JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 203
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

今後の為に整理をしたく、以下の質問があります。 過去にアメリカでDUIとDVにより逮捕歴があります。アメリカ移

解決済みの質問:

今後の為に整理をしたく、以下の質問があります。

過去にアメリカでDUIとDVにより逮捕歴があります。アメリカ移民の為、再度結婚ビザを取得できる可能性はいかほどでしょうか。
また、仕事の関係で出張できる可能性はいかほどでしょうか。
また、そのケースの現在の状況を確認したいのですが、方法を教えて下さい。

ケースの詳細ですが、どちらのケー スも罰金の支払い保護観察期間を終えていると思います。ただ、条件とされていたカウンセリングプログラムは最後GCの有効期限が切れる為最後まで終了することが出来ませんでした。当時弁護士に依頼し、終了前に日本に帰国することを裁判所に承認してもらい、万一再入国する際はプログラムを受講することを言われた記憶があります。

前の結婚の時、アメリカ結婚ビザを取得し、GCが切れるまでの三年間アメリカに居住していました。前の夫とは最初の一年間に、夫が定職につかないことと浮気が原因で、当初、アメリカにいた唯一の友人が暮らす土地へ夜逃げ様にして家を出てきました。
その後も長いこと夫とは話が出来る状況、心境でもなく、一方で、所持金も底をつき、初めてのアメリカで生き延びる為に毎日必死に働きました。

当時友達の家を安くルームシェアしてもらっていたのですが、その後その生活にも慣れて彼氏ができました。そして彼氏が部屋を使っていいと言ってくれた為、事実上の同棲生活が始まりました。

しかし、しばらくすると、彼の異常な束縛から、喧嘩の絶えない毎日となりました。同棲していたことで、彼の母親とも仲良くなり良く事情を聞いてみると、彼は薬物による後遺症によりパラノイア症があることが分かりました。何度も彼の家を出て別れようと思いましたが、彼は私の職場や新しい私の借家まで現れては復縁し、泥沼化していきました。

私は金銭的に余裕のある生活をしていた訳ではないので、昼間はフルタイム、これは低賃金でしたので夜も働きました。一歩間違えば路上生活でしたので、これに、彼とのいざこざで私のストレスはリミットを超えていました。アルコールも楽しくたしなむ、というのは段々遠くなり、彼のいいがかりを聞かない為飲むようになっていました。そして、ある日ついに、いつもの彼の言いがかりに対し、私はキレて物に当たり散らし、家の窓を殴り割ってしまいました。

これがDVケースの内容で、実際に何でチャージされたのか等詳細が分かりません。当時の弁護士にも、何度かコンタクトを取ったのですが、罰金を支払って以降、返信がこなくなってしまいました。裁判所から最後受け取ったシートはあるのでケースNOはあります。

よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

1. 「過去にアメリカでDUIとDVにより逮捕歴があります。」というのは、いつのことですか?

 

2.カウンセリングプログラムをビザが切れるという理由で最後まで終了しなかったことについて、「裁判所に承認」してもらったという点ですが、このことを証明するものはありますか?これは法廷で裁判官に口頭で言われたのですか?

 

質問者: 返答済み 3 年 前.
1、2009年だったと記憶しています。
2、当時の弁護士が対応し、わたしは裁判所の窓口で最後控えを受けとりました。その説明などは記載されてないようです。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

1. DUIもDVも両方、2009年頃ですか?

2. DUIはDUIで逮捕起訴されて、DUIで有罪になりましたか?それとも司法取引に応じてDUIよりも軽い他の罪名で有罪になりましたか?もしくは、DUIで逮捕起訴だけされて、有罪にならなかったですか?DUIについて、diversion,deferred prosecution またはstipulated order of continuanceなどの条件に応じましたか?

3. DVはDVで有罪になりましたか?それとも○○すれば、dismiss(取り下げ)するなどの司法取引に応じましたか?DVについて、diversion,deferred prosecution, またはstipulated order of continuanceなどの条件に応じましたか?


4. DVは「何でチャージされたのか等詳細が分かりません」ということですが、これはご自身の行動の何が悪かったのか分からないという意味ですか?それとも起訴された罪名が何か分からないという意味ですか?

5. 「裁判所の窓口」で受け取った「最後控え」ですが、その書類には何と書いてありますか?書類の名前は何と書いてありますか?

6. DUIとDVは同じ裁判所ですか?それとも違う裁判所での手続きでしたか?


7. それぞれDUIとDVで出廷した裁判所の名前は、County郡も含めて、分かりますか?

8. 「GCが切れるまで3年間アメリカに居住していた」という点ですが、条件付GCの有効期限は2年間ですが、3年のうちの1年間は移民法上、何の滞在資格をお持ちだったのですか?

9. GCの有効期限との関係で、カウンセリングプログラムを最後まで終了しなかったことについて「裁判所に承認」してもらったというのは、弁護士からそう言われたというのが根拠、すなわちそのことが書いてある書類はお持ちではない、と考えてよろしいですか?

 

調べてから回答する場合があり、その場合即答はできないかもしれませんが、ご質問にはできる限り回答しますので、安心してください。

質問者: 返答済み 3 年 前.
1、両方2009年です。
2、3、4、恥ずかしながら、そもそも、それぞれのケースで自分がどういう罪名でどういう処分を受けて、どういう状態にあるのか分からず、ただプログラムに必ず行き、罰金を支払わなければならないと弁護士に言われたことだけ覚えている為、整理したいのです。持ち合わせている情報は、裁判所から受けとった控えと罰金を支払ったチェックの控えです。
5、misdemeanor -judgement とdomestic violence -post sentence / review minutesです。
6、同じだったと記憶しています。
7、county of sandiego 確かeast county divです。
8、わたしの記憶違いのようです。最初の年は3ヶ月滞在し、GC取得の為日本に帰国しました。ですので、GCでの滞在は2年のはずです。
9、証拠になるかは分かりませんが、domestic violence -post sentence / review minutesに、事情がかかれているようです。ただ、字体が悪くはっきり読めません。読み取れる箇所は、moving to Japan. Court contacts attorney for de..... The court stays the remain..... Dvrp...... Pending...... While in japan......

お手数ですがよろしくお願い致します。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

1. 「アメリカ移民の為、再度結婚ビザを取得できる可能性はいかほどでしょうか。」
こちらの文面を拝見する限り、再度配偶者査証を取得できる可能性はあります。

2. 「また、仕事の関係で出張できる可能性はいかほどでしょうか。」
査証免除プログラムでの渡米は無理かもしれませんが、査証を取得して渡米できる可能性はあります。

3. 「また、そのケースの現在の状況を確認したいのですが、方法を教えて下さい。」


サンディエゴ郡の裁判所のウェブサイトによると、裁判所記録はその事件があった裁判所に行くか電話するかして取り寄せることができるとあります。Misdemeanor(軽中程度の犯罪)はオンラインでの閲覧ができないとあります。手紙で取り寄せ請求をすることもできるとあります。こちらに手続きの方法の案内があります。Docket Reportというのが進行状況の一覧表なので、これを裁判所から取り寄せると現在の状況が分かると思います。

 

よく分からないことがあれば、またお尋ねください。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問