JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

アメリカに在住しています。昨晩、ちょっとした夫婦喧嘩で私がカッとなったあまり、「主人に殴られた」と911コールし

質問者の質問

アメリカに在住しています。 昨晩、ちょっとした夫婦喧嘩で私がカッとなったあまり、「主人に殴られた」と911コールしてしまいました。 すぐに警察官がやってきて、主人を逮捕して連 れて行ってしまいました。 明日、月曜日に裁判所でしか会えないとのことです。 質問ですが、現在主人はJ1ビザ、私は J2ビザで渡米しています。 今度の2月にビザ更新予定なのですが、逮捕歴があるとビザ更新は不可能でしょうか?もしくはそれを待たずに強制的に帰国させられるという可能性もあるでしょうか。 私がたとえ嘘をついたと裁判所で行っても、逮捕取り消しは無理でしょうか。 本来なら、来年度中に帰国予定です。それ以降も、学会や観光でアメリカに行くことも多いと思うので、ESTAで渡米できないと非常に困ります。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

マサチューセッツの刑事訴訟法はNYとやはり違いますので、ここで申し上げるのは一般論です。

二つのことが言えると思います。

1.警察の捜査、検事(District Attorney)の捜査は、ひとたび動き出すと続きます。ご主人は弁護士を選任して、MA州のルールに従って、貴方様(奥様)の前言を修正する(誇大であった)ことをしてください。

2.「うそを言いました」は、絶対ダメです!!!これでは、ご主人が釈放される代わりに下手をすると貴方が逮捕、起訴される可能性があります。

DVは社会問題になっていますので、警察の取り扱いも優先的ですし、厳しい対処が最近の傾向のようです。

是非、弁護士を選任されることをお勧めいたします。マサチューセッツの弁護士協会では下記のLinkから 弁護士紹介サービスを行っています。
http://www.massbar.org/for-the-public/need-a-lawyer

冷静に対応すれば、逮捕歴は残りますが、ChargeはDropすることは出来るのではないでしょうか?是非、弁護士を探されて、ご対応ください。裁判所の近くに事務所を構えている刑法犯をよく取り扱っている弁護士に、事情を説明して、確かにぶたれたのは事実だが、決してDVの事実はない、常習的なDVなどではもちろんない。Criminal Recordとして残らないようにしてほしいとリクエストしてください。

逮捕歴があると強制帰国ということにはなりません。Jの更新も、嘘つかずにしっかりと状況を説明すれば大丈夫と思います。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答、ありがとうございます。
主人が殴ったという証拠も何もないのに、逮捕されるというのは納得がいかないし、私からももう解決したと警察に何度も話したのですが…

裁判所に行くのは明日なのですが、弁護士をお願いする方がいいのですね。
こんなに大事になるとは知らず、本当に後悔しています、
だいたい、どれぐらいの弁護士費用がかかるのでしょうか。
私の弁解だけではだめなのでしょうか、
明日の9時の裁判なのですが、まにあうでしょうか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

不起訴になったとしても、逮捕歴は残るということは、今後ESTAでの入国は不可能なのでしょうか?
Jビザの更新前にもしどこかアメリカ国外に出た場合、再入国は難しいでしょうか。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご主人に殴られたことの証拠は「主人に殴られた」という貴方様の証言です。

DVに対して厳しい措置をする傾向であるということは申し上げましたが、これが証言の重みを増している原因です。ご主人がすでに弁護士を頼んでいる可能性もありますが、連行されてから一度もお話していないという理解でよろしいですか?

国選弁護人に似たPublic defenderというシステムがありますので、これを利用すればほとんど無料です。ただし、しっかり話を聞いて、クライアントの利益をしっかり守ってくれるということは難しいかもです。これも州ごと、裁判所ごとに違うので何とも言いにくいのですが、最初の法廷(起訴するかを決める大陪審)では、次々と案件が処理されて行きます。本人が弁護士に電話しない場合、Public Defenderが選任されるのが普通です。

明日、裁判所に早めにお出かけください。弁護士あるいはPublic Defenderが居れば事情を話し、District Attorneyに掛け合ってもらうことが解決への早道です。

逮捕歴はESTAの障害になるかもしれません。決して嘘をつかないでください。もし、拒否された場合は、BーVisaを申請すればOKです。

不起訴になれば、Jビザの再入国を拒絶されることはまずないと思います。ご安心ください。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ごめんなさい、今、日本出張中で、現在午前3時です。この後6時間くらいは、返答が出来ませんので、ご理解ください。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。

弁護士をお願いして、今日「レインメント」に行ってきました。
弁護士は今日初めて私たちのケースに関する警察の調書を見て、かなりsevere だと言って驚いていました。
私が2回殴られたと警察に言ってしまったこと、家の電話を引っ張り合ってコードがちぎれてしまった事がかなり状況を悪くしているようです。

DAが更なるinvestigate を求め、警察のテープおよび壊れた電話などを証拠品として調査することになりました。
当初はコールした時点から今日のレインメントまで、夫婦は離れるようにとのことでしたが、次のhearing (1週間後)まで、夫婦の隔離を求められました。

弁護士がこのケースはかなりsevereだと驚いていた点、次の呼び出しが1週間と短い点、それまでさらに夫婦隔離という今日の決定に、本当に動揺しています。
これは、かなり通常の夫婦喧嘩のケースより悪いのでしょうか。起訴・有罪判決される可能性が高いのでしょうか。

本当にこれをタイプしている今も手が震えています。もし必要なら、もう後何人でも弁護士を雇おうとも思っています。何かできることはあるでしょうか。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご心配とは思いますが、弁護士は一人で十分です。

なぜ、2回殴られたと言ったのか。実は記憶をたどると不正確だったのかもしれない といった主張をしてください。ただし、初めてぶたれて動揺していたのでと、けっしてDVが常習的なものではなかった(のですよね)と主張することもお忘れなく。

もし、ご主人に殴られた過去があるようでしたら、今後の婚姻関係を含めてよくお考えいただいた方が良いと思いますよ。

次の呼び出しが短いのは逆に良いことです。DAや判事がDVを確信していたら、隔離をもっと長くしますから。。。。

気持ちを整理し、ご主人をサポートしたいと思われるようでしたら、あの日の出来事は気持ちが高ぶって偶発的な事故も重なってあのような警察沙汰になったと論理的に説明ができるようにご準備をください。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

逮捕された土曜日の夜から月曜のレインメントまで、すでに夫婦隔離されていたので、さらにもう1週間隔離というのが、弁護士的には予想外だったようです。

その弁護士は、当初は「おそらく1回目のレインメントでDAに掛け合って、その日のうちにdismiss してもらうようお願いする。もしかしたら1か月後にもう一度hearing に行かなければならないかもしれないが、いずれにしても、2回目までには99%dismiss されるはずだ」と言っていました。
が、実際警察のレポートを見て、レインメントが終わった時点では、明らかにそれまでと雰囲気が変わり、本当にこのケースはdismiss されるのかという私達の問いに対しても「I hope」や「I believe」としか言わなくなりました。
A&Bの件以外に、「911コールの妨害」という件も加わっていたためです。
(最初、家の電話で911コールをしようとした時に、主人と電話を引っ張り合って電話が線がちぎれました。警察はその電話を証拠として押収していきました。)



結局、2回目に隔離は解除されましたが、次回3回目にjury trial と言われました。
弁護士は、trial 前のhearing で、おそらくdismiss されるとは言っていますが、本当に大丈夫でしょうか。もう一人、弁護士を雇った方がいいでしょうか。
弁護士曰く、DA的には、私が証言せず他に目撃者もいないので、911テープ だけを根拠に起訴することは、可能ではあるが'extremely' difficult だとは言っているのですが、心配です。 
もしtrial になれば、有罪になる可能性もあると思うと、本当に不安で仕方ありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答お願いします。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ごめんなさい。システムの不備で、新たな質問が来ているかどうかは、JAのページを開けないとわからないようになっておりまして。。。。しばらくぶりにページを開けたら、ご質問を頂いていたのですね。

このForumで頂いた情報、口頭ではなく、文章として頂いた情報だけで判断すると、当該弁護士のいうことは正しいように思います。理由は、
1.傷害罪(Assault and Ba ttery)で起訴するには、証人である貴方様が、「あの時に殴られたと言ったのは感情の高まりからで、正確ではない」ということで、DA側の立証が難しくなるからです。
2.電話は911への本当に電話中に引きちぎられたのでしょうか?電話するしないを言い争っている間であれば、それを正確に説明してください。決して、911コールを「妨害」するためではなかった。911につながって、その時に「助けて!」などという叫び声が入っていたのでしょうか?

英語がNativeではないので、感情が高ぶっている間にされた質問に適切に答えていないという主張は出来るのではと思います。

別の弁護士というより、DAの立証を困難にする方策は何か?という質問をぶつけて、十分な答えが返ってこないようでしたら、弁護士を変えることも必要かもしれません。

ご参考になればよいのですが。。。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

何度も申し訳ありません。ご回答に感謝します。


 


弁護士によると、主人はとにかく黙っているしかない、私は主人に対してtestify するつもりはないと主張する以外ないと言っています。
私や主人が弁明や言い訳をするよりも、とにかく黙っている方がいいと言います。何か言えば、それがtestify ということになるからとのことらしいのです。
弁護士の経歴や費用からは、信頼できそうな感じではあるのですが、、、

とにかく次回、もしかしたらtrial になる可能性があるというのが本当に憂鬱です。
911テープに関しては、主人に殴られた、とは確かに言いましたが、特に「助けて!」と叫んでいたりはしていません。
(ただ、電話の最後の方は、早く切りたかったがために、質問をよく聞かないまま`yes'とひたすら答えてしまったのはよくなかったと思います。)
家の電話線が切れたときも、911につながってはいません。(家の電話が使えなくなった後に携帯で911コールしました。)

本当に、trial 前にdismiss されると期待していいのでしょうか。trial になるなら、弁護士は複数いる方がいいのでしょうか。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご心配はごもっともだと思います。しかしながら、「弁護士の経歴」から、信頼できそうな感じ、、、ということですので、「費用」は高ければ信頼できるとなると、私の立つ瀬がありませんので、、、、信じてみましょう。

hearing、trialと進んでも、それがイコール有罪とはならないことも考えに入れる必要がありますので。

複数というより、今の弁護士を変えるという方が得策です。共同受任は非効率でお金がよりかかります。弁護士同士の打ち合わせに時間が発生するためです。

奥山

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.
主人は黙っているしかない、私は主人に対して証言するつもりはない、と主張するしかない、という弁護士の意見はおかしいでしょうか?
奥山先生は、今の弁護士を変えた方がいいとお考えでしょうか。

お聞きしたいのは、DAが911テープのみを根拠に起訴する場合、テープのどういった内容がDA側に有利に働くのか、DA側の材料がテープのみの場合、どれぐらいの確率で起訴されるのか(起訴はどれぐらい難しいのか)という点です。
何度も申し訳ありません。

アメリカの法律 についての関連する質問