別にいて、私とCはAにルームシェア代金を払っている。
・私は8月中旬から1年間滞在予定
・私は8月中旬から、「家賃月$500、デポジット$500、6か月間以内に退去した場合はデポジット返還されず、退去の際には1か月前に通知すること、ルームメイトと家賃について相談することは禁止」という契約書をAと交わした
・私は現在の部屋よりも条件の良い部屋を発見したので1月に退去したい(5か月目)

契約書にサインしてしまった時点でデポジットは返還されないでしょうか?
しかし3点、疑問があります。

1、(普通に考えたら契約書がある時点でダメだと思うのですが)8月中旬に引っ越してきて契約を交わした後に、Aの言っていた契約前の事実とは違うこ と(学校まではバスで60分かからない距離だと言っていたのに実際はもっとかかる。夜のバスは家の近くに泊まらない、等)が分かったのです。

2、私は$500をAに払っているのですが、A曰く、「Cは$550ドル支払っていて、私には特別に安くしているからCには家賃のことは言わないで」と言っています。しかしCは私より狭い部屋に住んでいます。Aは本当はCの家賃の方を安くしているのではと疑ってしまいます。契約書にある「ルームメイト同士で家賃の話をするのを禁止」することは可能なのでしょうか?(そしてもしCの方が家賃が安いと分かったとしたら、私が今まで多く払っていた差額を取り戻すことはできますか?)

3、単なるルームメイトとの契約書(大家との契約書ではなく)がデポジットの支払・返還等を拘束できるのでしょうか?ルームメイトがデポジットの権限を持てるのでしょうか?

Aは契約前から「嘘はついてないが、不利な事実全てを伝えない」ようなやり方で私に説明した後、契約書を交わしたよう思えて何だか納得いかなくてもやもやしています。

ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
期待されている答えと反対だとは思いますが、こちらの文面を拝見する限り、この契約書は法律上有効であるように思います。それでも、質疑応答のやりとりを続けたいですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

 よろしくお願いします。


私が納得したい部分は


 


1、(普通に考えたら契約書がある時点でダメだと思うのですが)8月中旬に引っ越してきて契約を交わした後に、Aの言っていた契約前の事実とは違うこ と(学校まではバスで60分かからない距離だと言っていたのに実際はもっとかかる。夜のバスは家の近くに泊まらない、等)が分かったのです。


 


以前の説明と違う事実もしくは説明不足が発覚したにもかかわらず契約書が有効である根拠です。これは善意で交わした契約書だと思うのですが契約は取消できないのでしょうか?


 


2、アパートの又貸しというのは本来の大家さんと全く同じ権限を持つのでしょうか?


 


納得して退去したいので法律の根拠を教えて頂けるとありがたいです。勉強のため条文と判例も教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

 よろしくお願いします。


私が納得したい部分は


 


1、(普通に考えたら契約書がある時点でダメだと思うのですが)8月中旬に引っ越してきて契約を交わした後に、Aの言っていた契約前の事実とは違うこ と(学校まではバスで60分かからない距離だと言っていたのに実際はもっとかかる。夜のバスは家の近くに泊まらない、等)が分かったのです。


 


以前の説明と違う事実もしくは説明不足が発覚したにもかかわらず契約書が有効である根拠です。これは善意で交わした契約書だと思うのですが契約は取消できないのでしょうか?


 


2、アパートの又貸しというのは本来の大家さんと全く同じ権限を持つのでしょうか?


 


納得して退去したいので法律の根拠を教えて頂けるとありがたいです。勉強のため条文と判例も教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

アメリカの法律 についての関連する質問