JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

アメリカローン 債権行方、遺族が日本にいる場合のケース等

解決済みの質問:

ご説明大体分かりました。
前回の質問は以下の通りですが、追加で詳しく教えて頂きたく。

前回の質問
アメリカ人と日本で結婚し、現在夫はアメリカ、わたしは日本にいます。夫はこれからアメリカで、ビザを申請し日本へくる予定でした。ところが先日、夫は友人と連名でアメリカでローンを組み、来年以降立ち上げるビジネスがあることを私に告白してきたのです。今のところ、$25,000ですが、今後もさらにローンを組む予定とのこと。

アメリカで夫の会社が倒産した場合の負債、何事もなくても、夫もしくは夫の友人に何かあった場合のローンの返済責任の所存等、日本にいる私と子への考えられるあらゆる影響とリスクを知りたいと思います。

また、リスクに対し、結婚後にもプレナップに値するような契約等の、リスクを回避出来る方法があれば教えて頂きたいと思います。

最後に、アメリカはビザ申請時にローンのチェックがないのかどうかも、疑問に思っています。

よろしくお願い致します。


追加の質問
現時点ではリスクは低いこと、理解致しました。

ただ、今後ビジネスを軌道にのせる為、近々にも$150,000のローンを想定している様ですので、bankruptcy としてファイルされる可能性の出てくるおおよその金額、規模の感度だけでも教えていただけないでしょうか。

また、アメリカでは遺族に返済の義務が無い、ということが日本と大きく違うことについて分かりました。ただ、債権が第三者に渡るというケースはないのでしょうか?返済義務は無いが、もし家族がアメリカにいる場合には、日本で想像するような取り立てなるものは必然なのでしょうか。

また、postnuptial agreement がある場合、訴訟側となるアメリカで、今後役立つ可能性があるということでしょうか?すみません、わたしと子どもはあくまで日本にいる予定だとすると、想像がつきづらいのですが、、。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
あれ、これは、先ほどお答えしたのとほぼ同じ内容のように見えますが。。。。追加の情報と説明を少しさせていただきます。

私も債権回収をしますが、きわめて法律に沿った、合理的な方法でしか行えません。債権回収業者が出来ることは、

1.手紙による請求
2.電話による請求
3.現実に訴訟を起こす。これに債権者が勝つと
4.財産の差し押さえ請求訴訟を起こす。

という流れになります。

先ほどお送りした答えの通り、貴方様の財産を分離して、名義をきちんと個人にし、絶対に署名しないことを徹底すれば、貴方様に返済義務が生じることはありません。

奥山

eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問