JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

シアトルに行き、前に留学経験があるとういことで、別室につれていかれました。当初は、面倒になると思い、友達の結婚式に参加するためだといいましたが、荷物をいろいろチェックされ、彼氏の写

質問者の質問

シアトルに行き、前に留学経験があるとういことで、別室につれていかれました。当初は、面倒になると思い、友達の結婚式に参加するためだといいましたが、荷物をいろいろチェックされ、彼氏の写真を発見され、最後には、正直に彼氏に会いにいくためだと、いいました。嘘をついていたという事で、いろいろチェックされ、財布の中にFood and Beverage Service Worker's permit というカードを発見され、留学中におばの養護施設を手伝っていたと申し上げました。お金はいくらもらっていた、正直に言わないと逮捕するぞといわれ、$400もらっていたというと、212(a) (7) (A)(i)(I) というスタンプを押され、そのまま日本に帰国させられました。 
アメリカに来るときは、ビザを申請してからこい、といわれたのですが、いろいろ検索してみると、ビザわ却下されやすく、却下されると、もっとパスポートに傷がつくと知りました。12月にハワイに家族旅行にいくんですが、観光ビザを申請したいとおもっております。しかし、入国拒否ひ会っているので、難しでしょうか?
諦めたほうがいいでしょうか?今パニックでどうしたらいいのか困っています。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

212(a) (7) (A)(i)(I)違反は、以下の条文が根拠になります。

(A) Immigrants.-

(i) In general.-Except as otherwise specifically provided in this Act, any immigrant at the time of application for admission-

(I) who is not in possession of a valid unexpired immigrant visa, reentry permit, border crossing identification card, or other valid entry document required by this Act, and a valid unexpired passport, or other suitable travel document, or document of identity and nationality if such document is required under the regulations issued by the Attorney General under section 211(a)

移民を意図して、働く目的で入国しようとしたというのが拒絶の理由のようです。過去に留学経験があり、その間に働いていたことは、ご質問だけではわかりかねますが、「Food and Beverage Service Worker's permit」で正 当化されるのではないでしょうか?ということは、審査官との会話の中で、今回の訪問中に「労働する」と勘違いをさせることがあったか、ESTAではなく、前の留学用のF-1ビザで入国を試みたとか、そのような理由があったのではと推察されますが如何でしょうか?ESTAで入国をされていた場合は、今年の入国頻度と滞在期間が非常に長くなっていたということはありませんか?

いずれにしましても、決して悲観せずにBビザを申請してください。なぜ拒絶されたか?を面接時に説明できないといけませんので、しっかり整理して話ができるように準備してください。Bビザが出ても、入国審査官の裁量で入国許可は下されます。B-1では、アメリカ国内で収入を得ることは出来ませんので、ハワイで働き気がないこと、入国審査のブースには家族全員で行き、旅行の日程などをきちんと説明すれば大丈夫だと思います。

ともかく、正直にシアトルで起こったことを話し、何か渡された書類があると思うのですが、それも提出して、Bビザを取得してください。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有り難うございます!前が見えてきました。

 

おばが養護施設を自宅で経営していて、暇なときに手伝っていたのですが。それが学生ビザを持っていたため違法で働いていたと判断されてしまったようです。ちゃんとした給料ではなく、たまに手伝ってくれてありがとうというおこづかいのお礼でお金貰っていたんですが。それが違法労働とみなされてしまいました。嘘もついてしましたし、違法労働という事でした。

親族からもらていたおこずづかいも違法労働になるとは知らず。ビザが却下されそうで本当に怖いです。

 

でも、申請するにあたって、本当に労働する気がないのを証明するものを持って行きたいと思います。

あいrがとうございました。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
10月1日から予算の執行が止まってしまったために、連邦政府職員は給料が支払われない中で仕事をしている状況でした。そんなこともやけに厳しい対応の原因かも???しれません。

観光ビザを拒否される理由は見つからないはずですので、堂々とビザを取りに行ってください。

奥山

アメリカの法律 についての関連する質問